お元気ですか?ジャックです。本年もよろしくお願いいたします。
来期の業務計画の時期になりました。2016年度を振り返る時、これがなかなか進まないなぁ〜と感じるのが、女性活躍推進です。皆さんの企業は、いかがでしたか?
企業内で、女性活躍推進のために、いい直すと、女性管理職登用のために、具体的にどうしたらいいのか、それが、片時も頭を離れません。管理職には、できればなりたくない。と言う女性社員の言葉、どう解釈しますか?
「やれない」とか、「できない」とかではないですね〜。「やれるけど、やりたくない」と、聞こえます。それなのに、研修やコミュニティに、参加してくる。
なんだか精神的に未熟なんじゃないかと思ってしまいます。それとも、キライキライも好きのうち的な、恋の駆け引きと解釈すべきか?ジャックも、女性の端くれながら、女心がわかりません。兎に角、わかりやすくて、意欲と能力ある女性から、進めていこう!と、再確認。
ところで、意欲と能力ある女性は、企業内でも、縦社会に生きているのではなく、理想に向かって生きているように感じます。しかし、戦い方を知らない。何を何処までやってもよいのかを知らない。これは、怠け者上司には、簡単です。
え〜そんなことやりたくないよ。
今じゃなくてもいいんじゃない?
変える必要ある?変えるのはリスクだよ
君になんの権限があるの?
などなど、やらない理由を、上司の立場で一つ聞かせれば、戦い方を知らない女性は、案外簡単に、そういうものか…。と、自分の提案を下げてしまいます。
それは、上司は、自分では考えが及ばない広い知見から、そのように自分に言っていると解釈してしまうからです。
しかし、そんなことは無いと思った方がいい。上司が、めんどくさいと思っただけ。もしくは、軽くいなしている、そう、甘く見てるだけです。戦い方を知らないと、本当に損をします。
By the way 最近、上司が女性部下にスポンサーシップを発揮できない理由として、年齢じゃないか?と、分析もしてます。
私が管理職に登用された前後や、もっと若い時は、社長、専務、常務、本部長、部長さん達は、みな、かなり年上で、頼まなくても、仕事の武勇伝を聞かせてくれたり、アドバイスを沢山くれました。上手くいくと喜んでくれたりと。しかし、いま、女性活躍推進で、登用の対象になる女性の上司は、同期だったりします。スポンサーシップ、発揮できる人は、どれだけいるでしょうか?
女性活躍推進は、よほど、上司の人間力が試される試練かもしれません。
来期は、この事も含め、結果の出る施策をいっちょ考えます。