みなさん、こんにちは。
ケーシーこと田中慶子です。

久しぶりの更新になってしまいました。
ごめんなさい。

お陰様で会社を起業して丸3年になります。

昨年から新たにシェアオフィスを借りました。『薬院terasu』です。
特別必要だったわけではないのですが、新しい感覚と情報収集のためにと思ってのことでした。『薬院terasu』 は共有スペースが広く木の温もりがすてきな空間です。また何より入っている方がとてもいい人たちだったので即決しました(笑)
ここはスタートアップで入る方が多く、異業種の若手起業家が集う場所で雑談していると色んなアイデアが湧いてきたリ、新しい若い人脈ができたりととてもいい刺激になっています。

ダイバーシティ推進の仕事をしていますが、大手の古い組織風土はなかなかすぐには変わらないですね。一方で若い人たちは本当に多様な価値観を持っているなと感じます。「『働く‡就職』 ではなく、自分の価値観やライフスタイルを大事にできる仕事をしたい」 働き方も就職にこだわらず、学生時代に温めてきたことで起業したり、趣味をもっと充実させたい、就職はしたけれど、いずれはやりたいことがあって、そちらの準備も進めている。」 などなど・・・将来こんなことがしたいと話す若者を見ていると、キラキラしていて「あんなこともしてみたい、こんなことも面白いかも!」と私までワクワクしてきます。そんな会話が企業内でも飛び交っていたら素敵だなと思います。

今、若い人たちの中で確実に 『働く』 ことに対する価値観が多様化しています。
今後、副業OKは優秀な若手の就職先選びの必須条件になるのではないかと感じます。アイデアを社内で活かして社内起業をするも良し、社外で起業してもいい。お互いWin-Winの関係で、人も組織も成長できるようなそんな組織が増えたらいいですね。何より経営者や管理職の方にそのことを知ってほしい。
もっともっと若い人の話を聴いてほしいなと思います。

変わらないといけないのは私たち世代ですね。
そう言っている私も2人の息子の多様性を認め、受け入れるために奮闘中です。


ケーシー(田中慶子)