こんにちは、がんもちゃんです。
一年を振り返り、気づきを記します。

今年は新しいインプットと新しいチャレンジが増え、あっという間の一年でした。

実は、2度ほど燃え尽きたような時期もあり、落とし穴に落ちたような気分の時もありました。
モチベーションが下がっている時も、自らを高めていく技術が必要ですが、私の場合は自らがモチベーションを下げるといった「自分で掘った穴に落ちる」という状況を作り出していることに気づきました。

エンジンは「D」なので、内省するのは好きだということには気付いていましたが、自分で「落ち込む」「落ち込みたい」気持ちを探して、自分専用の穴を掘って、自分専用の穴に落ちる。
これまで、そんな「穴掘り人生」だったということに気づきました。

その解決策としては、「自分で自分を褒める」「自分で自分を尊敬する」ということが必要だろうと思い、意識はするのですが・・・。

これが、また自分をややこしくしているのが、エンジンの羽根である「E」タイプの割合が高まってきたという気づきです。
どうやら事務的な仕事などが続いているときなど、感情がフラットになっていて、モチベーションが高いのか低いのか表現しづらい時があることに気づきました。
「いま自分のテンションが高いのか低いのかわからない」「(仮に褒められたとしても)褒められたのかどうかわからない」というような、感情です。
だからこそ、ふと我にかえると、ことば一つをとっても、例えば「このままでよいのか?」と現状に対して過敏になってしまい、感情がフラットな状況から内省するのでモチベーションが下がってしまうというパターンがあるようでした。

もう少し、自分自身の価値を高められるよう工夫することが必要だったなと振り返りました。


最後に、
今年は「女性活躍」のテーマで話をする機会がなく、「心のエンジン」「7つのリーダーシップ」の技術磨きが必要であることを、この年末で認識しました。
来年は復習をしなければ。

それでは、
良いお年をお迎えくださいませ。