Sunny's Angels Blog|Que

働く女性たちを応援する、キャリアコンサルタントたちのブログです。個人のモチベーションアップと企業の活性化を支援する有限会社キュー(代表:植田寿乃)が運営しています。

シルル

ダイバーシティ推進が後退してしまったら…

こんにち は。シルルです。

先日の第1回ダイバーシティ&インクルージョン研究会で
自社のこれまでの取組みを振り返りました。

植田さんの講義での
昭和タイタニック度チェック、ダイバーシティ&インクルージョンな組織風土チェックを
行った時に、
ダイバーシティ&インクルージョンな組織へと変化をしていたのに、
昭和タイタニックに戻ってしまったことを改めて感じました。


自社が昭和タイタニックに戻ってしまったのは、

トップの交代です。

4年かけて、ダイバーシティ推進をして、社内風土が変わりかけた頃 に、
トップが代わり、1年もしないうちに昭和タイタニックに戻ってしまいました。

ダイバーシティに関わっていたメンバーがトップ交代の影響で、
次々と辞めてしまい、
今も、ダイバーシティに好意的だったメンバーが辞め続けています。

どこかで歯止めをかけたいという思いはあるものの、
私一人の力ではむずかしいのが現状です。

今回研究会に参加していて、
「今まで進んできていたのに、本当に残念ですよね」と言われても
自分が現在の状況に対して、あまり落ち込んでいないことに気付きました。
「なんでだろう?」と思っていたところ、
植田さんの講義の後半、キャリアビジョンのお話を聴いて、私の疑問が解けました。

私には小学校3年生の娘がいます。
私は、
自分が子どもを育てながら仕事を続けていくことで、女性の働き方が変化し、
娘が仕事をする頃には、今よりも、劇的に女性が働きやすい状況になるために
自分ができることを1つでもしていこうと思っています。

そして娘が就職活動で、私に相談をしてきたとき
私の経験を聴いた娘から「お母さんの話って古いよね。全然参考にならないよ」
と言われるくらい、働き方が変化していて欲しいと思っています。

これをキャリアビジョンと言っていいのかはわかりませんが、
私には、このような想いがあるので、
会社が昭和タイタニックに戻ってしまっても、
会社全体の流れは止められなくても、
私の周りにいるメンバーや
私と関わるメンバーが笑顔で成長し続けられるためにできることを
やっていきたいなと思えるのだと、今回の研究会に参加して気付くことができました。


前回↓書きましたが、まずは、自分にできる「恩送り」続けていこうと思います。
http://blog.livedoor.jp/sunny_angels/archives/cat_1231454.html

恩返しではなく、恩送り

こんにち は。シルルです。

みなさん、こんな上司になりたいなぁ~という方がいらっしゃいますか?

私には何人か居ます。
その中でも一番だったのは、私が息子を妊娠した時の上司

その時、上司は大阪勤務、私は東京勤務
妊娠の報告をした時には、
今後どうしたらいいかを相談するためにすぐに東京に来てくれたり、

上司の周りのワーキングマザーにいろいろ聞いてくれて
「復帰後最初の1年はお子さんも病気が多くて休みが多くなるから、年休は使い果たしちゃうって言ってたよ。

 お子さんのことで休まなきゃいけないことが多くなることはわかってるから、心配しなくていいよ」と言ってくれていました。

初めての経験で、私は子宮筋腫というリスクがあることもあって、不安なことが多かった時に、私の不安を少しで も減らそうと、気遣ってくれました。


切迫早産で入院し、退院して、今後どうするか電話をした時には、
「もし、病院から仕事をしていいという許可が出たとしても、今回は産休前に仕事復帰はせず、そのまま産休に入るように。
シルルさんが今一番やらなきゃいけないことは、元気な赤ちゃんを産むこと。
それ以外は今は考えなくていいから」と言ってもらいました。


私が子どもを産んで仕事を続けてこられたのはこの時の上司のおかげです。
とってもお世話になった上司に、いつか恩返しをしたいと思ってましたが、
私が2度目の育休を取得して、復帰した年には、他部署へ異動となってしまいました。


先月、ダイバーシティの取組みで
2月 に育休に入る部下を持つ上司(Sさん)と育休に入るメンバーにヒアリング(Yさん)をする機会がありました。

ヒアリングする前に、上司Sさんにヒアリングする内容を説明したのですが、
その時、Yさんについて気になっていることを色々と話してくれました。

上司Sさんは独身
もともと、Yさんとの関係は良好だったので、体調も気遣いつつ仕事をしていたものの
Yさんの体調が悪くなり、休みが増え、Yさんの仕事をSさんがフォローしないといけなくなってからは、

Sさんの体調を思いやる言葉をかけるよりも先に
「もう大丈夫だよね?」と仕事についての確認をしてしまう。
「赤ちゃんを元気に産んで欲しいと思っているが、ついつい、仕事の事ばかりを言ってしまう」と言っていました。

事前に上司Sさんにヒアリングの説明をし、その後、Yさんと話をすると
「この間、シルルさんと話をしてから、Sさんの態度が変わったんです。ありがとうございます」と言われ、
どう変わったのかを聞いたところ
「先日、朝体調が悪くて遅刻して行くことを電話したら、まず「大丈夫?」って聞かれたんです。今まで、こんなことなかったので、シルルさんのおかげです」とYさん

上司と部下としての関係は良好だったお二人ですが、
Yさんの妊娠、体調不良があってからは関係がぎくしゃくしていた様子。
Yさんも「迷惑を掛けたくない」という思いから、
体調が悪くても我慢して仕事をしたりして、結局お医者さんから勤務時間を減らすよう指示がでてしまうという結 果に。

私がお二人にヒアリングに行った時には、
お二人とも言いたい事を言っていて、私が知っていた以前の関係に戻っていました。

上司のSさんも、Yさんについて相談する人がおらず、
一人で色々と考えて接してきたものの、自分には経験のないことだけに、どうしていいかわからなかったと言っていました。

Yさんも
「体調が悪い時に仕事の事を言われ、自分としては仕事をしたくても、体がついていかないことを、わかってもらえてない気がしてました。
あのままの状況だったら、このまま仕事を辞めていたと思います」と言っていました。

私の妊娠時の上司は、男性でしたが、娘さんが2人居て、
私の体調についても気遣ってくれたので、上司との精神的なストレスはありませんでした。

今回SさんとYさんを見ていて、
・元の関係性が良くても、何かのきっかけで関係性が悪化してしまうことがあること
・ 二人の話を聞いていると、お互い、それぞれのことを考えたり、思ったりしているものの、その表現方法では相手に伝わらず、感情の行き違い が起きてしまうことがあること
・当事者同士で解決するだけではなく、第三者が入ることで、お互いの関係性が良くなることがあること
を感じました。

今回Yさんは
「復帰したら、シルルさんに恩返しできるよう頑張ります」と言ってくれました。
私はYさんに
「私が1番うれしいのは、Yさんが復帰して仕事を続けてくれること。
 もし、私に恩返ししたいと思ってくれるのであれば、私ではなくて、これからYさんと同じ状況になる後輩たちにYさんのできることをしてあげてね」と伝えました。

私は、妊娠、育児中、上司を含めたくさんの方にお世話になり、今もお世話になっています。
いつか恩返ししたいと思っていた上司は異動してしまい、上司へ直接恩返しをすることはできなくなってしまいました。

その時に、私は上司に恩返しするのではなく、上司がしてくれたことを、これから私と同じ状況になるメンバーへしようと思いました。
『恩返しではなく、恩送り』

今回私がSさんとYさんにしたのは、二人の話を少し聴いたことだけ。
それで、二人の関係が良くなって、Yさんが仕事を続けようと思ってくれたのであれば、
今回、1つ恩送りができたのかな?と思っています。

今年の漢字

こんにちは。シルルです。

本年もよろしくお願い致します。


年末は26日~29日 まで、

息子の野球の応援に宮崎に行ってきました。

12月23日~1月3日までの長い年末年始休暇。


メンバーよりも1週間近く早くから休みを取るため、

11月頃から仕事を調整し、関係部署に休む連絡をし

アッという間に過ぎていった12月。

宮崎行きの飛行機に乗った時は、

開放感と「何か忘れていることはないか?」

と不安もありましたが、

初めて飛行機に乗って、

きれいな富士山が見えた時の、娘の喜ぶ姿を見て、

そこから仕事スイッチはオフにして、

宮崎を楽しむことができました。



2016年の振り返りをしようと思いつつ、

まだ出来てない私ですが、

今年の漢字を決めました。


7年前から、年始に今年の漢字を決めてます。

2010年 挑

2011年 整

2012年 顧

2013年 質

2014年 嬉

2015年 要

2016年 息


今年の漢字は「出」にしました。

・ 隠れていたもの、
中に入っていたもの等が表に現れる

・ 考え等が生まれる。
また、考えからある結果がもたらされる。

・ 隠れているもの、しまってあるものなどを
おもてに現す。

・ 人の目に触れるようにする

・ 蓄えてある力などを外に示す

などの意味がある「出」

去年から、やりたいと思っていることの1つが

「複業」

本業のサブという形の「副業」ではなく、

自分がやりたい複数の仕事をして、

複数の仕事が相乗効果を発揮して

いけるような仕事がしたいと思っています。



今年の漢字を「出」にしたので、

まず、自分の思っていたことを出してみました。



2017年「複業」というアンテナを立て、

仕事をしていきます。

⬇娘と見た富士山です
DSC_1044

妊婦体験記事を見て、感じたこと

みなさん、こんにちは。
シルルです。

「日本の男は、世界一育児をしない」
九州の知事が妊婦になった!その結果・・・

http://grapee.jp/233405

という記事を読みました。

佐賀県知事、宮崎県知事、山口県知事が
7.3kgの妊婦ジャケットを着用し、
妊娠7カ月の妊婦になり
仕事をするというもの

この記事を見ていて、
私も妊娠、出産を体験しての気付きや
短時間勤務での気付きはたくさんありますが、
自分が体験してしまうと
体験した事実が当たり前となってしまい
当たり前となってしまったことを
周りへ伝えることを忘れていることに気付きました。

体験することで何らかの気付きがあるのであれば、
体験できる機会を作ることが
相互理解を深めるきっかけになると思います。

でも、体験できない場合はどうしたらいいのでしょう。
短時間勤務については、
数日は早く帰ることはできても
1ケ月、1年、となると、なかなかむずかしいので、
短時間勤務者の気持ちを理解するということが
むずかしいのではないかと思います。

実際に体験できないのであれば、
想像してみることは可能ではないでしょうか。

1時間短時間勤務の場合
1時間×20日=20時間(約2.5日)
通常勤務のメンバーより勤務時間が少なくなりますし、
残業が多い部署であれば、
プラス残業分の時間、勤務ができないことになります。

通常勤務の方は
自分が1ケ月2.5日プラス残業時間分
勤務ができなかった場合
どのような事が発生するのか?
どうしたら自分の業務で成果を出すことができるのか?
と考えてみると、
短時間勤務をすることで
どのようなことが発生するのかの
気付きがうまれるのではないでしょうか。

この記事を見て、
自分の短時間勤務で感じたことを
伝えていきたいと改めて感じました。

育児は最高のスキルアップ

こんばんわ。シルルです。

みなさんはワーキングマザーというとどんなイメージをお持ちですか?

私は今、時短勤務を継続しながら、
企業で管理職として仕事をしています。

私の働き方を伝えると
「仕事と育児の両立って大変じゃないですか?」
「子育てだけでも大変なのに、なんで管理職になったのですか?
とよく言われます。

私が、仕事をしながら育児をすることで感じているのは
育児は最高のスキルアップの場であるということ。

ワーキングマザーについては、
ネガティブな情報を取り上げられることが多く、
共感力の高い女性たちは、
「そんなに大変なら私には無理」と思ってしまうのではないでしょうか。

私は、私自身の体験から、
仕事をしながら育児をすることで、
得られるものがたくさんあって
仕事をする上では、何よりのスキルアップであることを
みなさんにお伝えしたいと思っています。

子どもができるまでの私は
「仕事を人に頼んでも、いろいろ聞かれて面倒。
自分がやった方が早い」と思ってました。

更に、自分のやり方が良いと思っているので、
私のやり方と違うとイライラしたり、
「なんでこんなこともできないの?」
と怒ったりしていました。

なので、周りからは「怖い人」と思われていて、
あの頃の自分を思い出すと自分の事ながら
「一緒に仕事はしたくない」と思ってしまいます。

そんな私がワーキングマザーになり
制約のある働き方をしないといけなくなったことで、
強制的に自分の働き方や考え方を変えないといけないことになりました。

12年を振り返るといろいろなことがありました。
私がワーキングマザーになってスキルアップしたなと思っているのが、

1:時間効率を考えることができるようになったこと
2:自己理解が深まったこと
3:メンバーを育成することができるようになったこと

の3つです。

これから、それぞれのことについて、書いていきますね。
セミナー情報
pdfアイコン 2017年5月19日(金)
福岡開催
〜自然体で活き活き働く女性リーダーをめざして〜
女性リーダーエンカレッジ研修
(講師:田中慶子)
主催:ディ・マネジメント株式会社
対象:企業、組織にお勤めの女性の皆さま


pdfアイコン 2017年6月16日(火)
育休後の職場復帰をスムーズにする
女性と上司の育休復帰支援セミナー
〜 育休後の職場復帰が不安、スムーズにいかない、そんな悩みを解消します〜
①1部 10:00〜13:00 ②2部 14:00〜17:00
(講師:田中慶子)
主催:ディ・マネジメント株式会社
対象: ①育休前、育休中、復帰後の皆さま ②育休前、育休中、復帰後の部下をお持ちの方、管理職の皆さま


pdfアイコン ●2017年9月8日(金)
働く女性のための「活き活きキャリアづくり応援セミナー」
~自分らしく働き、よりよい仕事と人間関係を育むために~
(講師:山岡正子)
主催:日本経営協会 関西本部
対象:民間企業、自治体等にお勤めの女性の方々


pdfアイコン ●2017年11月7日(火)
『女性キャリアエンカレッジ研修』《通い1日コース》
(講師:山岡正子)
主催:日本生産性本部
対象:役職を問わず全ての女性社員


pdfアイコン ●2018年2月9日(金)
働く女性のための「活き活きキャリアづくり応援セミナー」
~自分らしく働き、よりよい仕事と人間関係を育むために~
(講師:山岡正子)
主催:日本経営協会 関西本部
対象:民間企業、自治体等にお勤めの女性の方々