Sunny's Angels Blog|Que

働く女性たちを応援する、キャリアコンサルタントたちのブログです。個人のモチベーションアップと企業の活性化を支援する有限会社Que(キュー)代表:植田寿乃が運営しています。

のりだんご

走り続けた一年


こんにちは。のりだんごです。
今年も残り一日となりました。
大晦日にあたり、今年一年を振り返ってみたいと思います。

〈社内セミナー〉
ここ数年、植田道場で学ばせていただいてきたことをようやくアウトプットすることができました。

仕事いきいき応援セミナーと題して、社内セミナーを開き、幸せなキャリア1回、心のエンジン4回、アサーティブを1回実施しました。
セミナーの告知をしてからも、毎回直前までハラハラドキドキでしたが、バンジージャンプを飛び降りるような気持ち(?)で何とかやりました。

アサーティブでは、受講者から「実行するのが難しい!」という声が。
伝え方が悪かったかな、まだまだ修行が足りないな、と反省でした。


ずっと社内セミナーをやりたかったし、伝えたいことばかりですが…

できれば人前に出たくない、目立ちたくない、という気持ちもあり…

本番よりも、道場通いが楽しいと思う自分がいます。。


〈運動する〉
年初はジムに行き始めたものの、3回しか行かずに終わってしまいました…
せっかくウェアとシューズを揃えたので、来年は何かしらの運動をしたいと思います。。


今年も一日、一週間、一ヵ月、あっという間に過ぎていきました。。

落ち着きなく、とにかく走り続けた一年でした。
出張でときどき帰りが遅くなってしまいましたが、両親と子供たちの協力のおかげで何とか乗り切ることができました。
来年は、広げ過ぎず、じっくり取り組みたいと思います。

皆さまにとって、どんな一年だったでしょうか?
今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

第1期生、卒業!


こんにちは。のりだんごです。
すっかり年末ですね。
大掃除など、皆さま慌ただしくお過ごしのことと思います。


今月、社内で活動している女性活躍推進委員会"きらり!"の第1期生が卒業しました。
キックオフ当初は活動期間は1年の予定でしたが、最終的には2年間の活動となりました。
スタートしてからの半年をダイバーシティや女性活躍の腹落ち期間に費やし、じっくり時間を掛けました。
その後はランチミーティングや、他事業との交流会を開いたり、ポスター作成、社内報に活動紹介を載せたり…
と、その時々でやれることをやってきました。

振り返るとあっという間の2年間でしたが、とても濃く、日々バタバタしていた気がします。

実行委員のメンバーも、この2年間で一回りもふた回りも成長し、少し自信がついたように感じます。
第1期生の最終活動報告会では、委員会のスタート時は人前で話すのがとにかく苦手だったメンバーも、緊張しながらも、しっかり発表できました。

サポート上司や周りの方も成長を実感したと思いますが、何より成長を感じているのはメンバー自身だと思います。

今までチャンスが回ってこなかっただけ!やれば出来る!

これから経験する様々なことに、一歩踏み出す自信に繋がったら嬉しいです。


第1期生は卒業後、きらり!サポートメンバーとなり、これからも委員会活動を応援してもらいます。

そして、活動報告会の最後に宣言しました。

来年からは…

女性活躍推進委員会、あらため、
社員活躍推進委員会として活動します!

社員が今まで以上にやりがいを感じながら、いきいきと働けるように。

事務局として(実行委員として?)来年は新メンバーと共に、1年間という期間の中で、どれだけ活動できるか。新たな挑戦です。

そして、これからも社内に"きらり!ファン"をじわじわ増やしていきたいと思います。

一歩踏み出すには?


こんにちは。のりだんごです。
朝晩寒くなり、風邪引きさんが増えてきましたね。
皆さんはお元気にお過ごしでしょうか?


先日、女性活躍推進の担当者向け講演「女性社員の活躍、コンフォートゾーンから一歩踏み出し、より強みを発揮してもらうためには」を聴講してきました。

まず、「コンフォートゾーン」という表現になるほど〜、と思ってしまいました。
居心地いい所、ぬくぬく、守られている、こんなイメージでしょうか。

そこから一歩踏み出すのは、とても勇気がいります。

ポイントは、「面白い仕事をすること」だそうです。
この"面白い仕事"というのは、自分の頭を使って、考えたり、創意工夫をすること。
言われたことを、ただこなす仕事に比べたら、確かに自分の責任でやることになり、格段に自発的に仕事に向き合えるようになりそうです。

でも…
今までの仕事のやり方を変えたり、そのために上司に働きかけるのって、なかなかハードルが高いですよね。。

また、コンフォートゾーンにいる人も、自分なりのベストは尽くしていると思うのです。
でも、彼女達の可能性はもっと広いはず…。自分の可能性に気付けないまま、自信が持てずにいるように感じます。

やっぱり上司のサポートというか、応援、育てる力が大事だなぁ、と感じました。


女性は仕事で大きな成功をおさめる機会が回ってこないけど、失敗する機会もない、とも。

確かに〜、同感です。
私も大きな失敗をする機会、今までなかったなぁ。
それは有り難いことではあるけれど、失敗してこそ学ぶことの方が多いのに。。


コンフォートゾーンから思わず一歩踏み出したくなっちゃうような、楽しい仕掛け、機会を作っていきたいな、と思いました。

周囲の人に感謝


こんにちは。のりだんごです。

台風が立て続けに来ていますが、皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか?


今月は息子が二人とも"はやり目"という流行性の結膜炎になってしまいました。

はじめに、下の子が保育園で菌をもらってきてしまい、感染力が強いとの事で、一週間近く登園できず…

幸いなことに、朝いつもより30分位早く家を出れば、実家の最寄り駅まで子供を送り届けることができるので、両親に預かってもらいました。

両親が元気なので頼ってしまいがちですが、二人とも70歳半ばですし、結膜炎がうつらないかハラハラでした…

そして、保育園に登園できるようになったら、今度は上の子が結膜炎になってしまいました。
しかも、下の子よりも目の充血がひどく、結局小学校を丸々一週間お休みしました。

熱もなく体は元気なのに、学校に行けない…
そして、学校への欠席の連絡がややこしく、息子の通う学校は電話連絡ではダメなのです。

毎日、同じマンションのお友達のママへ朝晩メールして、連絡帳をお願いする日々。

ママ友さんも働いているので、特に朝は忙しいはずですが、快く連絡帳の受け渡しを引き受けてくれました。
一週間もお願いしてしまい、申し訳ない気持ちと、有り難い気持ちと…。


自分一人では働き続けられない事を痛感しました。
何かあったときに助けてくれる周囲の人たちに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

研究会で発表しました


こんにちは。のりだんごです。
皆さんお元気ですか?

先日、植田先生が主宰されているダイバーシティ&インクルージョン研究会で、事例発表をさせていただきました。

春ごろからお声掛けいただいていましたが、準備に取り掛かったのはかなり直前で、ちゃんと発表できるかドキドキでした。

今まで聞かせていただいた他社様の発表はどれも素晴らしく、それにひきかえ当社の取り組みがご参加いただく皆さまにとって参考になるのだろうか…と不安もありましたが、背伸びせず等身大の取り組みを発表しよう、と決めました。

きらり!の立ち上げの経緯、ランチミーティングや社員意識調査、他事業所との交流会のなど、活動の内容と実施後の参加者の反応などを発表しました。

取りとめのない内容だったにも関わらず、多くのご質問をいただき、関心を持っていただけて、とても有り難かったです。

中でも回答に困ってしまった質問は、 「きらり!の活動をしていく上での原動力は?」というもの。

自分がやりたくてやっている活動なので、改めて原動力は?と聞かれても〜〜


では、なぜ私が女性活躍やダイバーシティの推進に取り組みたいのか…


社員一人ひとりの成長が、会社の活性化につながる

これを実現したい。
ここに可能性を感じているから。

こんなところでしょうか…
一緒に働いている人たちが、もっとイキイキと働けるように、背中を押してあげたいなぁ、と思う日々です。


ひとまず、発表を終えられて、ホッとしました〜!

2015年の妄想


こんにちは。のりだんごです。
まだまだ暑い日が続いていますね。

私はお盆休み前から、女性活躍推進委員会きらり!の今後の方向性を明確にしなくてはと思い、あれこれ書き出しています。

そんな中、2015年にきらり!を立ち上げるために作成した委員会の組織図が出てきました。

会社をもっと活き活きさせるためにダイバーシティを浸透させたいという想いで作成したもので、「女性活躍」、「仕事と介護の両立支援」、「シニア社員の活性化」、「障がい者就労支援」、の4本柱からなる図です。

その図に、やりたいこと、例えば女性活躍推進では社員意識調査や社内交流を目的としたランチミーティング、キャリア教育的な勉強会、などと書き込んで、当時の上司を説得しました。


その際、「どれも大事だけど、こんなに一気に取り組めるの?」と指摘され、確かに…通常業務をこなしながらやるには私のキャパ的に無理だ、と我に返って、まずは女性活躍推進から取り組もう!となりました。

2年ぶりにその図を眺めてみたら、女性活躍に限って言えば、そこそこ実行できていました。
2015年に私が妄想していたことが、着実に実行できてる!!と一人でニヤっとしてしまいました。


きらり!の活動紹介をすると、相変わらず「目的が良く分からない」という指摘を受けるので、もっと分かりやすく今後のビジョンも併せて伝えなくては、と思ってます。


心のエンジン


こんにちは、のりだんごです。 
暑い日が続いていますが、皆さまお元気ですか?

今月は2回、心のエンジンを実施しました。
一回目は地方事業所での交流会で、二回目は本社での開催です。

皆さん、自分のエンジンが分かって、嬉しそうな(そして、ちょっと恥ずかしそうな笑)様子で、でも楽しんでくださっていることが伝わってきて、思い切って実施して良かった〜!と思いました。

結果的には約20名の方に参加してもらえましたが、今回もセミナーの告知後はなかなか申し込みが増えず…
就業時間中に職場を抜けて参加するのはハードルが高いようです。

上司層の巻き込みが重要だとつくづく感じています。

そんな中、サポート上司の課長が一名、参加してくださいました。
結果はEのエンジンで、

「テキストに書いてあることが全部当てはまる!!」

「なぜ、周りの人は分からないことを調べずに放っておくのか今まで理解出来なかったけど、なるほどエンジンが違うからなんだ〜!」

とすっかり腹落ちした様子だったのが印象的でした。


楽しく自分理解、他者理解ができて、さらに多様性の良さを体感できる、心のエンジン。
もっと社内に広めていきたいし、私自身もっと理解を深めていきたいです。

来月も別の事業所で実施します。
毎度、実施する前は心臓バクバクで落ち着きませんが、皆さんがどんな反応をするのかを楽しみにがんばります!

無事に終わりました


こんにちは。のりだんごです。

先週の金曜日、「幸せなキャリア」を社内で実施しました。
なんとか無事に終わり、ホッとしています。 
男性社員は3名申込みがありましたが、うち2名が仕事の都合で欠席…

今年の春に育休復帰した方も当日欠席になってしまいました。残念!

でも、飛び入り参加の方が加わり、16名+きらり!メンバー3名の合わせて19名の方が参加してくださいました。

始めは植田道場より緊張する〜!と思いましたが、皆さんが頷きながら聞いてくださったので落ち着いて話せました。

そして、悩みを共有するワークでは、皆さんとても楽しそうにお話しされていました!

悩みの共有ワーク後の感想では、「悩みを話したら心が軽くなりました」「普段は自己開示が苦手だけど、話してみたら楽しかった」等、皆さんスッキリした表情で感想を話してくださいました。

反省点は、やっぱり悩みのワーク前の悩みを一言ずつ挙げてもらう所で、時間が掛かってしまった事です。
状況までお話ししてくださる方が多く…

でも納得した上で(?)グループ分けできたのか、すごく盛り上がっていました。


全体の感想をアンケートで聞いてみました。
・自分の生き方の全体像を自分で把握しながら、自分の人生を前向きに作っていくという考え方が新鮮でした。

・色々な部署、年代の方と交流ができ、大変有意義でした。

・それぞれ色々な悩みを抱えていることを知り、頑張る勇気が持てました。

などなど。
それぞれに響くところがあったようで嬉しいです。

男性の参加者からは、
・面白かったし、楽しかった。もう少し男性目線の内容があってもよいかと思う。

との事。
もともと女性向けのコースではありますが、男性社員にも聞いてもらいたいので、少しずつ改良していきたいと思います!


今回の社内セミナーに、佐藤裕美さんの「ルナ・エンカレッジ」のような名前をつけたいと思い、「仕事いきいき応援セミナー」と名付けて告知しました。
しかし、女性活躍推進委員会の企画という時点で男性は参加をためらうそうです。
回を重ねて、地道に口コミで広めていきたいと思います。

来月は、第2弾「心のエンジン」セミナーを開催する予定です。
男性社員や課長クラスにも声掛けしてみようと思います!