Sunny's Angels Blog|Que

働く女性たちを応援する、キャリアコンサルタントたちのブログです。個人のモチベーションアップと企業の活性化を支援する有限会社Que(キュー)代表:植田寿乃が運営しています。

ゆうこ

まわりの反応はさまざま

こんにちは。ゆうこです。
前回からかなり空いてしまいましたが、
私のまわりで起きていることを書いてみます。

年下の営業担当の男性が、私に対してタメ語で話したり、感情をぶつけたりすることがあります。自分が困っていることを素直に言えず、他人に当たってしまうタイプです。
はじめのうちは私も反応していましたが、相手にするとさらにエキサイトし時間がとられてしまうので、適当に流してました。ノンアサーティブっぽいですが、早く切り上げ、やることを終わらせたかったのです。

この営業担当の言動は1週間程度続いたので、何人かから声をかけられました。
「どうしてゆうこさんに言うのでしょうか。言う相手間違ってますよね。」「アイツおかしい。よくがまんできるね」などと。
物事の捉え方の違いは、まさに、心のエンジンによる反応の違いですね。

数日後、営業担当の彼は、翌週かなりトーンダウンして現れました。お客様との調整がうまくいったと。
彼は自分がうまくいかない状態を手伝ってほしかったのかもしれません。

心のエンジンの違いはおもしろいと、あらためて感じました。

女性は組織をつなぐ

こんにちは。ゆうこです。

梅雨が明けて暑い日が続いていたと思ったら、ぐずついた天気が数日続いてますね。

7月から部署に新人が入ってきました。
以前は新人を各部に送り出す側でしたが、今は受け入れる側と立場が変わり、なんだか不思議な気分です。
ただ、両方を経験しているからわかったり、世代の特徴を見ながら成長のサポートができるような気がします。

新人の配属先としては残業や波が少ないところが人気だったりと、今年も安定重視傾向があります。また、男性上司たちは悪気なく無理難題を言ったりします。言葉足らずに。
このギャップを埋めるのは女性のような気がします。新しい力を戦力にするためにも、私自身がつなぐ役割を担っていこうと思います。

職場で本格的に在宅勤務はじまりました

こんばんは。ゆうこです。
大変ご無沙汰しています。

4月から新しい年度がはじまり、
エース級の女性が週2回在宅勤務を本格的にはじめたり、
私自身が2つの部署を担当することになるなど、
少し変化がありました。

在宅勤務は始まって1ヶ月たちましたが、
本人が公私の状況をみながら出社するかいなかを選択してくれています。

必要な時に在宅勤務ができるという本人の安心感につながり、
働き続けてほしい人が残ってくれるという会社側のパワー確保にもつながり、
両者によいことだと、あらためて思いました。

私のまわりにも介護に直面している人が増えてきました。
介護は公表できずに悩みを抱えていたりするので、
子育て中の人以上に配慮しながら職場としてのサポートをしていきたいと思います。

私のもとで女性リーダーになってもらいました!

こんばんは。ゆうこです。

10月に入って一気に季節が進みました。
そして、私のまわりにも変化がありました。組織変更で昨年までいた部署に戻りました。
しかも、私のもとでリーダーを女性に任せることになりました。メンバー全員をみて、リーダーを任せたいと思ったのが女性でしたが、「私のもとに女性リーダーを作りたい」という願いが叶いました。
その女性リーダーには力量や度胸はありますが、やり方などはOJTで育てています。女性リーダーが持っている力を発揮できるよう、サポートしていくのが私の役割だと思っています。
女性のもとのほうが女性リーダーは育てやすいかもしれません。
自分が苦労したことを教えてあげたいと思っています。

「心のエンジン」でマイナス感情から解放!

こんにちは。ゆうこです。

職場にはいろいろなタイプの人がいますよね。上司や部下、同僚の中には、苦手に感じたり、合わないと思う人がいたりすることもあると思います。

そんな時オススメなのは、自分と相手の「心のエンジン」を知ることです。私自身、以前なら相手に対してマイナス感情が出てきそうな時に「お互い大事にしているところは違う」と思うことで、ちょっとだけ受け入れられるようになりました。

たとえば、約束した期限を何も言わずに変えて、尋ねると「スケジュール変えておきました」と言っちゃう部下。私としては、関係者で約束したものを変えて何も言わないのはありえない。本人は「言い忘れてた」くらい。以前の私ならすぐにしかりましたが、今は時間かけながら本人が気づくように促してます。

自分を少し変えることで、自分の中に湧き上がるマイナス感情から解放されたり、自分もハッピー、まわりにもやさしくなれると思いませんか。

身近に相談できる人はいますか?

こんにちは。ゆうこです。
ブログをお休みしてましたが、再開しました。

女性活躍推進は進んではいますが、同じ職場、同じ部署に女性の管理職が2人以上いるというところはまだ少ないように思います。

実際、私も女性管理職は部署で一人で、どうしたらよいか悩むことがあります。
男性と同じようにはできず、「自分でなんとかしなきゃ」と抱えてしまったり。。。

そんな時、私の場合は、同じ部署の同期の女性から「もっと上を頼っても大丈夫。そのほうが相手も喜ぶよ」と言ってもらい、ちょっと力を抜くことができました。

最近は、社内報告は部下から役員の方に直接依頼して、見ていただくなど、ちょっとずつお願いするようになりました。

身近に相談できる女性がいて、本当に心強いです。私にとって大事な同士です。外部から戻ってきてくれて感謝しています。

孤独を感じている人がいたら、実は味方は近くにいるかもしれないと教えてあげたいです。



セミナーに参加して思ったこと

こんにちは。ゆうこです。
私も山岡先生のセミナーを受講しました。

30歳前後の方がほとんどで、最初は話が通じないかも…と不安でしたが、
お互いの立場で話をすることで、刺激しあうことができたように思いました。

話をする中で、30歳手前の同期入社の女子たちから、
「上司からロールモデルになれと言われるが、なりたくない」
「結婚を控えているが、結婚、出産後に働く自身がない」 
と聞いたことです。

女性活躍推進法が施行された今でも、こんな悩みを持った女性が
まだまだいると知り、本当に驚きました。

セミナーで元気にはなっていましたが、会社のサポートの大切さを
痛感しました。
彼女たちが安心して前に進めるとよいなと思うとともに、
私のまわりの女性たちを現場の先輩としててサポートしていこうと
あらためて思いました。
セミナー情報