Sunny's Angels Blog|Que

働く女性たちを応援する、キャリアコンサルタントたちのブログです。個人のモチベーションアップと企業の活性化を支援する有限会社Que(キュー)代表:植田寿乃が運営しています。

ティファニー

描く事で心に向き合う

皆さま、こんにちは。
ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

年初の植田道場では、師匠である植田先生による「絵を描くワーク」を取り入れた研修の特別講義が開催されました。
植田先生が行う絵を描くワークを取り入れた研修は、私自身もこれまで何度かアシスタントさせていただき、大切なポイントは重々承知している、はず、でした。

が、しかし!
自分事として向き合ったときに、唖然とする場面ばかりに遭遇することとなりました。
まず最初の1枚目、現在の心の状態を描けない、気持ちが捉えられない。
頭に浮かんだことを絵で説明しようとしてしまうので、気持ちが描けないのです。
そんな自分自身にがっかりしている私でしたが、「大丈夫、最後には描けるようになるから」と、いただいた希望の言葉を胸に、最後の1枚を楽しみに取り組んでいきました。

心のエンジンで描いた絵に出てくる登場人物は、同じ表情、同じ色使いで、一致団結、同じベクトルに向かう人々を求めがちなFのエンジンらしさが現れていました。
心のプロセスでは、自分の中では乗り切ったと思えていたことが、実は葛藤の真っ最中であるということに気づかされました。

1月ということもあり、最後は3年後の未来を描き、そのために行うべき2018年の目標を描いて心に残したのですが、最初に比べると正直に気持ちを表現することができました。
そして!
その絵を見て、目標に対する自分の浅慮に気づくことができました。

ダメな自分に向き合うのは、苦しいことでもありますが、自分自身を正直に知る素敵な体験となりました。
植田先生、一緒に学んだ皆様、ありがとうございました。

山岡正子

年の瀬に今年を振り返り

皆さま、こんにちは。
ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

クリスマスも終わり、いよいよ今年もカウントダウンが始まりましたね。
1日、1週間、1カ月、1年、日々の積み重ねの中で、区切りの時を刻めることが嬉しくもあり、焦ったりもする今日この頃です。
2017年の年明けは順調にスタートしたものの、4月に父が他界し、6月に健康診断の結果がE判定となり、再検査、再検査のなか、自分自身のキャリアにも悩みや戸惑いが見え隠れしてました。
残念ながら、幸せな出来事は少なく、不安と葛藤の1年だったように思います。
しかし!
12月の初旬に、素敵な仲間たちと熱海のパワースポットを巡って、何かが変わりました。
ものすごく険しい岩場を登ったり、樹齢2千年の大楠に触れたことで、モヤモヤが晴れた気がします。
素敵な仲間たちと、素直な気持ちで語り合えたことで、自分自身にしっかり向き合えたようにも思います。
「険しい峠を越えたからこそ、平坦な道を歩む幸せがある!」と言える自分を目指し、改めて頑張ろうと思いました。
ちなみに、健康診断の再検査の結果、要観察です。
まあ、50年以上酷使してきた肉体なので、あちらこちら何かあっても仕方がなく、100歳人生に向けて上手に付き合っていければなあと思います。
来年に向けてやりたいこともたくさん浮かんできていて、欲張らずにひとつづつ、確実に結果につなげられるよう努力、努力!
2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

山岡正子

40代後半から準備すべきこと

皆さま、こんにちは。
ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

先日、ダイバーシティ&インクルージョン研究会にて、「50代からの再就職、転職事情」をテーマに発表させていただきました。
発表の詳細は、後日、研究会のホームページに掲載されますが、この発表の準備を通じて私自身が気づいたことをお伝えしようと思います。

生涯100歳人生に突入したいま、50代は真ん中を過ぎたぐらい、だと思っていたら大間違い。
50代は、仕事人生の中ではシニアの先輩方の仲間入りなのです。
それは、現在、組織で働いている人も、私のように組織を離れて働いている人も同様です。
ここから10年、15年と働き続けるのであれば、自分は何をしてこの組織に、この社会に貢献できるのか。
なにをして、この組織に、この社会に貢献したいのか。
ここをしっかり見つめることが、とても重要になってきます。
もし、50代となった時に、今の組織を離れ、新たな仕事を見つけるとしたら、30代、40代では活かされていたはずの現職での役職は、残念ながら効力がありません。
求められるのは、これからも活かし、成長させていきたい「コアのスキル」です。
50代を超え60代も働き続けたる時代において、それが何なのかを見極めることがとても大切。
ですが、それは一朝一夕に成しえることではなく。
だからこそ、40代後半から自分の人生を、しっかり見つめる必要があると確信しました。

望む、望まないに関わらず、いつか、組織を卒業するその日のためにも。

山岡正子

定年退職者と「いきがい」を考える

皆さま、こんにちは。
ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

先日、定年退職された方々と「いきがい」を考えるセミナーに参加致しました。
私自身は50歳で会社人生を卒業したのと、当時は50歳の私が最年長の会社だったので、定年退職者の方々の本音を聴かせていただく貴重な機会となりました。

参加されたのは、60歳~65歳、シニア世代の男性30名、女性5名の方々。
「自らの死期を知りたいですか?」
「今朝、目覚めるのが楽しみでしたか?」
「毎月、いくら必要ですか?」
健康、お金、生活のハリ、いろいろな切り口で話が展開されるのですが、同じ世代ということもあり、大変盛り上がってまるで同窓会の会場のようでした。

シニア世代はこれまで「社会に支えられる」側とされてきましたが、実は65歳以上の約8割は介護の必要のない元気なシニアだそうです。
20年後には、3人に1人が60歳以上、40年後には日本で最も多い年齢が86歳という超超高齢化社会の予測も出ているそうです。
シニア世代が「社会を支える」時代、継続雇用の延長や定年の廃止、元気な高齢者(アクティブシニア)が活躍する社会はもうすぐそこまできています。

今回集まった皆さまも、「まだまだ働きたい」と言ってる方が大半でした。
そして、その「まだまだ働きたい」とう漠然とした思い、それを整理するヒントを見つけるために集まったようでした。

「いきがい」を何に見出すかは人それぞれかもしれませんが、私は「必要とされる役割がある」ということだと思いました。
誰かに必要とされる役割がある、だからこそ、人との関わりが大切なのだと思います。
「いきがい」=「人との関わり」
初対面なのに、とても楽しそうにお話しが盛り上がったのも、「いきがい」という人生の大切なテーマに、真剣に向き合う方々が集まったからなのだと思いました。
今日がきっかけとなり、人生を豊かに過ごすヒントが見つけられたらと思います。

山岡正子

自然体のロールモデル

皆さま、こんにちは。
ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

先日、同業労働組合で形成された女性チームが主催されたセミナーに登壇させていただきました。
テーマは「自分らしく活き活き輝く自然体のロールモデル」
仕事もプライベートも充実させ、自分らしくイキイキと働き続けるための源泉となるモチベーションアップのヒントと、心の動きや変化を体感し、前に進んでいくコツをお話し致しました。
参加された約40名の女性達は、職務も年齢も様々でしたがご自身の意志で参加された方が多く、とても熱心に取り組んでいただきました。
「自分らしさ」や「自分の価値観」、自分ではわかっているつもりでも、うまく表現できないというか、他人からみたらどうなんだろう?って感じること、ありますよね。
今回のセミナーでは、いくつかの検査を通じて、自分自身の価値観や心の動きを感じていただき、受講者同志が違いを認識することで、さらに深く自分らしさを見つめていただきました。
誰かを真似する、とか、誰かのようにならなければいけない、ではなく、自分の中にある素敵な魅力に気づき、さらに成長する気持ちを抱いていただけたのではないかと思います。

そして、主催メンバーの中心となる女性こそが、まさに自然体のロールモデルでした。
偶然にもこのセミナーを最後にこのチームを卒業されるとのことで、これまでの振り返りを聴かせていただいたのですが、不安や戸惑いの中でくじけそうになったこともあり、でもそんな時に支えてくれた仲間や導いてくれた上司の方がいたおかげで、大きく成長できたという自信が彼女にはありました。
ほろりと見せてくれた涙からは、いくつかの壁を乗り越えた達成感と安堵の気持ちが感じられました。
次のステージでは、さらなる成長を目指していかれることと思います。
このような場面に立ち会える機会をいただけたこと、私自身もとても感謝致します。
ありがとうございました。

山岡正子

未来の自分へのプレゼント

皆さま、こんにちは。
ティファニーことキャリアコンサルタントの山岡正子です。

今日、8月31日は、私の56回目の誕生日です。
振り返れば、今からちょうど6年前、50歳の誕生日を迎えたその日に、私は会社人生を卒業しました。
キャリアコンサルタントとして独立してからの5年間は、学びの連続でした。
人生、何かを始めるのに遅すぎるということはない!
と思いつつも、心が折れそうになることも、たくさんありました。
でも、そんな時も、Sunny's Angelsのブログにいる素敵なメンバーと励ましあい、応援しあうことができたから頑張り続けてこれたのです。
頑張る姿をちゃんと見てくれている、成長する過程を応援してくれる仲間がいることって、本当に素晴らしいと実感してきました。
だからこそ、私も多くの人の力になりたい、応援したいという気持ちがますます高まり、その気持ちが明日への活力となっています。
毎日が大切で、明日を楽しみに生きていられることに感謝します。

そして今日から始まる新しい私、未来はこの瞬間からスタートします。
5年後の私、10年後の私に何をプレゼントできるか。
それは、私が何を考え、どう行動し、どこに向かうのかで決まってくる、そうですよね。
今日はそんなことを考えながら、ちょっと、わくわくした1日となりました。
いつか皆さんに、こんなプレゼントだったのよ!と、披露できる、その日を目指して頑張ります。

山岡正子

前に進む女性リーダー達

皆さま、こんにちは。

ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

 

企業研修の講師となり5年目を迎え、様々な企業、組織で登壇する中で、結婚や出産、育児などのライフイベントに直面しても、キャリアを中断せずに働き続ける女性は確実に増えていることを実感しています。

そして、女性が活躍できる組織風土を作り上げていこうと本気になっている企業に関われることは、私自身にとっても大変大きな励みとなっています。

大阪での公開セミナーがきっかけとなり、女性を対象としたキャリア研修を担当させていただくようになった企業様、回を重ねることができ今年で3年目となりました。

ご自身が公開セミナーで得た気づきを、他の社員にも体感してほしいという情熱、そしてその思いを受け止めて彼女を応援してくれた上司の方々、とても素敵な信頼関係で結ばれていると感じています。

女性が働き続けることが当たり前の時代になりましたが、仕事でどうやって頑張ればいいのか、頑張れるのか、不安を抱えている女性は少なくありません。

私は研修を通じて、自分の成長に自信を持ち、前に進むきっかけを伝えていますが、そこで学んだことを実践したいと思ったときに、上司が成長するチャンスを与えてくれ、しっかり成長を見守ってくれる関係性がとても重要です。

このキャリア研修を担当した女性は、その後リーダーとなり、女性を対象とした研修は後輩にバトンタッチし、今年からイクボス研修を担当することになりました。

また、女性活躍推進を先導されていた女性管理職の方は、シニア活躍も含めまさにダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいらっしゃいます。

彼女達はワーキングマザーでもあり、社員の成長と育成を通じて企業の発展を願う、まさに自然体な女性リーダーです。

大変なこと、苦労したこともたくさんあったと思いますし、これからも様々な変化が起こるかもしれませんが、活き活きと笑顔で活躍する彼女たちの姿は紛れもなく後輩達のロールモデルだと確信してます。

 

山岡正子

50歳からの幸せなキャリア

皆さま、こんにちは。
ティファニーこと、キャリアコンサルタントの山岡正子です。

先日、師匠でもある植田寿乃さんが登壇した「50歳からの幸せなキャリア」の公開セミナーに、受講生としてどっぷり参加させていただきました。
今後も定期的に開催されるとのことなので、コースの内容はひ・み・つ。
ここで書いてしまうと、これから受講する方々のドキドキが減ってしまいますから!

なので、私が感じたことをお伝えしたいと思います。
受講生は40代~50代、男性10名、女性6名、既婚者、既婚歴あり、様々な人生を生きてきた方々です。
特に50代の男性は、まさに「企業戦士」だった方々。
家族のために、忠誠心を持って、単身赴任もなんのその、身を粉にして、まじめに会社のために働き続けてきた。
が、しかし、会社人生が終わりに近づき、家庭を振り返ってみると...
心の中にあった、哀しみ、戸惑い、不安な気持ちに気づくことで、変わりたいと思う自分自身にも気づいていらっしゃったように感じました。

女性の方は、結婚、育児と、女性としてのライフイベントを迎えながらも、働き続けてきた方が多かったように思います。
ワークライフバランスという概念がなく、仕事への思いを優先していたような気がして、自分の子育てに対する思いが正しかったのかどうか、という気持ちをお持ちの方もいらっしゃいました。

参加目的は、「働き方改革」のひとつとして、シニア世代のやる気のなさが課題となっている人事担当の方もいれば、活き活き働くシニア世代を自分で体現したいという方もいらっしゃいました。
私は後者、改めて自分自身を見つめてみたいと思って参加しました。
同じ年代の方々とのグループワークは、学生時代に戻ったような素直な気持ちで取り組めましたし、本音をぶちまけあうことで、お互いを励ましあえた素敵な時間でした。

セミナーを終えて、自分が活き活き働くことで、社会に貢献し続けたいという思いを、改めて強く心に記すことができました。
貴重な1日を過ごせたことに感謝いたします。
植田講師、受講された皆様、ありがとうございました。

山岡正子