本名陽子”カントリー・ロード”1995富士/はやぶさ ラストラン

2009年03月12日

鎌倉再び3 台峯へ

今回の鎌倉行きでぜひとも行きたいと思ったのが、写真集で紹介された台峯。
自然豊かな鎌倉の表情を見る事ができる場所のようです。

しかし、前にも書いた通り、今回の鎌倉行きは完全に衝動的なものだったので、当然ながら写真集は持ってきていません。写真集にあった地図の記憶をたよりに行くしかないので、どうなる事やら。

台峯を望む 北鎌倉駅のホームから台峯を望みます。左手の時計が壁にある建物が北鎌倉女子学園。台峯はこの裏手の山なので、まずは高台の高校を目指します。





北鎌倉駅北鎌倉駅。この駅舎は私が高校の時と全く変わっていません。懐かしい香りが漂う駅舎です。





台峯入り口高校への急坂を登って道なりに更に急坂を登ると、車両通行止めの土の道へと変わります。台峯への入り口です。ここまで来るとちょっと息があがってきました。運動不足だなあ。




グラウンド土の道をしばらく歩くと、突然広大なグラウンドが。高校のグラウンドとの標識がありましたが、体育の授業や部活動でここまで通うとなると、それだけで体力がつきそうです。さて、台峯はこのグラウンドの下の谷戸(やと)のはず。下へ降りる道を探しながら山道を歩きます。




山の道1道も狭くなってきました。しかし、谷戸へ下る道は現れません。行き交う人は全くおらず、ちょっと心細い気が。





台峯展望台から突然展望が開ける場所に出ました。円覚寺の境内を遠望できるこの場所は、隠れた鎌倉の名所。しばらく展望を楽しみました。





山の道2しかしながら、下へ下って行く道は見つからず。ハイキングに適した道ですが、稜線にそってかなりの長さつづいています。





そして、上の写真から100mぐらい歩いた所でようやく下る道を発見。下ってみる事にしました。
が、しばらく行くと道がハッキリしない獣道に。
うーむ、この道でいいのか?
結局、一人きりの心細さと地図がない不安でもと来た道を戻ることに・・。
この下の谷戸だと思うのですが、準備不足ではしかたありません。

台峯の木々このような雑木林が広がっていました。北鎌倉の駅から30分程度の場所とは思えない自然豊かな土地です。





結局1時間半ほどうろうろして、山を下ることに。
今度は準備をしっかりしていきたいなあ。

*追記*
帰宅してから写真集の地図を見ると、やはりあの下りの獣道が台峯の谷戸への入り口でした。残念。
ただ、北鎌倉女子学園の裏手から下るのではなく、もう少し北にある山崎小学校から谷戸に入るのが楽しめるコースだとのこと。やはり、準備は大切ですなあ。つくづく写真集と地図を持って行けばよかったと思いました。

sunnysidec34 at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本名陽子”カントリー・ロード”1995富士/はやぶさ ラストラン