週末3日のニューヨーク株式相場は、米雇用統計で就業者数の伸びが市場予想を上回ったことを受けて大幅続伸した。1万5000ドルの大台を突破。史上最高値を更新した。
 
 4月の雇用統計は、非農業部門の就業者数は前月比16万5000人増。低調の3月の増加幅についても10万人以上に上方改定され、雇用市場が着実に改善しつつあることを示した。「少なくとも米国経済は堅調なことが確認できた」

 さすが強いアメリカの印象。

自分自身のトレードもうまくいきドル円98.200円からのロングで99円でリカク成功です。

今のところ今月も+10万ほど確保できたので、なんとか生きていけるかなと思います