2006年07月23日

GWカウル塗装

白ようやく,,ようやく,
この日を迎えることができました
カウルを完成させて,
無事ぼくのCBRに装着することができました.
あぁ,感無量.
わけあってフロントフェンダーは
まだ付けられてませんが.

協力,応援してくれた家族,友人には,感謝の気持ちでいっぱいです.


やろう!と思ってから1年以上,
妄想,計画,準備に半年,
作業を始めてから3ヶ月,
ついにやり遂げました.
たいした塗装ではないのだけれど.
でも,何事も,やり遂げるってすばらしい.
こんな地道で一人ぼっちな作業でも,
そこはやりたいと思ったら絶対最後までやれる性格です.
そのへんは,自分のいいところだと信じています.


ここで改めて,カウル自家塗装について,その経過と感想をまとめます.

※感動のあまり長文です.読んでくれる人は覚悟して読んでください.

缶まず,用意したものです.
 ・塗装用の台(ダンボールの上面に新聞紙貼ったもの,写真参照)
 ・塗装用スプレー(写真参照)
 ・研磨用の#600〜#2000の耐水サンドペーパー
 ・コンパウンド
 ・カウル補修用パテ(ちょっと割れてたので)
 ・ステッカー
 ・情熱(まじで大事,必須)

※用意したと言っても,塗料は切れて買い足しに行ったりしてました.
白を6缶も消費するとは思ってなかった….



かかった費用は,
 ・水性塗料(白)一缶600円弱,合計6缶=3500円ちょい
 ・耐ガソリンウレタン塗料(クリア)一缶2400円,合計3缶=7200円くらい
 ・耐水ペーパー=安い
 ・コンパウンド 600円くらい
 ・補修用パテ 500円くらい
 ・ステッカー 全部で5000円くらい(?)

作業手順は,
,發箸箸覆襯ウルの表面を600番くらいの耐水ペーパーで傷つける.
▲ウル表面を脱脂する.
サーフェーサー(下地塗料)を適当に吹く.
ぅ機璽侫А璽機爾乾いたら,再度軽く耐水ペーパーで磨く.
ヅ瀕舛鬘寛鵑らい重ね塗り.根気よく.
ε描面のムラ,凹凸などを,1200番くらいの耐水ペーパー
 またはコンパウンドで磨いて調整する.
Г好みでステッカーを貼る.
耐ガソリンウレタン塗料のクリアを吹く(ささっと2,3度重ね塗り).
気がすむまでコンパウンドで磨いたら,完成.

てな感じです.
文字にするとなんか軽いなぁ….
もっと苦労感をにじませたかったんだけど...

イ蓮た週間かかりました.
Г蓮い覆なか緊張します.
┐蓮ぅリアなので,どこが塗れててどこが塗れてないのか分からないという,
非常に微妙な作業となってしまいました.笑

なお,あとで知ったことなのですが,ステッカーを貼るときは,
貼りたい場所に石鹸水をつけた状態でステッカーを貼り,
表面で滑らせながら位置決めをして,
位置が決まったらそこにドライヤーを当てて乾燥させるそうです.
個人的には粘着力がなくなりそうな気がしますが,きっと平気なのでしょう.
たしかに,かなり有効な手段だと思います.
一発で位置決めをするのは,だいぶ大変です.
とくにバイクという性質上,左右対称な部分が多いので,なおさらでした.

耐ガソリン塗料によるクリアコーティングは,
最初に塗る塗料を耐ガソリンにすれば必要ないと思います.
でも,お値段は高いです.
ぼくは白い塗料はホームセンターで買いました.
一缶500円台です.
耐ガソリン塗料は,白は1600円くらい,クリアは2400円もします!
ステッカーの上にクリア塗装してあったらかっこいいし,
白はたくさん重ね塗りするだろうからナ…,
と考えて,今回ぼくはこのような作業手順にしました.
ただし,クリア塗装は塗料の性質上,
時間が経過したあとの重ね塗りができないため,
やり直しなしの一発勝負です.むずいです.
失敗したら,そこまでの全ての作業が無になります.
「もう,どーでもいいや〜,あはは〜」
という勢いがないと,この作業はできません.
だから,耐ガソリンの塗料を初めから塗って,
最後にステッカーを貼って終了,てのもひとつの手です.



ここからは,作業を終えた今の心境です.

そもそも,プロのペイントショップとは違い,
乾燥機能完備の密室で作業ができるわけではありません.
庶民ですから,作業のステージは晴れた日の庭先または玄関先です.
要するに,屋外なんですよ.
風はあります.虫もいます.埃も舞ってます.
風が吹くと塗料は乗りにくいし,
虫がランディングしたら足あとつくし,
埃に至っては塗料の海に溺れてカウルの一部となってくれます.
その上,どんなにがんばって塗っても,
近くで見れば自分で塗ったってのはバレバレのできにしかなりません.

その辺をできるだけ気をつけながら,
時には大きな失敗をして,やり直しを強いられ
(つまり,塗った部分を磨いて落として,再塗装),
日々家族の厳しい視線に耐え,
近隣住民が窓を閉める音は聞こえないフリをし,
それでも,実物大スケールのプラモデルを作るように,
自分なりのこだわりを持って作業を楽しみ,
失敗には多少目をつむり,最後までやりと通せる人なら,
ぜひ体験していただきたいと思います.

今回,どうなるか分からない部分も多い中実際に作業を全てやってみましたが,
正直,大変ではありませんでした.
いろいろほかにやることがあったので時間がかかりましたが,
暇な人なら2週間で完成するでしょう.
費用もたいしてかかりません.
2万円くらいです(これをどう感じるかは個人差はあると思うが).
全ては,情熱があればやりきることができます.

ただし,前述の通り,
やっぱり完成したカウルのできは,所詮は自家塗装です.
随所に取り除けなかった埃がついてるし(笑),
色や質感のムラもあるし,なんかきれいじゃない部分はあります.
でも,自分の手で仕上げた自分だけのバイクっていう感じは,
当然ながらすごくあります.
ただの自己満足ですが,ここまでくるとすごくいい気分です.

最後に,今日の作業風景.
いらないの外したカウル.







裸体すっぱだかCBR.







白参考までに,アンダーカウル.









CBR,整備性くそです.前も言ったかもだが.
もう死ぬまでカウル交換したくない...

けどまぁ,オイルも交換するし,このバイクでまたいろんな所に行ってみたいという気持ちが増しました◎
みなさん遊んでください,誘惑してください.

とりあえず東北&北海道だ!!
転ばないようにしよう…….
この記事へのコメント
最後まで読んだ!

感動が良く伝わった。
こんなん自分でやったらもう愛しくてしゃぁないんちゃう?
俺もカタナをいじりたくなってきた。
-------------------------------------------------------------------------- Posted by うっちーやま at 2006年07月23日 19:49
おつかれさまでした(^ ^)
俺もペイントしたくなってきた.
ボルドールの無限仕様みたく,ブラック&レッドにしたい!!
いいな〜,自分だけのマシンって.
-------------------------------------------------------------------------- Posted by hiradong at 2006年07月23日 20:05
おれは次のペイントは,お金を稼げるようになってからお店で頼むかも◎
CBRに乗り続けてたらね.

まだ気に入らない部分がいくつかあるので,ちょびちょび直して行きますわ〜.
けど,自分だけの色はいいね.
おれはほんとはオールブラックかっこいいと思ってたけど,普通に売られてるからやめたんだ.
それにしても,分かってはいたけど,白は美しさを保つのが大変そうであります...
-------------------------------------------------------------------------- Posted by たつみ at 2006年07月23日 21:56
言い忘れたけど,刀は,いじりがいあるね!
徐々にやってこう◎
とゆうか,一緒に奥多摩とか羽田空港行こう★
-------------------------------------------------------------------------- Posted by たつみ at 2006年07月23日 22:03
いいなー。カウル。俺もアンダーだけラメ塗りたいんだよね。
てか、俺マフラー買っちゃったかも。
-------------------------------------------------------------------------- Posted by たいじろう at 2006年07月27日 00:51
ラメ塗装はむずいよ!

マフラーって,….なに?
-------------------------------------------------------------------------- Posted by た at 2006年07月28日 18:47