仏生山のひまわり畑

仏生山ファームのひまわり畑

<飯山高校農場ひまわり巨大迷路7/5>
<ひまわりの里まんのう 7/9>
毎年楽しみにしていたひまわり畑が
いつのまにか終わっていました。。。。

畑や花壇に咲いているひまわりも良いけれど
”ひまわり畑”をみてみたぁ〜〜〜い!

遅ればせながら
< 仏生山ファームのひまわり畑>へ行ってきました。
DSC00864

旧仏生山農業試験場跡地南エリア
農業生産法人仏生山ファームの管理するひまわり畑
初めてでした。

黄色いボディのコトデン電車がひまわりの向こうを走っている
DSC00866

新設される高松市民病院の工事が間近に見える
DSC00867

7月30日<仏生山ひまわり祭>があるそうです。

この日のひまわり畑は満開までに至らなくて
初々しい?ひまわりたち。
背の高いひまわり達を見上げて

『青い空とひまわり畑を満喫しました。』

高月池の白鳥

高月池の白鳥
4月頃、卵を抱えた親鳥を見てから
久しぶりの高月池

ヒナが2羽大きくなっていました。
DSC00858

mimomitoと散歩
「白鳥がいる、、、コドモの白鳥はわかるね!」

DSC00859
DSC00862

のどかな夏の風景です。

丸笹山へ

2017.7.16(日)
四国百名山丸笹山(1711.6m)
”剣山”や”塔の丸”へは数回行くことがあったが、
近くの”丸笹山”は初めて、、、
登山口から往復1時間30分かからない行程は
簡単すぎて先送りになっていた。
ピークハントを目的に山友5人を誘ってゆっくりの登山
「できれば、”赤帽子山”まで足をのばしましょうか?」
DSC00799

剣山登山口見ノ越の手前
県民森の夫婦池からラ.フォーレつるぎ山(約1500m)
DSC00780

すぐ横に登山口がある。
9:55 3箇所登山口があり真ん中の登山口から
DSC00782

簡単なハイキングシューズでも登れる山だと聞いていた
DSC00787
木漏れ日が気持ち良く
快適な登山道
DSC00789

10:30 樹林帯を抜けると
視界が広がる
DSC00792

”塔ノ丸”向こうに三嶺”が見える!
DSC00794

”剣山” ”リフト西島駅”
”ジロウギュウ”までがくっきりと
DSC00793

先に頂上に着いている友人を追いかける
DSC00795

10:40 丸笹山山頂
45分で登る
DSC00797
三角点
DSC00798

剣山系の360度の大展望を満喫して”赤帽子山”へ
登ってきたルートと違う登山道を下りる
DSC00802
苔むした倒木
DSC00804

鹿の食害が進む植林帯
DSC00806

11:30 赤帽子山まで三分の一程で
雲の動きが気になり引き返すことになる、、
『目的は丸笹山だったから。』
”赤帽子山”はまだ遥か向こう
DSC00811

白骨林と笹原
「良い景色です」
DSC00812

11:57 登山口と丸笹山への分岐
貞光川源流へ「通行止め」の看板があったが、下山してみる。
DSC00815

苔むした神秘的な風景が続く
DSC00818
DSC00819

12:10 貞光川源流の通行止めが見える
DSC00821

難なく渡ることができる
”貞光川源流”
DSC00823

下り道も快適な登山道
DSC00828

12:35 木陰で昼食
DSC00832

13:10 登山口着
DSC00835

友人が剣神社の水汲みをするので同行
見ノ越駐車場は日曜日ということで賑わっていた
DSC00844

剣神社の”宮尾登美子句碑”
DSC00847
美味しい剣山水をペットボトルにゲット!

再びラ.フォーレつるぎ山に戻り
入浴をする
DSC00837

ラ.フォーレつるぎ山の前庭に咲いていた
キレンゲショウマ
DSC00846

キツリフネ
DSC00840

クガイソウ
DSC00841

16:00  ”ゆうゆう舘貞光”でお買い物
DSC00852


===後記===
1週間、里山を含めて山登りを3回以上のワタシは
半月板損傷の為ドクターストップがかかりました。
痛みがひどく強行な山登りを控えていたが、
簡単な丸笹山でも無理がありました。
夏山登山シーズンが始まったばかり、
膝休養の為、当分の間山登りはお休み?
ストレスな日々が続きそうです。。。

ひよこたちのお絵描き

7月に入って
ひよこのお絵描きがありました。 

自宅では経験できない
お友達とママたちの共同制作。
裸になったひよこたちは
用意した絵の具でダンボールに自由に描きました。
DSC00758

DSC00751
DSC00753
DSC00754

ボディペンティングしてしまったひよこたちは
そのままプール遊びです。
DSC00764
DSC00769

真夏のお絵描きとプール遊び
楽しい時間を過ごしました。

鷲ヶ頭山.安神山

2017.6.25
登山学校OB会6月例会
[鷲が頭山(わしがとうさん)] 
愛媛県今治市大三島の最高峰 (436m)
四国百名山のうち比較的登りやすい山と言われる。
DSC00697

瀬戸内海の多島美がパノラマで見ることができる。
この日は2週間前から天気予報は雨天、
少雨決行となっていたので雨具を完璧に!

松山自動車道をおりて今治市街からしまなみ海道へ
高速道路から見た瀬戸の島とガスの神秘的な景色を眺めながら
DSC00636

9:10 大三島”道の駅 御島”
バスを降りて登山の準備
時折小雨?
DSC00642

9:25 大山祇神社へ参拝
DSC00647
"大山祇神社のクス"
DSC00650
 
宝物館の前を抜けて登山口へ
DSC00652

”わくわくパーク” から登山道へ
”安神山(あんじんさん)”へ
舗装された登山道は歩きにくく急峻
雨具を付けて汗をかきながら登る
DSC00659

10:20 <安神山>
DSC00660
DSC00663

見晴らし悪く休憩後、
DSC00665

”烏帽子岩”が見える
DSC00667

稜線歩き
アルペンムードがあるそうだが、視界が良ければ
鷲ヶ頭山のアンテナが見えるはず、、、
DSC00675

10:50 青空が見える!
DSC00676
ガスが遠くなる
DSC00678

鷲ヶ頭林道から山道へ
DSC00682
急峻な舗装道(アスファルトに石を埋め込んだ)は登りにくく
息絶え絶えのワタシ

11:15 電波塔に到着
DSC00684
奥に三角点と山頂があるはず、

展望のない鷲ヶ頭山山頂
DSC00685
三角点
DSC00686

休憩所のような広場で昼食後下山
雨が降らないかわりに湿度の高さに苦しむ。

”ヤマモモの実”
乾いた口の中で甘酸っぱい実が嬉しい
DSC00690

”オカトラノオ”
DSC00694

鷲ヶ頭林道を下山
DSC00696

アルペンムードたっぷりの稜線を歩く
晴天は良いね!
DSC00705
"烏帽子岩"
DSC00707

12:40 安神山を経由して
DSC00711

13:05 ”わくわくパーク”へ着く
DSC00713

13:15 ”生樹の御門(いききのごもん)”に寄る
大山祇神社奥の院に生息しているクスノキの巨樹
DSC00716
DSC00721

13:25 ”道の駅御島”着
甘く見ていたわけではなかったが、
予想以上の湿度と暑さにぐったりでした。
DSC00723

<マーレ.グラッシア大三島>
海水風呂で山の疲れを流す
DSC00727

瀬戸内海の多島美
朝、見られなかった風景
DSC00732

15:20 <さいさいきて屋>
今治市内の直売処へ立ち寄る
DSC00735

少雨決行の計画が好転して
後半は晴天の山行きでした。
『良かったです!』

旬菜小蝶

高松市多肥下町「わしょく家二蝶」の暖簾分け「旬菜小蝶」。
本格日本料理をリーズナブルに提供

山友の激励会を兼ねて
「久しぶりにお会いましょう。」
大人的にゆっくりお話ができる場所を選びました。

<旬菜御膳>
DSC00625

DSC00627
DSC00628
DSC00629
DSC00632
DSC00633

どの料理も薄味で彩りよく満足でした。
個室の空間が落ち着き、
友人とゆっくり話ができました。

パティスリー araki

林町にあるアジアンティックなお店
[パティスリー araki]
DSC00619

六月誕生日のお祝いケーキを買いに行きました。
DSC00618

いつもは人気no.1の”はねフィーユ”を買うのだが、
今回は誕生日を祝っていただくので
少しリッチにケーキショウケースの中からチョイス!
メロン、桃、マンゴーのケーキをそれぞれ買って、
DSC00622

お楽しみ!お祝い会をしました。
芝生のロゴも可愛いです!
DSC00621

<海宝丼>

高松市高松町[活魚問屋 海宝(かいほう)]
DSC00614

11:30過ぎると駐車場が満車で入りにくい。
母と姉とランチに出かける。

三人のお目当ては<海宝丼>
DSC00611
大きな海老天が二匹と野菜天がぎっしり、、、
海老だけでお腹が一杯になる

倉庫の中の店?
天井も壁も飾らない店は
DSC00613

ロケーションの良い場所にある。
池の向こうに五剣山が見え
DSC00616
屋島が見える
DSC00617

”海宝”へ行くと
<海宝丼>を注文してしまう、、、
他にも気になるメニューがたくさん!
次はきっと他のものも食べてみたいです。

ジャカランダが咲く

ジャカランダはオーストラリアに春を告げる花
日本では”ソメイヨシノが咲く”的な?

数年前長崎県でジャカランダの並木を歩いたことがあるが、
ジャカランダの花は見たことがなかった。 

花友人が、レインボー通りの東側の民家に
「ジャカランダの木が満開ですよ!」
半信半疑で出かけ、その民家を探した。
DSC00599

ジャカランダの木は二階建ての屋根を軽く越して
路地からもハッキリと見える。
DSC00600
DSC00601

葉はシダに似ていてとても柔らかい感じ、
木を覆い尽くすほどの薄紫色に
ソメイヨシノのピンク色とは程遠いが
直ぐに散らなさそう、、、

民家の門扉から写真を撮らせていただいたが、
甘い香りが漂ってきた。
『もしかして、ジャカランダの香り?』

奥工石山植物

X-TRAILで[奥工石山(1515.8m)] へ
2017年6月16日
立川から奥工石山登山口の道中

”アジサイロード”の<アジサイ>
DSC00592
DSC00588

<ユキノシタ>
未舗装林道に群生していて
見事でした!
初め”ジンジソウ”かと思っていたけど
簡単な?”ユキノシタ”でした。。。
DSC00583
DSC00585

奥工石山の植物
ブナ林で見つけた!
<ギンリョウソウ>
DSC00552

奥工石山巨岩の祠で
<マイヅルソウ>
DSC00564

<シャクナゲ>
今年はシャクナゲの当たり年でしたね!
DSC00565

<ナナカマド>
DSC00570

梅雨の時期
晴れ間の奥工石山の植物は
夏本番を待っていました。

記事検索
アクセスカウンター

    人気ブログランキングへ
    ブログランキング
    プロフィール

    sunqbaba

    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ