JILL@の熱血クライミング・ダイアリー

日々クライミング中心の生活サイクルで過ごし、さらなる向上心を持ち続ける万年青年の変態的かつ徒然なる想いを綴る。

ボルダー改造その

 ボルダーの全面セットが終わったミストラルに出動した。早速、前回からの続きで青■シリーズをトライした。傾斜がきつくなると、ホールドがガバ系になっていくので、案外登りやすいものもあった
 そうこうしているうちにセンパイの部屋に謎の課題を発見した。赤▲だったが、出だしがテープの張り忘れかという感じで、ホールドが見当たらなかった。しかし、ここはご意見番の見せ所で、閃きがあり、ムーブを起こしてみると繋がりそうだった。F井さんに先を越されてしまったが、私も頑張って解決することができた。次にピンク▲をトライしたが、これだけは何度やっても、いろいろやっても解決に至らなかった。そろそろエネルギーが枯渇するかという時に、水色▲を発見した。これは何かの間違えでは無いのかというくらいに、1回でスパッと登れてしまった。まだまだ盛り上がっていたが、早々に退散した。やれやれでした
ボルダー
130度
ムーブ解析中

劇画の日

 本日ははるばる行田まで出張だった。とっとと仕事を片づけて、任三郎方式で午後から時間を作って、夏の出稽古に正月以来のBe bornクライミングジムへ向かった 久しぶりの店内は、傾斜壁のセットの最中だった。その中に精悍な顔つきの青年がいるなと思ったら、ハリー氏だった。世界のサチ君と一緒にミストラルでトレーニングをして、コンペに臨んでいた時代が懐かしかった。作業の途中だったが、しばし、お話をさせてもらった。
 ボルダーの方は、4〜5級は若干マイルドな手応えだった。一通り感覚を掴んだので、3級にグレードアップさせた。いきなり厳しくなって、どの課題も一筋縄ではいかないものばかりだった。入念にブラッシングして、ムーブを構成し、なんどもトライした。スローパー系のホールドはエアコンが効いているとはいえ、滑ってきてしまい難儀した。どうにか2本は手中に収めたが、ここでギブアップだった。垂壁に移動して、4級のスラブ課題に取り組んだ。先日のミストラルでのトレーニングが活きていて、案外すんなり解決できた。また行こう
ハリー&JILL@

梅雨明け十日

 本日も暑かった。片付けをしていたら、汗だくになってしまった。床屋に行き、午後からのボランティア仕事を終え、夕方になってミストラルに向かった
 新壁の青■シリーズに取り組んだ。スラブチックなムーブは、身体のちょっとした位置でバランスが崩れて、登れなかったり、足位置のほんのわずかな違いで安定したりと、微妙な感覚が楽しめた
 大ハングに移行して、赤×12Bにトライした。順調に進んだが、ハングの中の手順を間違えてしまった。十分に修正できるミスだったが、スッキリと登りたかったので、下してもらった。再トライは十分に余裕を残してリピートできた。このままのペースを維持していきたいところだ
新壁< 新壁
休憩中
青■癸

ボルダー改造その1

 上司においしいとこすっかり持っていかれ、段取りを整えた私は極悪非道の悪者にされてしまった。そんな会議にうんざりしてミストラルに出動した。ボルダー壁が一部セットが行われていた。優しいのを登っていたら、AKIRA登場で、ビレイをお願いした。前回一手インチキしてしまった白バー12Bをトライした。今度はうまく行って、リピートできた
 垂壁でかずえさんとAKIRAが楽しそうにセッションを始めたので、混ぜてもらった。スラブ感覚の微妙なムーブで、バランスの重要性を再認識させられた。まずまずでした

海の日

 本日は、昼過ぎからミストラルに行くつもりだったが、昼寝をし過ぎてしまい、結局3時過ぎになってしまった。タイミングよくウッチーも出動してきたところだった
 エアコンは効いてはいるが、上部は熱い空気が溜まって、ムッとする感じだった。そのうちかずえさんも合流した。私は本日の命題の白バー12Bを狙った。核心で右手がわずかに届かず、一つ手前のホールドを中継に使ってしまった。ごめんなさいということでそのままトップアウトした。プール帰りの渋滞が酷かったので、10Cをいくつか登って終了にした。今日も静かなミストラルだった。
かずえさん
ウッチー
ウッチー

低空飛行

 本日も定例のミストラルに出動した。AKIRA、F井さん、N澤嬢と登った。身体はそこそこ動くが、手のひらが痛くて、耐えられなかった。通常はアップを終えると、馴染んできて何とかなるものだが、今日はどうしても駄目だった。ぼやいていたらN澤嬢に『しっかりしろ』と発破をかけられた。仕方ないので、懸垂と腕立て伏せをしてお終いにした。とほほほ

ジェットコースターの日

 猛暑日を記録した本日も、恐る恐るミストラルに出動した。エアコンが効いていて、案外快適だった。北壁でアップを開始したが、上に登るにしたがって、空気が熱を帯びてきて苦しかった。
 大ハングに移動して、11Bから始めて12Aまでグレードを上げていった。1回登るごとにエアコンの吹き出し口に手を当てて冷やしていた。本日の命題のアキラ作12Bをトライした。1回目は軽快に進んだが、ハングの抜け口で使用するフットホールドを間違えてしまった。その場で下してもらい、2回目に登ることができた
 そうなるとルート作りに移行して、大ハング脇のフェイスにガバをつないだルートを完成させた。早速NJにトライしてもらったが、最終パートの手順を誤って墜落となった。再度私も登ったが、途中のフットホールドがかなり無理な位置にあったので、修正した。K氏にも登ってもらい赤十字10dに決定した。猛暑の中なので若干甘目のグレーディングという感覚だった。ご賞味ください
Shall we dance?
NJ
新作

ミストラル15周年・大雨特別警戒!

 本日でミストラルも15周年を迎えた。相変わらず飽きもせずに通いこんでいる。スタートした当時の仲間たちはほとんどいなくなってしまったが、新しい出会いもあり今日に至っている。今後はどのようになっていくか、かなり不安な面もありが、クライミング人生集大成の目標に向けてがんばっていくつもりだ。
 
 台風から引き続き激しい雨が降っている。本日も定例のミストラルに出動した。湿度がかなり高く、ロープを手繰る手も痛かった。北壁に陣取って10Dを片っ端から登り続けた。アキト作黒バーは秀逸で、あんまり楽しいから2回も登ってしまった。最後はスラブの11Aにしてやられた。次回リベンジしよう。

文月・三人寄れば文殊の知恵

 本日も湿度100%のなかミストラルに出動した。岩場オーラを発しながら登っているペアがいるなと思ったら、松ちゃん夫妻だった。北川からの転進ということだった。ほば1年ごとに岩場やミストラルで会っている感じだ。しばし、近況報告やあの人は今的な話をした
 不慣れな大ハングであったが、そこは岩場で鍛えた強さでガンガン登っていた。私もつられて12Bをメインにかなり登り込むことができた。この時期なのに、結構唸りながら出し切ることができた。
 そろそろ帰ろうかという頃に、任三郎と社会派K氏がちゃぶ台の上にあったなぞなぞを発見した。3人であーだこーだと知恵を出しながら、結構盛り上がってしまった。筋肉も脳みそも鍛えられた日だった
ペア
ペア
ERIさん
松ちゃん

6月晦日

 本日で今年も半分が終わってしまった。会食会があったが、早々に終わったので、これはチャンスとミストラルに出動した。案外賑わっていた
 先日閃きの有った、大ハング脇フェイスに新ルートを設定した。レストポイントからのムーブが核心となった。11A/Bぐらいの感覚だった。ここは再登者の意見を待ちたい。かなり久しぶりに閉店まで居てしまった
新作課題
 
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ