食べ散らかし

ラーメンをメインに、肉やらなんやらと基本的にはなんでも食べます。ギャンブル場やカラオケ等の娯楽施設、なんでこんな所にあるの?というような立地条件の店などなども紹介出来たらいいかなと。 どこ出身のお店とか出汁が具体的にはなんだとか細かい事は知りません。その時食べたいと思って食べた物がどう感じたかの感想を書いていきます。

いやいやいや、やばいやつ頼んじゃった。とんでもなく辛い。辛さを表す唐辛子マークが一つしかなかったから激辛ではないだろうって思ったのに、いやいやいや。辛くないか激辛かしかないのか。やばいから注意してねってマークだったっぽい。

●万豚記(アーバンドックららぽーと豊洲店)の牛肉麻辣煮込み麺1280円+税

土鍋で登場。ぐつぐつ煮立っています。煮立つほどの熱々+激辛ってやばいんだよなぁ。とにかく見るからに真っ赤で、粉唐辛子だけじゃなく、実も丸ごと入っています。それも一本二本ではなく、おたまで掬うとごろっと出てくるくらい。

万豚記(豊洲店)171208 牛肉麻辣煮込み麺1280円+税 (2)


唐辛子の他は牛肉やきくらげといったラーメンっぽい具材の他、白菜や玉ねぎがたっぷり入っていて鍋みたい。

万豚記(豊洲店)171208 牛肉麻辣煮込み麺1280円+税 (1)


具の一個一個が大きくて、きくらげとかすごい弾力。牛肉は外側ぷるぷるで甘いので、激辛スープの中における癒し。

万豚記(豊洲店)171208 牛肉麻辣煮込み麺1280円+税 (4)


麺は全体的に柔らかく、外側はぷるぷる食感で一本一本が長い。とにかく熱も辛さもどちらも完全に拾ってくるので、勢いよく啜る事は厳しい。スープだけじゃなく、麺もしっかり激辛になっているので啜るというよりは齧る。

万豚記(豊洲店)171208 牛肉麻辣煮込み麺1280円+税 (3)


最後の方は痛くなってくるレベルの辛さだったけれど、確実に旨さはあった。なんならスープだけをライスにかけて食べても美味しいのだろうけれども、ライスをそんな風に使うわけにはいかなかった。ご飯の甘さも大事な癒し。


【店舗情報】
住所:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲3階
営業時間:11:00~23:00
定休日:無

(執筆日:2018.01.08)

人気ブログランキングへ

万豚記(アーバンドックららぽーと豊洲店)171208 (4)

どこにでもありそうな名前だし店構えもチェーン店っぽいけどチェーン店ではなさそう。なんなら探せばいくらでも同じ名前の店がありそう。中華料理屋ってそういう店が多いよなぁ。

●府中にある麻辣房の四川担々麵+焼き餃子セット900円


名前だけじゃなくてビジュアルも所謂な四川料理屋って感じ。しかし、麻とか辣とかって名前を店名なりメニューなりに入れている四川料理系中華料理屋って割と本気で効かせてくるから、その辺りは期待できる。むしろ所謂で構わない。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (1)


サラダは大根サラダ。これはあれば食べるけど無くても良いかな。常温でぬるい。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (3)


皮がぱりぱりの餃子。餃子も食べたいけど、餃子定食って気分ではない。しかしラーメンだけって気分でもなかったので、こういう小鉢的な餃子がありがたい。何かもう一品くらい欲しいって時は結構あるから、半炒飯とかも良いけれど、そこまで大きくなくていいから点心を数個下さいみたいなニーズにぴったり。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (4)


ライス。水分少な目のパラパラで良い。水分が少ない分、担々麵の旨辛スープをきっちり吸ってくれる。餃子と合わせるも良し、ラーメンと合わせるも良し。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (5)


メインの担々麵は最初の一口目がぬるかったのでハズレを引いたかと警戒したが、ただただ麺の量が多いだけだった。スープからやや出ている部分はぬるめだけど、スープに浸かっている部分は熱々というラーメンの半身浴状態。スープもしっかり熱々。麺だけではなくもやしも多め。辛いスープともやしは良く合う。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (2)


麻は控えめ、辣強め。しかし、その強めの辣も最初からスープ全体が辛いのではなく一つの塊として固められているので、辛いのが強い人は一気に溶かせば良いし、苦手な人は取り除けるという配慮が素敵。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (8)


麺はやや硬めの麺で、麺自体が特別美味い不味いは無い。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (9)


杏仁豆腐。中華料理屋で良く出てくる硬いやつ。

麻辣房 四川担々麵+焼き餃子セット900円 (7)


メインの担々麵のスープが美味かったなぁ。スープだけでライスが食える美味さ。オフィス街や学生街で見かけるあれもこれも付いて山盛りで500円600円とかいう謎のランチ定食を提供しているような中華料理屋とは違った。

【店舗情報】
住所:東京都府中市宮町1-100 ル・シーニュ1階
営業時間:11:00~22:30
定休日:不定休

(執筆日:2018.01.08)


人気ブログランキングへ

●調布にある台北飯店の木くらげ豆腐丼と半ラーメン840円

きくらげ丼ってどんなんだ?というか豆腐ときくらげだけでおかずになるのか?というのが気になって注文してみたら、凄いのがきてしまった。メインの丼は見るからに特大。きくらげも豆腐もビッグサイズでたっぷり、ご飯の量は1.5人前くらい。器も相応にビッグサイズ。ラーメンも半どころではない、一人前はありそうなサイズが半ラーメンとして登場。

台北飯店 木くらげ豆腐丼と半ラーメン840円 (3)


とにかくきくらげも豆腐も油たっぷりで器もギトギト。しかし、これならきくらげも豆腐もおかずになるなというくらいの味の濃さ。油だけではなく、生姜焼きのタレみたいなものもかかっている。普通に豚肉も入っているし、おかずに困る事はない。

台北飯店 木くらげ豆腐丼と半ラーメン840円 (4)


ご飯にもタレがたっぷり油もたっぷりでなんなら油とタレのかかったご飯だけでも完食出来そう。

台北飯店 木くらげ豆腐丼と半ラーメン840円 (6)


ラーメンの方も油たっぷり。ベースはすっきりとした醤油ダレのスープなんだけれど、もやしががっつり油油していて、その分の油がスープに浸透している。

台北飯店 木くらげ豆腐丼と半ラーメン840円 (1)


きくらげと豆腐をラーメンに移しても、ご飯のおかずに困る事はない。

台北飯店 木くらげ豆腐丼と半ラーメン840円 (7)


暴力的なセットメニューだったけど、美味い。とにかく油とタレがあれば良いのではないかというような大味だったけど、そういうのがシンプルに美味いわけで。お店の人は多かったら残しても良いと言ってくれたけど、とんでもない。確かに量は多かったけど美味しかったので完食。


【店舗情報】
住所:東京都調布市小島町1-34-13
営業時間:11:30~14:00(共通)/17:00~翌2:00(月~土)、17:00~翌0:00(日)、17:00~翌1:00(祝)

(執筆日:2018.01.08)

人気ブログランキングへ

台北飯店 (1)

↑このページのトップヘ