食べ散らかし

その日に食べた物の記録。割となんでも食べます。どこ出身のお店とか出汁が具体的にはなんだとか細かい事は知りません。その時食べたいと思って食べた物がどう感じたかの感想を書いていくだけ。

2015年01月

お腹の調子は良くないけどほどほどに辛いのが食べたいと思っていた時に町田限定のそこまで辛くなさそうなメニューが。これはちょうど良いとばかりに即決。限定というのもそそられるポイント。


・蒙古タンメン 中本(町田店)の杜氏味噌ラーメン780円+プチ麻婆丼120円

蒙古タンメン(中本町田店) 杜氏味噌ラーメン+プチ麻婆丼


蒙古タンメン(中本町田店) 杜氏味噌ラーメン780円


プチ麻婆丼よりもマイルドなこの杜氏味噌ラーメン。基本的には味噌ラーメンと思って間違いなさそうです。味噌ラーメンにピリカラ+酒粕のアクセント。全体的には味噌だれの甘さが強く、続いてほのかなアルコールの香りとほんのりとした辛さのスープ。どうやら酒粕が入っているようだがアクセント程度なので味が壊れる事もなく酒臭いということもない。表面にかかっている黒い液体は恐らくマー油でしょうか。香ばしさを加える事で味噌の甘みも引き締まり、甘ったるさが無くなる。

蒙古タンメン(中本町田店) プチ麻婆丼120円


蒙古タンメンのプチ麻婆丼はどこの店舗でも変わらぬ安定の旨辛ですね。辛いながらもほのかな甘みと確かな旨味が感じられるトロッとした餡。そのままライスと合わせてかきこんでも良し、ちょっとラーメンに乗せてみても良し。甘みの方が強い杜氏味噌ラーメンの辛さ調整用として使ってみるのも有り。


ここは店員の質が非常に高く、その点が限定メニュー以外のポイント。動きがとにかく素早く出来ている列も何のそのっていう感じ。元気で明るく、接客されていて気分が良くなります。味も大事だけど店の雰囲気も大事ですね。 


【住所】 
東京都町田市中町1-1-3 町田リラビル1F 

蒙古タンメン(中本町田店)
 

府中駅北口から徒歩3分足らずの所にある味良しCP良しの名店。

・中華そば とんび(府中駅)のつけそば700円(大盛無料)

中華そば とんび(府中駅)のつけそば700円(大盛無料) (2)


目立つのは油揚げ。スープ、麺どちらに合うわけでもない箸休め的な存在だがこれが美味しい。
同じ味のスープで麺を食べ続けている時にいきなりドカンとくるこの油揚げは頼もしい。この油揚げに麺を押し付けると炙った油揚げの香りだけが移ってそれもまた美味い。

中華そば とんび(府中駅)のつけそば700円(大盛無料) (1)


麺はつるつるもちもちで美味しいのだが、この麺の主張が強すぎてつけダレとあまり馴染まない。
うっすらとスープがつく程度で気付けば麺の味をそのまま食べている感覚になる。

中華そば とんび(府中駅)のつけそば700円(大盛無料) (3)


スープはかなりさらっとした口当たりでまろやかなWスープ。魚介の方が強め。
酸味がちょっと強めでほんのりと辛い。甘さは控えめ。

中華そば とんび(府中駅)のつけそば700円(大盛無料) (4)


この店のラーメンは本当に美味い上にCPもいいのだけどつけそばは正直な所微妙かなと。
麺・スープ共に問題はないのだが相性が悪いのだろう。最初からスープ割を投入しているの?って思う人もいるかもしれない。


【住所】
東京都府中市府中町1-5-6 

直前にラーメン二郎(JR西口蒲田店)でラーメンを食べたものの、二郎とは呼べないような量だったのでまだ小腹が空いてます。
軽く何か食べられないかなという事でこちらへ。常に店内満席の人気店でこの日も外で待っている方がちらほらと。ただし、それは座れる席に限った話です。椅子無しの立ち飲み席であれば当日でもひょこっと入れたりします。そんなわけで今回は椅子無し席です。


俺の焼き鳥(蒲田店)でちょい呑み

頼んだ食事はデザート込みで4点。それにプラスお通しです。

・お通し
お通しからしてオシャレ!ひんやりとしたチーズソースの上には皮ごと食べられる葡萄・マスカット・チーズ。
葡萄・マスカットの酸味とチーズの甘みが融合して美味い。こういうお通しは嬉しいですね。

俺の焼き鳥 お通し


・ひとくちフォアグラ照焼~大根添え~380円
俺の○○系列は「この価格でこれが食べられるの?!」というメニューが多いですがこれもそうですね。 380円でフォアグラが食べられる!甘いタレが美味しくて最高!! 
冷めているわけではないですが、ちょっと温度が低めの仕上がり。食事というよりは本当にちょい呑みっていう感じになります。 

ひとくちフォアグラ照焼~大根添え~380円


・海老とマッシュルームのアヒージョ630円
常日頃からアヒージョが食べたいとか考えている人間ですが、こういうお店で食べられるなら当然頼みます。
オイルたっぷり、具沢山で頼んで正解。ニンニクは控えめだったと思うのですが、まさか直前に二郎を食べていたせいで控えめに感じただけとかではないですよね?控えめで間違いない。はずです!

海老とマッシュルームのアヒージョ630円


・本日のおまかせ五本盛(塩) 350円

俺の「焼き鳥」というお店なのに焼き鳥を頼んでいなかった事に気付く。
フォアグラ食べたい!アヒージョ食べたい!も結構ですが、焼き鳥食べないとダメでしょうという事で焼き鳥も抑えておきました。こちらもやはり熱々ではないです。
 
本日のおまかせ五本盛(塩) 350円


・柚子シャーベット280円
全体的にどれも味は濃い目です。となれば、最後に柚子シャーベットですっきり。
柚子の香りが本当に強くて爽やかです。

柚子シャーベット280円


椅子の数を減らす事でコストを抑え、その分美味しい料理を安価に提供出来るというシステムでしょうか?
立ち席で長居も疲れるという事で客の回転も速い事でしょう。その辺りも安価に提供出来る理由の一つでしょうか?
こちらとしては立ち席でも全然かまわないのでありがたい事です。 どうしても座って食べたいのであればそれこそ事前予約ですね。


【住所】 
東京都大田区蒲田5-26-5 

俺の焼き鳥
 

ラーメン二郎(JR西口蒲田店)の小ブタ(ヤサイニンニクトウガラシ)830円

ラーメン二郎(JR西口蒲田店) 小ブタ830円(ヤサイニンニクトウガラシ)


☆麺
デロほどではない柔麺。細くて量も少なく物足りなさが残る。  

ラーメン二郎(JR西口蒲田店) 小ブタ830円 003


☆スープ
乳化5:醤油5くらいのバランススープ。液体油も多くパンチが強い。二郎ってどんな味?と聞かれたらこの店舗のスープはテンプレとして紹介出来る。  

☆ニンニク
辛さ・香り強めのニンニクが多量。ニンニクレベルは高い。  
 
☆豚 
ややしょっぱめも醤油によく漬け込まれた美味しいチャーシュー。 豚ではなくあくまでもチャーシューとするのは厚さが二郎の豚とは到底言えない薄さの為。  

ラーメン二郎(JR西口蒲田店) 小ブタ830円  002


☆野菜
麺の少なさをカバーする為に野菜コール必須。コールしてもまだ少ないくらいなので、コールしないままだと麺だけではなく野菜すら物足りなくなるので量を求める二郎としては致命的。固さはシャキシャキというよりも、単純に茹で不足でスープに馴染まない。  

☆盛り 
器の淵が多少汚れてはいるものの綺麗。量が少ないのだから当たり前と言えば当たり前。  

☆その他
この店舗オリジナルのトウガラシコール。卓上には何もないのでコールの際にトウガラシを告げないと素二郎になります。ここのトウガラシは美味しいのでトウガラシコール推奨。  

 
量・味・チャーシューどれをとってみても元鶴見の店主だなってはっきりわかる仕上がり。味はいいんだけど他が物足りないという二郎。初めての人がここで二郎を体験したら「何?二郎とか余裕なんですけどwww」とかなっちゃう。その流れで野猿とか行ったら撃沈確定。 
 
まだ一応新店舗なのにファーストロット過ぎたら列はないし空席すら目立つっていう状況はあまりよろしくない。鶴見の味を知っている人はまずリピートしないから仕方ないのかな?  


【住所】 
東京都大田区西蒲田7-6-9 

お?どうやらラーメン屋があるようだな?

ラーメン鳥竹 (1)



お?


ラーメン鳥竹 (2)



おお?


ラーメン鳥竹 (3)



おお?!



ラーメン鳥竹 (4)


・京急川崎駅にあるラーメン鳥竹のラーメン220円

この時は区画整理中だったので「お?おお?!」なんていう程の物でもないですが、以前は駐車場にそびえ立つ一軒のラーメン屋という感じでそれこそ異様な佇まいでした。銀板で綺麗に整理されているので、一見すると普通のお店のように見えますけど、一応ここ駐車場(コインパーキング)なんです。 とはいえ充分異様っちゃ異様。ラーメンは驚きの安さ220円。ラーメンの他には缶ビールと缶チューハイ、おつまみ的な存在としてベビースターラーメンが置いてあります。


ラーメン鳥竹 (7)
 

味の方はというと、まずスープは袋麺の粉末スープのような味。チャルメラ程は濃くないからサッポロ一番の方かな?勿論袋麺そのままという事はないだろうし、あくまでもその系統の味ということで。ただ、仮に袋麺であったとしても幾分か手が加えられているのが確認出来る。表面にはごま油のような香ばしい香りのする液体油がうっすらと敷かれている。

ラーメン鳥竹 ラーメン220円


もやしもごま油で味付けされているようで、その分スープに関わる油の量が増えるし、韓国のりの塩分と油分もあるので結構濃いめのスープとなっている。トッピングだが220円にしては種類が豊富。先述したもやしと海苔の他に薄く輪切りされた卵とメンマ、更には担々麺くらいでしか見られないような珍しいチンゲン菜。

220円でこれなら充分ではないでしょうか。安くても美味しいラーメンを提供したいという店主の心意気が感じられます。 これ一杯だと流石に物足りないのでなんらかの2軒目にオススメ。ちなみにトイレは小のみ使用できます。

ラーメン鳥竹 (8)



【住所】
神奈川県川崎市川崎区東田町9-3 

この辺りに何があってこうなったのか等知りたい方は「川崎案件」で検索してみるとわかります。 


ラーメン鳥竹 (5)
 

↑このページのトップヘ