県営ホテルに泊まってきました。県営ホテル、果たしてどんなものなのかと。プランはお土産&朝食付きプランで8600円。少々お高いですが泊まった日は土曜日で基本的にどこのホテルも高くなる曜日。加えてこの辺り一帯お手頃なホテルが殆ど無い。あるとしても高級ホテルばかり。高いようで実は妥当かもしれない。


●東京都港区にある東京さぬき倶楽部のうどん定食


東京さぬき倶楽部 うどん定食(朝) (4)
内容は温うどん、サラダ、小鉢、漬物、御飯。御飯は付けない事も出来ます。御飯に合わせられるようなおかずも特にないので御飯は無くても良いですが、せっかくなので御飯も付けて、最後にうどんのつゆにぶっこんで雑炊風に。


東京さぬき倶楽部 うどん定食(朝) (2)
鰹が軽くふわっと香る、あっさり醤油系のおつゆ。あっさり具合は関西風に近いうどん。


東京さぬき倶楽部 うどん定食(朝) (7)
朝でも変わらずコシがあってもちもち、つるつるのうどん。喉越しが良い。


東京さぬき倶楽部 うどん定食(朝) (3)
ポテサラ付きサラダ。ドレッシングは中華ドレッシングでキャベツの下に敷かれています。


東京さぬき倶楽部 うどん定食(朝) (5)
業務用漬物。


東京さぬき倶楽部 うどん定食(朝) (6)
もやしとほうれん草の和え物。かろうじて御飯のおかずになる。


うどん以外は至って普通な朝食。無料だから良いですが、追加料金を払っていたとしたら厳しい内容。


☆宿泊利用の感想☆


東京さぬき倶楽部 (3)
造りはビジネスホテルに近いですが、ビジネスホテルとはまた違った味のある佇まい。チェックインする前から結構わくわくする。


東京さぬき倶楽部 (4)
広々ロビー。ここまではずっとわくわくしっぱなし。


花季月 (1)
チェックインは14時からと早くて有難い。到着はそれよりも早く着いたので、時間つぶしがてらホテル内にあるレストランで昼食(記事リンク)。朝食会場も同じレストランでの提供になります。そして昼食を終えてチェックイン。部屋はバス・トイレ無しとはいえベッドがなんと三つの部屋。三つ全部使うわけではないですが、広々とした部屋を期待。


東京さぬき倶楽部 (11)
まさかのベッドだけで完結してしまっている部屋。所狭しとベッドが三つドン、ドン、ドン。これは驚いた。


東京さぬき倶楽部 (25)


東京さぬき倶楽部 (33)
ベッド3つの他には小さいテレビがあるだけの部屋でバス・トイレ無し。冷蔵庫も無し。まさかの天井からの灯りも無し。灯りはスタンドライトのみ。


東京さぬき倶楽部 (27)
倉庫か何かを改装してベッドを並べただけの部屋ではないのか?と思ってしまう。写真は天井の写真。


期待しすぎたのが良くなかったか、がっかり感は否めない。チェックアウトも11時とゆっくり出来ていいなぁと思っていたのですが、8時の時点でフロアの掃除機の音がうるさくてもうひと眠りというのが出来ないのが辛い。これで8000円越えるのはちょっとなぁと思ったが、その辺りは仕方ないのだろう。もはやあれこれ綺麗にする力はないのだろうし、それでも維持し続けるには宿泊費は少々お高く設定せざるを得ないのだろうなぁと勘ぐってしまう。ただ、立地的にはこの辺りに泊まりたいという人は助かるホテルだと思います。


【ホテル情報】
住所:東京都港区三田1-11-9
チェックイン:14時~
チェックアウト:11時
朝食時間:7時~9時
最寄り駅:麻布十番駅

(執筆日:2020.02.06)


人気ブログランキングへ