食べ散らかし

その日に食べた物の記録。割となんでも食べます。どこ出身のお店とか出汁が具体的にはなんだとか細かい事は知りません。その時食べたいと思って食べた物がどう感じたかの感想を書いていくだけ。

カテゴリ:ラーメン > ラーメン(東京都中央区)

●油そば専門店 ぶらぶら(京橋店)の油そば690円

油そば専門店 ぶらぶら(京橋店) 油そば690円 (1)


・タレ

醤油を程々に感じるがしょっぱいわけでもなく甘いわけでもなく、ほんの少し鶏を感じ、醤油の油そばだなという普通の感想に収まる。良い悪いではなく油そばを食べているんだなという域を出ない。

・麺

大盛は無料でしたが今回は並で。並にすると念の為なのか、大盛じゃなくて良いのかどうか尋ねられる。大盛無料に気付かない人もいるでしょうし、そういう細かな心遣いは客側としては嬉しい。食感はつるつるとはしているがもちもち感は無く、ややぼそぼそ気味。チャーシューを炙った際についでに炙られた部分が良い香り。

油そば専門店 ぶらぶら(京橋店) 油そば690円 (3)


以前食べた秋葉原店(記事リンク) はたまたま味が濃い方向にぶれていただけなのか、同じ店とは連想が出来なかったくらい別物。油そばだなという感じでそれ以上もそれ以下でもない。ただ、店員の手際の良さには感心する。ちょうど食べ終わるかなというタイミングで何も言わずとも割りスープのポットが前に出される。


【店舗情報】
住所:東京都中央区京橋3-3-12
営業時間:11:00~24:00
定休日:無
最寄り駅:銀座一丁目駅

(執筆日:2019.12.28)

人気ブログランキングへ

油そば専門店 ぶらぶら(京橋店) (1)

750円までのラーメン+ミニ豚丼かミニ明太子丼が付くセット。今回は基本メニューの香味徳(鳥取ゴールド)にミニ明太子丼の選択。

●銀座一丁目にある牛骨ラーメン 香味徳のランチA800円

牛骨ラーメン 香味徳 ランチA800円 (1)


・スープ

カルビクッパのような牛の脂の甘さと香りが強く、唇がぺたぺたする強い油が多分に浮かんでいる。しかし、油の強さに反して意外とあっさり。確かに甘いし香りは強い、けれどすっきりとしている清湯スープ。とはいえ、油は油なので終盤は結構重い。

牛骨ラーメン 香味徳 ランチA800円 (2)


・麺

軽く縮れているが、基本的にはストレートな細麺。もちもち食感でコシもある。油が強いので当然ながら麺にも油が絡んでいて、麺自体が甘く感じられる。

牛骨ラーメン 香味徳 ランチA800円 (4)


・具入りラー油

フライドガーリックの入った具入りラー油。ただでさえ油が強いスープにラー油なんて入れてしまったらもう大変。けれどもこれが美味い。

牛骨ラーメン 香味徳 ランチA800円 (5)


・ミニ丼

ぶよっとした御飯に乾燥しきった刻み海苔が張り付いてしまっているよろしくない状況。ネギも乾燥気味、量もミニとはいえミニすぎる量。ラーメン単品に50円足してのセット価格なので50円分の価値かと言われると、50円も出したくないクオリティー。

牛骨ラーメン 香味徳 ランチA800円 (3)


お手軽に鳥取県ご当地グルメが食べられる利点がある。丼はいらなかった。


【店舗情報】
住所:東京都中央区銀座1-13-6
営業時間:11:00~23:00
定休日:無
最寄り駅:銀座一丁目駅

(執筆日:2019.12.20)

人気ブログランキングへ

牛骨ラーメン 香味徳 (4)

「きんまる」と読むそうです。

●銀座一丁目にある久留米らーめん 金丸のらーめん700円+小ライス100円

久留米らーめん 金丸 らーめん700円 (1)


・スープ

塩気も感じますし豚骨もしっかりと感じられるけれど、しょっぱくないし臭くもなくクセも無く。意外とあっさりとしていて飲み易いスープです。油も程良い。醤油の甘さも効いています。

久留米らーめん 金丸 らーめん700円 (2)


・麺

普通でお願いして柔らかめ。麺自体から甘さを感じられるので、どちらかと言えばまろやかで甘い部類のスープに良く合っています。

久留米らーめん 金丸 らーめん700円 (3)


・卓上

生ニンニクがあります。あるなら入れるしかないですね。他は紅ショウガと辛子高菜が置いてあります。紅生姜の方は専用の箸が用意してあって取りやすいです。辛子高菜の方はというと、辛子高菜が入っていたんだなと思しき残骸があっただけで補充されていなかったので、実際どんな物だったのかというのはわかりません。

久留米らーめん 金丸 (4)


・ライス

水分量が多くべちゃっとしたライス。麺やメンマと合わせて食べるには厳しいのでスープをたっぷりかけて雑炊風にするしかない。

久留米らーめん 金丸 小ライス100円


辛子高菜を食べてみたかったなぁとは思いましたが、ラーメン自体は美味しかったので満足です。

【店舗情報】
住所:東京都中央区銀座1-13-9
営業時間:11:00〜28:00(平日) 、11:00〜22:00(土日)
定休日:無
最寄り駅:銀座一丁目駅

(執筆日:2019.12.15)

人気ブログランキングへ

久留米らーめん 金丸 (2)

これと言ったラーメン屋が見つからない銀座エリア。

●城南らーめん 紫龍(東銀座店)のらーめん680円+ランチタイム半餃子100円

城南らーめん 紫龍(東銀座店) らーめん680円 (1)


・スープ

液体油も背脂も多く、背脂の甘みが強い。また、スープに溶かしたニンニクも臭いとは感じないが充分に強く、スープ自体に旨味は感じられないのにそれなりにコクがあるように感じられる。背脂もニンニクも食べ終わる頃まで存在感を出してくれている。塩気もそこそこ強いので、旨味が弱い分物足りなく感じるはずの所を諸々の何かでカバーしている。不味くはないが決して美味いとは言えない。ただ、この辺りの選択肢としてはまた使っても良いかと思わせるには充分な味。

城南らーめん 紫龍(東銀座店) らーめん680円 (2)


ちなみに、食券を渡す際にニンニクの有無や背脂の多さを聞かれるが、ニンニク無しで背脂少なめにしたら、きっとこのスープはただ味が薄いだけのスープになってしまうだろう。

・麺

食券を渡す際に中太麺か細麺か聞かれるので今回は中太麺を選択。やや平打ち気味な中太麺で、加水率が低めなややぼそっとした感じの麺。ニンニクやら油やらと色んな味があるスープだし、スープを吸収するという意味では悪くない組み合わせではないかと。

城南らーめん 紫龍(東銀座店) らーめん680円 (3)


・半餃子

全体的に硬めの皮。中は肉汁程々でサイズなりに具がたっぷりの悪くない一皿。

城南らーめん 紫龍(東銀座店) ランチタイム半餃子100円


・ライス

ランチタイムは無料サービスでライスが付けられます。程々の水分量でラーメンに合わせるにはちょうど良いライス。卓上には辛子高菜もあるので、辛子高菜と合わせて食べるにも都合が良い。


ライトの家系とは違うし豚骨醤油ではあるが豚骨醤油ラーメンというには醤油が弱い。背脂らーめんと呼ぶのが正しい一杯だった。

【店舗情報】
住所:東京都中央区銀座3-10-18
営業時間:11:00~24:00
定休日:無
最寄り駅:東銀座駅

(執筆日:2019.07.14)

人気ブログランキングへ

城南らーめん 紫龍(東銀座店)  (5)

夜は居酒屋としても営業しているようです。

●八丁堀にある博多流 斗樹(八丁堀店)のとんこつらぁめん700円


博多流 斗樹(八丁堀店) とんこつらぁめん700円 (3)


・スープ

臭みのないクリーミーでマイルドスープ。油も感じるが唇がペタつく感じはなく、粘度は低めでさらっとしていて飲み易い。当然のように薄味ではあるが、旨味はかなりしっかりとしていてあっさり薄味スープなのに飲み応え有り。油の代わりというわけではないだろうが、スープ表面からペタペタではなく、コラーゲンのようなぷるぷるとした印象が与えられる。

博多流 斗樹(八丁堀店) とんこつらぁめん700円 (4)


・麺

硬めでお願いしたわけではないので硬いと感じる事はないが、それなのにポキポキとした食感が伝わってくる歯切れの良い硬さ。コシもしっかりとしていて美味しい麺。

博多流 斗樹(八丁堀店) とんこつらぁめん700円 (5)


・ライス

ランチタイムはセルフサービスという事で、炊飯器が置いてありました。卓上にはピリ辛もやしが置いてあるので有難いサービス。

博多流 斗樹(八丁堀店) とんこつらぁめん700円 (1)


・卓上

なんとピリ辛もやしが置いてあります。ラーメンと合わせるのも良いですが、やはりライスのおかずとして食べたくなりますね。辛子高菜はないですが、基本のラーメンが一風堂より安いので一風堂よりも使いやすい?ニンニクは生ニンニクが置いてあります。

博多流 斗樹(八丁堀店) (2)


ライスとピリ辛もやしが付いて700円と考えると安い。


【店舗情報】
住所:東京都中央区新富1-19-2
営業時間:11:00~15:00/15:00~23:00、24:00
定休日:日祝
最寄り駅:八丁堀駅

(執筆日:2019.02.11)

人気ブログランキングへ


博多流 斗樹(八丁堀店) (4)

↑このページのトップヘ