美容整形 韓国

美容整形で韓国の整形について興味深々の女の子が情報を発信していきまーーす♪

美容整形市場 韓国



韓国における最近の美容整形手術ブームは、単なる美の追求、というような美しくなりたいという欲望のためだけではないように見えます。本当に誰でも関係なく、映画や漫画の中に出てくるような人形のようなスタイルと顔を持ちたいと努力します。特に理想的な美が単一化しているためでしょうか、まるで工場でロボットを作るかのように自分の体と顔を作ることを気軽に行っています。米紙ウォールストリート・ジャーナルも、韓国女性における美容整形の実態について特集記事を掲載したほどです。

この米紙の記事のリードには太いふくらはぎにうんざりしている韓国女性たち、神経をマヒさせ筋肉を削る美容整形手術に解決策を求める見出しを飾りました。外国人は異常に思うのでしょう、足が太いといわれるのが嫌で筋肉の一部を削った美容整形手術をしたという韓国女性の例を、記事の冒頭で紹介しました。韓国女性は西欧における美人のイメージそのままに、鼻を高くし、あごを削り、目を大きくさせるという記事も付け加えてあります。

美容整形手術へと向かう美容整形大国において、嬉しい悲鳴を上げているのが美容整形専門業者ではないでしょうか。行列ができるほどなのです。韓国の美容整形市場は年5000億規模といわれています。性器の業者に加えて無免許施術など、アンダーな部分まで合わせると年間3兆ウォンを超えると予測されているのです。診療科目に美容整形手術と看板を掲げている非専門医がいる病院やビューティクリニックや、さらには無免許整形業者まで加わっているといいます。

韓国全国の美容整形外科開業医数は467カ所であるといいます。ソウル地下鉄ある駅で、目に入った美容整形外科の看板の数だけでも10カ所ほどだといいます。ソウル地域の有名な美容整形横丁は狎鴎亭洞をはじめ江南駅、明洞、新村)駅付近と、女性の流動人口が多い場所で脂肪吸入、目、豊胸など部位別専門の美容整形医数名が集まって開業するのが流行となっているようです。

韓国整形のブームにビックリです!

韓国の整形が以前から話題になっていますが、確かに韓国では美容整形の手術が当たり前のようで、就職活動や結婚など人生の節目節目で積極的に整形をするようですね。
大統領までハッキリわかるほどの整形をするのですから、さすが整形大国というべきでしょうか。

還流ブームとかで韓国映画やドラマを目にする機会が増えましたが、正直のところ整形芸能人のオンパレードといった感じですね。
朝鮮族は90%が一重のまぶたで頬骨が突き出ているのに、ドラマの中の俳優は皆、二重で、高くまっすぐな鼻の小顔ばかり。
なんとも不自然で、美容整形手術の広告塔による、綺麗綺麗のメロドラマといった感じです。

実際多くのサイトでは、整形前の韓国スターの写真が暴露されていますが、全くの別人というくらいの変身ぶりに驚かされます。
日本では、整形をしても個性的な特色は多く残して行うようですが、韓国の整形は「ある美人タイプ」にしてしまうといった傾向が強いようです。

以前、ある週刊誌で韓国整形術のカリスマが、「韓国スターの顔を見れば、誰が手術したかすぐわかる」と証言していましたが、確かに3〜4通りのタイプに分かれるようですね。
きっと、有名な数人の先生に整形してもらっているのでしょう。

(日本なら大塚美容外科・品川美容整形外科といったような著名な整形外科なんでしょうか。)

美容整形 韓国

美容整形紹介

韓国・美談(ミダム)美容整形外科
「美しさを創作する」と言う意味と「美しい話が流れる所」の意味を持った「美談」は最先端の施設と最上の医療サービスに満足することなく、 暖かい温もりを感じることができる人情味あふれる美容整形外科を目指しております。
また、十数年の手術経験から成る熟練の技術と、大学で研究した最新の技術を加えて、お客様に満足していただけるよう努力しています。美談美容整形外科は韓国・ソウル市の中心街にあり、再オペセンターとりんかく形成クリニック、肥満体形校正(脂肪吸引)センターを中心に、美容整形クリニック、豊胸クリニック、植毛クリニック、などの多くの専門化された診療を行っております。
美談美容整形外科は韓国の芸能人もよく利用し、韓国テレビKBSでもよく取り上げられています。日本からわざわざ来られるお客様も多く、日本語の堪能なスタッフが、相談から診療までサポートしております。

http://www.midam.jp/

相互リンク5

激論バトル
テキスト広告.com
350日の節約生活
href="http://aaiine.com/" target="_blank">あぁ、いいな!

美容整形 韓国4

韓国は非常に美容整形が有名なようで、ソウル・京畿地域に居住する25〜29歳の女性の内、81.5%が美容整形手術の必要性を感じており、61.5%が手術の経験があると答えているという、驚きの調査もあります。

そのためか、費用が安く済むということもあり、「韓国旅行−美容整形パック」なるプランを用意する旅行会社もあるようです。こうした動きからも、美容整形を国内外問わず受ける方が増えている、と考えられます。

ですがその反面、下記ニュースのような「海外進出」は難しいとも思われます。
そもそも、求める顔は同じアジアであっても、異なるのではないでしょうか。いわゆる美的感覚というものは、流行によっても、そして土地によっても様々であると思われます。「二重まぶたに」といった単純なことは伝えられても、微妙なニュアンスを含む「美しさ」は、やはり国によって違うのではないでしょうか。術前の打ち合わせが上手くいかず、術後に訴訟問題になる、ということが起こりやすいのではないか、と考えられます。

また、裁判になったらなったで、不慣れな土地で、しかも法律の異なる裁判を受けなければなりません。また、他言語による煩雑な事務処理も必要となってくるでしょう。クライアントは、高い技術を求めてクリニックを訪れてきます。その期待に十分に答える義務はありますが、それも一筋縄ではいかないのが現実でしょうね。

…ふと思ったんですが、今後は、美容整形の分野に限らず、日本の医師不足も、海外医師を呼ぶことで解決することになる時代がやってくるかもしれません。医療界も、ボーダーレスとなっていく内に、現在の朝青龍問題のようなことが起こってくるのかも知れませんね。
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ