かっぱです。

Kokeshi Wikiを公開して3週間ばかり経過しました。
皆さんに宣伝ご協力をいただいて、順調な滑り出しとなっています。
お気に入りに入れていただくか、twitterやFacebookをやっている方はKokeshi Wikiのアカウントをフォローあるいはいいね!としていただけると記事が更新されたらお知らせします。
「相川忠次郎」から更新されないんだけど…という方は、メニューのホーム>最終更新日順をクリックしてくださいませ。

個人のBlogと違って自分がさぼっている、もとい忙しい時にも更新される編集メンバーがいるので張り合いが出ます。
このBlogも毎日アクセスされる方がいるので、これまでと変わらず更新していきたいのですが、どういう位置づけでやっていくか難しいところですね。

先月の東京こけし友の会の時に蔵王高湯の斎藤源吉さんのこけしを買いました。
一金会で斎藤源吉をやったことがありますが、四角張った頭に砲弾型の肩のこけしの迫力は、それは素晴らしかったです。
こちらはだいぶ年代下って頭も丸く、肩は逆になで肩でないことでバランスが取れていますね。
P1120275
やや褐色がかって灼けていますが、まずまず模様も残っているし表情もいいですね。
大きなこけしは収蔵に困るので迷いましたが、とてもお安く出ていましたし、入手して良かったです。

P1120280
現在出ている「こけし時代」が蔵王高湯の特集ですね。
特装版には水戸寛工人の豆こけしがついて箱入りとなっています。
昔のこけし文献には、このようにこけしを埋め込んで特装版としたものが幾つかあります。

P1120279
表情のアップ。
シンプルながら、筆の運びの美しさや、単純な丸ではない複雑さをもった球体状の頭の形に、こけしの底知れぬ魅力、斎藤源吉のこけし作りの確かさを感じます。

さて、今日はとあるTV番組の取材に立ち会いました。
とある、というか毎朝ご覧になっている方も多いかと思いますが、NHKのアサイチです。
放送は週明け12日(月)8:15の番組始まってすぐだそうですので、お見逃しなきよう。
こけし界のニューウェーブたる「仏像は眼鏡をかけない。」のグルーシェニカさんや、東京こけし友の会のこけし仲間数名でVTR出演します。
かっぱコレクションから選抜された11系統のこけしもおそらく生放送のスタジオに並んでいると思います。

明日日曜は久しぶりにこけし談話会に参加する予定です。
テーマは肘折の中島正・斎藤伊之助・佐藤誠治ということでなかなか渋い顔ぶれですね。

最後にもうひとつお知らせで、西荻イトチさんでのこけし勉強会・弥治郎系はまだまだ参加いただけます。
5月24日(土)、東京こけし友の会の前日です。
弥治郎系こけしの成り立ちや広がりを知ればもっと好きになること請け合いです。
ぜひご参加ください。

ではでは。