こけしのなかのわたし

東北地方が誇る文化、「伝統こけし」について語り考証しながら愛すべきこけしたちへの理解を深めるBlogです!

佐藤伝

佐藤伝工人のこけし

かっぱです。

現在では、弥治郎系のこけしの胴と首の接合は差し込みが主流ですが、以前、佐藤伝(つたえ)工人のはめ込み式のこけしを紹介しました。
早くから弥治郎を離れ、北海道の弟子屈でこけしを作ったため、弥治郎の古い木地の特徴を残したものと思います。 

高幡不動の茶房たんたんのマスターより、その佐藤伝さんのこけしを譲っていただきました。
IMG_0492
頭の部分がちょっと褪色していますが…胴は黄色も残っています。
以前紹介したものは所有者により、39年の書き込みがありましたが、こちらは昭和20年代との書き込みあり。
菊模様の茎が、39年(と仮定します)のものでは赤だったり、眼点が大きくなっていたり、紫色で描かれていたベレーの外周が墨で描かれていたり、色々と異なる部分があります。
ベレーから出た髪も39年の方がみっちりと描かれているようです。

そしてこのこけし…
IMG_0493
頭をくるっと廻すと、裏にも違う胴模様が描いてあり、2倍楽しめるのですね~。
先ほどは上が着物の衿になっていましたが、こちらは旭菊。
下の菊模様の配色も逆転しています。
こけしとしては、胴に対して頭が小さい部類で、5頭身くらいあります。

IMG_0496
甘いというよりは、どこかさびしそうな表情ではないでしょうか。
すらっとしたプロポーションとともに印象に残ります。

ではでは。

佐藤伝工人のこけし

かっぱです。

昨日の井上ゆき子工人に続いて、弥治郎系のこけし。
佐藤伝(つたえ)工人のこけしです。
P1090096
伝さんは佐藤伝内の二男で、北海道の弟子屈でこけしを作りました。
ちなみに伝喜が三男、伝五が四男、だそうです。
このこけしは、ちょっと描彩が飛んでいますが、頭の赤いかまぼこ状の飾りの両側に緑のかまぼこ状の飾りがあります。
チャームポイントはなぜか頬紅とともに、あごにも紅がさしてあることです。
父・伝内よりも勘内のこけしに近いですが、「こけし辞典」によると、直接師事したのは渡辺求や本田鶴松となっています。

P1090097
頭部の描彩にはやはり遠刈田からの影響を感じさせるものがあります。
このこけし、実ははめ込みで首が廻ります。
母こけ・ミリンダさんに教えてもらったのですが。
渡辺求の大正初期のこけしもはめ込みになっていたようです。
遠刈田でも明治初期にはめ込みのこけしを作っていたようですが、その後差し込みになっています。
伝さんの場合は、早い時期に北海道に渡ってしまったので、はめ込みの技術が残ったのだと思います。

P1090101
胴底には通し鉋。
遠刈田出身の佐藤丑蔵のこけしにも残っている技術ですが、他の弥治郎系の古い工人さんの木地にははめ込みや通し鉋を使ったものがあるのか知りたいところです。

ではでは。
記事検索
  • ライブドアブログ