1月末に出るボカロのコンピCDに僕のtower of sunzって曲が収録されます。
詳細こちら
vocantabile : storia
クロスフェードこれです。

-----

楽しいことはやりたいし、やったことないことは相当嫌でも首をつっこんでみたい。

という気分でここまで来てしまったわけです。動機は全てこれです。
ですが、さすがに何が起きるか、やる前から分かってきてしまってますよね。何もかも。「じゃ、いつもの感じでよろしく」みたいな感じで。

そういうのはやらないんです。

ということであんまりコンピに参加していないのはそういうことが原因でもあります。もちろん誘いが無い誘ってくれないあいつとかあいつが一番悪いのだけどw

で、ある日tower of sunzをCDに、という話が来ました。
この曲だけはこういう話来ないと思ってたんですが、だけど僕はこの曲だけは、実はもう一度ちゃんと出したい、という気持ちがあったのです。

知ってる人は知ってることだけど、僕はこの曲を削除しています。
なぜか。

恥ずかしくなったので消したのですが、詳しく言うと、後半ものすごくズレてるんですよね。。。ひどく。
これどうやって作ったかというと、まだその当時ボカロのやりかたに定番もテンプレも何にも無い時期だったから、僕はあんまりグリッドっていうものをちゃんと理解してなかったんですよDTMも覚えたてだったから。
で、このtower of sunzは僕の歌ってるバージョンが先にあったので、それにトレースする形でボカロメロディを打ち込んだのです。グリッド無しで。

でもね、僕の歌自体が、、ズレてるんですよ。元から。
そしてそれに忠実にめちゃくちゃズレたものを初音ミクに歌わせていたのです。

だからずっと恥ずかしかった。あれを褒めてくれる人のことは嬉しかったけど、あれを褒めてくれる人は耳がどうかしてるんじゃないか?思いっきりズレてるじゃないか!いや、ひょっとしてそれ込みで褒めてるのか?わからないけど良いって言ってくれてる人にわざわざ良くない点を知らせるのも無粋だろうから黙っていよう、、

という感じで、この曲はずっと僕の中で苦しかったのです。ゆうきPのPVが来たときもずっと苦しかった。映像のおかげでズレてるのは分かりにくくなったけど、今聴くと音痴設定(当時出たばっかりのミク設定そのまんまで使っていた)のまんまだし。

しかし、もうあれこそがtower of sunzになってしまった。今更正しいものを提示してもそれは正しいとはならない。

でも、、いつかちゃんとテンポにあってるものを出したい、、と思ってました。

という訳でこの話が来たときは即やりますって返事しました。

内容は大筋同じですが、さっき書いたとおり、歌がちょっと違ったりしています。
多分聴きなれた2007年作の方を知ってる方は違和感があると思います。でも良いんです。これはアレに比べると違うかもしれませんが、僕は2013年にコレなんです。毎年毎年、同じところを廻っているようで、螺旋階段を上っているのだから、そりゃぁ景色だって違って見えるってものです。キミだって多少は年をとっただろう?


2007年に出して消して転載されて、それをまたぼくが転載して、、と、輪廻をさまよった7分超えるこの不親切な曲は、しかしどうしても人の目に触れなければならない宿命を持っているのでは、と感じずにはいられないです。多分この曲は僕の手では殺せないのでしょう。そう思いました。