2010年05月

2010年05月23日

4130b679.jpgtomo the tomo carpe diemのアルバム「CARPE DIEM」のジャケット表4や中、歌詞カードの写真をてがけた
ken the ken(山手 健太郎)氏が第84回 国展,写真部門の新人賞を受賞! 「CARPE DIEM」のジャケットではお世話になり、その直後の受賞、ほんとうにおめでとうございます。「CARPE DIEM」では草花を独特の感性で捉えたり、エフェクトな海岸だったり、とてもいい感じでした。今回の受賞作品名は「心の奥の純真」。暗めの色合いの中に深き世界感があるような....僕の稚拙な表現では表せません。5月はずっとばたばたしていてこのブログでのお知らせが遅くなってしまい、その作品が展示されている六本木の国立新美術館での展覧会は終わり、今後は名古屋、大阪での巡回展となる。東京圏の方々申し訳ありません。

第84回 国展【巡回展】
■ 名古屋 展  会期:5月25日(火)〜5月30日(日)
会場:愛知県美術館ギャラリー Tel:052-971-5511
■ 大 阪 展  会期:6月8日(火)〜6月13日(日)
会場:大阪市立美術館 Tel:06-6771-4874

写真はtomo the tomo carpe diemのアルバム「CARPE DIEM」のジャケット中、歌詞カードの表紙ページ。






(16:49)

2010年05月04日

1b5b1380.JPGGWでブログどころじゃないかもですが、GW直後に周防義和作曲講座が開かれます。
今回はCM音楽の作り方。実際周防義和が作曲した作品の映像を題材に映像との関わりあい等を解説します。
専門的な作曲を目指す方は勿論、一般的な知識としても興味深い内容だと思います。参加者には課題を出し、2回目の講座でコメントさせていただきます。

日時:第一回5月10日(月)19時30分スタート 22時頃まで
   第二回5月24日(月)19時30分スタート 22時頃まで
場所:MPJ 大塚事務局 (山手線大塚駅から徒歩5分)

詳しくはこのブログの4月20日版に詳しくあります。リンクされています。
または、MPJのhpの映像音楽講座5/10&5/24のお知らせを参照ください。

写真は5月1日の寺門孝之ミュージアム(表参道)でのtomo the tomo carpe diemのライヴより。
左から画家の寺門孝之氏、tomo the tomo、周防義和。(photo: mikako s.)


(21:55)

2010年05月03日

f6412836.JPG写真は5月1日寺門孝之ミュージアム@表参道LEMONTREE ”FLORA ANGELICA”でのオープニングイベントとして行われたtomo the tomo carpe diemのライヴ、休憩時のショット。(photo: 住井達夫)
ノンPAによるライヴ(ギターは小さなアンプとおした)なので演奏者側はちょっと心配もあるが、スペースは広くないなか天井は高いのでtomoの声が抜けるように響き、聴く方たちへはtomo the tomoのナマの声が聴けて、ある意味感動された方も多く、素晴らしいライヴになりました。
こういうサロン的なリラックス空間での出前ライヴのようなのも「あり」ですね、と思ったわけです。昨年の広島ギャラリーGでの2日目、今年3月の福岡手島邸でのライヴも同じようにナマ声でのノンPAライヴでしたので、だいぶ慣れたかもです。
僕とは17年来の友人である画家寺門孝之氏とのなごんだ会話をはさみつつ15時からと17時からの2回ゆるゆると時は流れました。
写真中のtomo the tomoの左上あたりにアルバムジャケット画のオリジナル画が飾られています。(photo: 住井達夫)

(22:33)