2010年10月

2010年10月29日

8469f077.jpg軽井沢は最高気温5度で最低はマイナス1度までいった。寒い。こないだまで暑い暑いだったのに。
寒い、忙しい...その上にちょっとトラブルあり、危機的状況の中、映画音楽、ドラマ音楽の作曲という山を乗り越えなければならない日々。作曲講師仕事、ライヴの準備の雑用もあるが、全くそれどころでなくなっている今日この頃、ヤバいよう!
写真はそのさなか大阪四ツ橋のLMスタジオで京都芸術大学の弦楽四重奏のメンバーたちとリハーサル。
ストリングクアルテット伴奏でロックしている...この時間はとても楽しかった!
photo:キム・スヒョン

とにかく11月は神戸、大阪でライヴです。(その1週間後は長崎諫早です)
まず11月13日土曜日は神戸元町の「ブッカートカフェ」で19:30より。
そして大阪ではスタンダードブックカフェで14日昼13:30より、寺門孝之 “エンジェル ローズ ミルキィウェー”とのコラボレーションでもあります。
*************************************************************************************
tomo the tomo carpe diem
vo: tomo the tomo
gtr: 周防義和
bass: 泉尚也

場所:bucato cafe
日時:11.13(日)19:30start
前売り\2000 当日\2200 with 1drink 
ブッカートカフェ:
神戸市中央区栄町通3−6−17 2F
 TEL/FAX 078−393−3815
 地下鉄みなと元町駅のすぐそば。
 JR元町駅からは徒歩5分ぐらいです。
 元町商店街から狭い路地を入ったところにあります。
予約等は次のアドレスまでお願いします。
info@descarga.nu
**************************************************************************************
そして11月14日日曜日は大阪心斎橋の御堂筋三津寺信号を西側に入ってすぐの
スタンダードブックストア地下1階のスタンダードブックカフェで13:30よりライヴ。
14:30より画家寺門孝之とのギャラリートークもあります。
会場は寺門孝之新作展覧会場でもあります。

tomo the tomo carpe diem
vo: tomo the tomo
gtr: 周防義和
bass: 泉尚也
....ちょっと弦楽四重奏も参加デス。

場所: standard book cafe
日時:11.14(日)13:30start
前売り\1800 当日\2000 with 1drink 

西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル1F/ BF
Tel.06-6484-2239

http://www.standardbookstore.com/

*************************************************************************

また画家寺門孝之展覧会としては心斎橋近辺の2箇所で “エンジェル ローズ ミルキィウェー”と題して作品が見れる。

EAST 展=美術画廊ギャルリムスタシュ
542-0083 東心斎橋1-15-27 白水社ビル1F
Tel.06-6253-0440

http://www.galerie-moustache.com/
2010年10月29日(金)〜11月27日(土)
12:00〜20:00 毎月曜日休廊

WEST 展=スタンダードブックストア BFカフェ&ギャラリー
542-0086 西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル1F/ BF
Tel.06-6484-2239

http://www.standardbookstore.com/


(11:25)

2010年10月19日

4bfc46d3.jpg写真はうちの敷地内に育ったキノコ「リコボウ」。地元の方がたまたま訪れた時に教えられた。本名?確か聞いたんだけど、書き留めておかなくって忘れてしまった。とにかく地元では「リコボウ」で通る。最近ニュースでキノコ中毒が多発してる中、そう言われてもうちの庭にはえたものを食べるのは、けっこう勇気がいるが、自信をもって教えてくれたので幾つか獲って、夕食で食べた。勿論大丈夫だった。おいしゅうございました。春は「タラノメ」秋は「リコボウ」とレギュラー収穫化できるのでしょうか。しかし周りには別のキノコもいっぱいいっぱい生えているので、これだけ毒じゃない、なんて教えられても相当な自信ないととても食べられない。とくにキノコにあたった方々はだいたい詳しい人々が多いらしい。つまり素人はまず手をださないのだが、詳しい人が意外にも自信もってるので、間違えてしまうらしい。いやいやお〜こわあ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて7月から完全休養ナシで秋に突入してしまった。昨晩夜の軽井沢は気温7度だった。深夜東京移動したら、そこは20度あった。10月も過ぎていく。

11月は18日(木)と12月2日(木)に恒例のMPJ での作曲講座もあります。また詳細はお知らせします。

また11月16日30日12月7日には地元、軽井沢高校で特別授業を行います。これも楽しみなのです。

そんな中、現在映画「毎日かあさん」(主演:小泉今日子 永瀬正敏 監督:小林聖太郎)の音楽の作曲の真っ最中、今日は2時間ラッシュ映像を13時から見た後デモ音楽と映像を合わせを15時からはじめ終わったら21時近かった。いやいや6時間打ち合わせだった。2時間ほどのドラマの音楽、全編の音楽入るところの打ち合わせは、それくらいの時間かかってしまうのです。そしてもうひとつ、NHKの単発ドラマ(12月オンエア予定)の作曲にもはいらねばならないし、レギュラーのNHK 「いないいないばあっ!」のクレイアニメーションコーナーの作曲もすぐひかえてる、CM、そうだ明日はCMのレコーディング・・・そして名古屋学芸大学でのレギュラーゼミとまた別の音響論の中の映像音楽作曲講座が今週22日から8回に渡りスタート、23日は大阪OSMでの弦楽セミナー、同じ23日夜は大阪で11月14日のライヴに備えての弦楽四重奏でのリハ、11月13日は神戸元町ブッカートカフェでのライヴ、その後の11月21日の長崎諫早でのライヴの準備は全くできない状態等々・・ちょっと、じゃなくて完全に周防義和スクランブル状態、いやいやマジで。これ、ほんとうに乗り切れるのかしら?ブログ書いてる余裕もないのですが・・・・・・・・・おそるおそるリコボウ食べてくらいは平和なヘ〜ワな時間でした。

(00:26)

2010年10月07日

9b6288b1.jpg大阪で2つのライヴ!
11月14日(日)13:30より心斎橋御堂筋三津寺の信号を西に入ってすぐの「STANDARD BOOK CAFE」で
tomo the tomo carpe diemでのライヴ。(前売り1800円、当日2000円)
「STANDARD BOOK CAFE」はスタンダードブックストアというカジュアルな本屋さんの地下にあるカフェ、ちょっとお洒落な空間。ここで画家寺門孝之の新作展を開催しつつ、ライヴもします。関西在住の方々是非!

そして10月10日午後、大阪万博記念公園での平和の為のイベント「ユナイテッドアース」に出演です。


写真はジャズ喫茶「GENIUS」のマッチ。渋谷にあったんだよね!?なんかあまり記憶になくて・・・いかんなあ。雰囲気が硬質な感じだったっけ?道玄坂と文化村への通りを三角形に結ぶ小道、道玄坂小路にあった。

道玄坂上の「SWING」「BLACK HAWK」なんかの辺りから階段で抜ける小道がある。ちなみに「SWING」「BLACK HAWK」などの奥はラヴホテル街。「GENIUS」マッチのデザインはアーリーアメリカンな静かな雰囲気のセンスのよい落ち着いた絵だ。

やっぱりライヴの店ではなく、レコードをかけコーヒーを飲ませるジャズ喫茶が流行ったのは、
まず
たくさんのレコードが置いてあり(だいたいどの店も数千枚くらいはあるのでは)自分の持ってないレコードを聴ける。
現在のように情報過多な時代でないので、知らないアーティストのレコード、情報をそういうところで知りえた。
JBLとかのでかいスピーカーででかい音で聴ける。
リクエストで聴ける。
リクエストで聴いて、よかったのでその後レコード店で購入するという流れもあった。
学校帰りとかに友人と一緒に時間を過ごせ、ジャズを探求できる。
こんなところでしょうか。
ジャズを楽しむという探求する、といういかにも日本人的な「道を究める系」の感覚ですね。
難しい顔しておしゃべりもしないでがんがんコルトレーンの「至上の愛」なんていう片面1曲40分くらいの音楽を必死に聴いてるんですもんね。今できるかなあ、できないかも。
またコーヒー1杯で延々何時J間もいるので店側も、客の回転よくするため、たま〜につまんないアヴァンギャルドジャズ、フリージャズの思いっきり疲れ、楽しくないようなレコードをかけ、そろそろ帰れ的な作戦を実行し功を奏した、なんてこともあったらしい・・・想像するにね。


もうばかでかい音量というのもねえ、耳に悪いし。
そうそうレコーディングスタジオも1980年代初めはスタジオでJBLとかのスピーカーで音量大きく録音するのが流行り、あれであの頃スタジオ入りしていた人々はだいぶ耳を悪くしたんじゃないかと思うデス。
ロックも武道館、東京ドームなどでのPAエンジニアのあの音量で勝負する人たちの気が知れない。アリーナでスピーカーの正面の位置だったらまず耳をやられる。よく訴える人がいないもんだ。
話しはそれたが、あの頃のジャズ喫茶も今考えるとでかすぎた。いい音は追求すべきだが、音量でごまかす音楽はだめだ。











(00:37)