2013年07月

2013年07月05日

dc2294dd.jpg「はっつぁん」ことべーシストの加賀八郎が逝ってしまった。3年前から多発性骨髄腫という難病と闘っていたが7月2日55歳の若さで旅立った。

ハっちゃんはギタリストの野村義男のバックバンドThe Good-byeでアイドルとして活躍、その後実力派ベーシストとして真心ブラザースのサポートなど様々な活動をしていた。僕も岸本一遥、おおたか静流、らとのバンドVoice From Asiaをやっていた頃に一緒にプレイした。岸本一遥のFlying Asian Farmers' Band にも参加していてライヴを見に行ったことを思い出す。フェンダーベースが似合う8beatのロックに素直にアプローチするいいベーシストだった。ギタリスト野村よっちゃんのお悔やみの言葉も聞かれる。

八っちゃんは僕と一緒の東京中目黒の生まれ、っちゅうか、彼の兄の康行君と僕が幼稚園から高校までいっしょした同級生。幼稚園の頃康行君に弟が産まれたんだ、なんていうのをかすかに憶えているので八っちゃんが生まれた時から知っていることになる。

アイドルでデビューするくらいだから可愛いルックスで憎めないキャラのいい奴だった。
彼の実家は祐天寺の加賀屋石材店なのでお通夜告別式は祐天寺。僕が通った幼稚園も祐天寺付属幼稚園なので、
久々に祐天寺を訪れることになった。関係者がたくさん集まりすすり泣く、多くの女性たちが目立つ式だった。

八っちゃんのブログを見ると6月8日まででその後が記されていない。だいぶ具合が悪くなってしまったのだろう。5月に入院したときからベッドの上からブログを綴っていて、今読み返すと心が痛む。
奥様は漫画家の池沢理美さん。

八っちゃんまさか55歳で。
慎んでご冥福をお祈りします。
僕もそっち行ったらセッションしよう!





(10:07)