2014年07月

2014年07月15日

4272f208.jpg僕が音楽担当した映画「舞妓はレディ」は9月に劇場公開になるがキャンペーンは始まっている。
フランス、パリで7月上旬に開かれていたJAPAN EXPOに主演女優の上白石萌音が参加、上映とともに登壇しフランス語でスピーチしたとのこと。
また上海国際映画祭でも上映、こちらには周防正行監督、上白石萌音らが参加した。

そして7月16日主題歌であり劇中に歌われる「舞妓はレディ」メインテーマ曲のシングルCDがリリースされる。
「舞妓はレディ」メインテーマは劇中でも主演の上白石萌音が歌っているがシングルではそのフルVersionということになる。役名である「小春」という名前でのリリースになる。
作詞は監督であり脚本も担当した周防正行とシンガー・ソングライターの種ともこの共作。
作曲編曲は周防義和。
撮影や録音当時15歳だった上白石萌音ちゃんとの音楽制作はとてもスムースだった。彼女の歌の技術は高くまだ未完成のところも魅力でありつつ素晴らしいフィーリング、とくにレガート感溢れるニュアンスが聴くものを心地よくされる。日本語の発音も気持ちいい。さりげなく彼女の世界に惹き込まれる。ニュースターの誕生を感じさせる女優さんだ。 

またこのシングルにはやはり劇中で歌っているバラード「これが恋?」も収録されている。
勿論これらの曲は9月にリリースされるサウンドトラックCDにも入る。
映画公開時期にまた告知したいが、とにかくシングルが出ます!

(22:07)