2008年09月29日

be3a17b0.jpg市川準監督が亡くなられた。(写真:市川準監督 撮影:勝田友巳)

先々週の金曜日知りあいのプロデューサーからの電話は耳を疑った.....
映画の編集作業をした後、ひとりで食事中に倒れ、病院で帰らぬ人となってしまったとのこと。 ショックだ。ほんとうに今でも市川さんとまた仕事するんだとうなあ...って思いつつだったから、実感わかないし....報道ステーションで訃報が紹介された時は、こんなニュースの場面に市川さんの写真が、と.....

映画は20本も撮っている....ほぼ毎年制作していた感じだ。CM界では20年以上超売れっ子演出家だし、仕事し過ぎではないだろうか。ある映像プロデューサーの話など聞くと、夜遅くに編集を終え次の日会うと、また編集の別のアイデアを考えていたいたという。そこまでの段階のコピーを自宅で確認し、次の日にのぞんでいたわけだ。プロデューサーが「監督、ちゃんと寝る時間あったんですか?」と聞くような状況。とにかく映画、映像の世界に24時間入り込んでしまっているような人だった。

僕は市川さんには大変大変お世話になった。数多くのCM作品、NHKでのハイビジョンNAドラマ『江分利満氏の優雅な生活』(平田満主演)、そして2001年には映画『東京マリーゴールド』(田中麗奈、樹木希林、小沢征悦出演)の音楽を担当させてもらった。2007年公開の映画『あしたの私のつくり方』では音楽監修というカタチで作品にかかわった。市川監督は優しい人だった印象が強い。いつも静かな声でしゃべっていた気がするし、映画の演出においても基本的には淡々と静かな作品が多い。

市川監督との出会いは1990年代はじめに「カネボウ旅の宿(加藤剛出演)」というCMで、その前にやはりカネボウの別商品のCMを別の演出家と仕事していたのだが、その時のカネボウホームプロダクツの方が、市川監督に「周防義和っていいよ」と奨めてくれたらしく、いきなりCM界の超ブランド監督市川準から直で作曲依頼がくるという珍しいカタチでの出会いだった。音楽録音スタジオで市川監督は僕の音楽を気に入っていただき「いつか映画をやろう」と言ってくれた。初めての出会いでいきなり映画音楽の依頼にとても感動した記憶がある。

その後CMでは
「資生堂エリクシール(小泉今日子出演’99’00)」---撮影所にお邪魔して打ち合わせした思い出もある。
「たんすにごん(桃井かおり、サッカーの中山選手出演篇)’95」----溝口健二監督の映画を見とくようにVHSを渡された。
「大同生命(鈴木京香出演)」---「テキサスの黄色いバラ」をジャズワルツ風にアレンジ。
「NTT docomoFoma9(坂口憲二、長谷川京子出演)’04」---フランス語のポップソングを作曲。
「伊藤園お〜いお茶(市川新之助出演)’00〜02」---日本の古い曲「美しき天然」をアレンジ、その時の市川監督の言葉は「斬新にアレンジして!」のただひとこと。
「NTT docomoケータイ日記’04」---ボブ・ディランの「風に吹かれて」をアレンジ。デモで仮歌を僕が歌ったが、市川監督が「周防君の歌でいいんじゃない」となり、ちゃんと歌手をスタンバって録音したのに僕の歌でオンエア。僕は編曲者としてだったのに、スタンバって起用した歌手に「ごめ〜ん、僕のヴォーカルになっちゃって」。僕もいくつかCM歌ってますが、こんなメジャー広告で歌ってしまったのはちょっと記念すべき作品。
「NTT ME(役所広司出演)’04」---マリンバとかをフィーチャーして作曲。
「味の素ほんだし(田中麗奈、樹木希林出演)’98〜’05」----8年に渡って1曲の自分のオリジナル曲でこのシリーズを通した記録もんのお仕事になり、尚且つ映画にもなった。8年にも渡って同じキャストで撮られたので樹木希林と対等に演技する田中麗奈の成長ぶりも見物だった。作品は電通賞を受賞し隅田川の屋形船で受賞パーティした。
「ナショナルレンジ炊飯器(田中裕子出演)’00」---フランス映画風な感じのアコーディオンとスティールパンでのワルツを作曲。
「セキスイハウス」----打ち合わせでフランス映画「大人はわかってくれない」(フランソワ・トリュフォー監督だっけ?)のワンシーンを見た。なんか監督にはそんなイメージがあったのだろう。
「地上デジタルお知らせ(草なぎ剛出演’07〜08)」---CMとしては市川さんとの最後のお仕事になった。「パッフェルベルのカノン」をアレンジしたが、いろんなフレーズを入れた為、原曲は崩壊し、ほぼオリジナル音楽みたいになった。まあいいか。また監督はスタジオで「デモと同じだね」と注文をつけられ「彼女歌うよね」とキーボードでスタジオ入りしていた小石巳美が突然歌うことになった.....などなど、どれも素晴らしき作品=市川ワールドで、そのワールドの中で音楽側から参加させていただいてとても光栄に思うし感謝しています。そして僕のいろいろな面、またはなかった面を引き出してくれたような気がする。

市川監督はトニー・リチャードソン監督の「蜜の味」「長距離ランナーの孤独」を自分のバイブルと言い、映画『東京マリーゴールド』に入る前にこれを見なさいとVHSをくれた。その2つの作品は僕も大好きになった。

そして勿論、僕とのお仕事は市川監督にとっては氷山の一角で第1回監督作品「BU*SU」から映画に取り組み、「東京夜曲」(長塚京三。桃井かおり主演)ではモントリオール映画祭最優秀監督賞を、「トニー滝谷」(イッセイ尾形、宮沢りえ主演)ではロカルノ映画祭で受賞されている。CM作品での受賞は更に数多い。

映画『東京マリーゴールド』の仕上げ作業で調布のニッカツ撮影所内のダビングスタジオに6日間くらい通った。スタジオのドアの辺りで「ちょっとちょっと」と手招きをして僕を呼んだ。なにかと思うと「これでいいかね?」って音楽とのミックス作業のよしあしを聞いてきた。そんな時もわざわざ呼んで静かな声で話した。最後の日、監督はぼそっと言った「今日で終りかあ」。市川さんは映画撮っている時編集や仕上げ作業等、その制作過程をほんとうに楽しみ、そこに幸福感を見いだしているようだった。59歳だったし、これから、CMもセーブしてほんとうにこれぞという映画作品を撮ったのではないかと思うと残念でたまらない。とにかく、ちょっと待ってよ市川さん、なんでなんでそんなに早く逝ってしまったんですか、市川さん!と叫びたい気持ち。慎んでご冥福を祈るばかりです。





(17:28)

この記事へのコメント

1. Posted by i   2008年09月30日 12:04
おはようございます。

そうでしたか、それは知らなかったです〜。

非常に残念です。
2. Posted by リズムのかけら   2008年09月30日 16:45
まったく残念です。
3. Posted by mori5    2008年10月04日 06:19
数々の市川監督の作品を見せて頂いたゆえに大変驚いています。数多くの作品でご一緒された周防先生のお気持ちを察します。僕もスタジオ勤めの頃からずっとお世話になっていた監督が亡くなった時は、暫く辛かったです。今でも生きている様な気がします。きっとどこからか僕の仕事ぶりを眺めている様な気もして、そう考えると今でもお世話になっていて感謝の心はつきません。市川監督のご冥福を心よりお祈り致します。


4. Posted by リズムのかけら   2008年10月05日 13:21
書き込みありがとうございます。市川監督の作品「東京マリーゴールド」は大学での題材にもしましたし、ほんとうに残念です。
5. Posted by unpe   2008年10月06日 01:16
私もびっくりしました。59歳、、私と1歳しか変わらない、、、
東京マリーゴールドではひょんなことから、私の家を撮影に使うことになり、しかも勢いで家内と子供が銀幕デビュー!(と言っても田中レナとすれ違う通行人、、)2日間の撮影でしたが、たぶん今後も2度とない体験をさせてもらいました。市川監督とはほとんど話す機会はなかったけれど、映画の真剣さと芸術性を感じることが出来ました。
それにしても急ですね。私だってまだまだこれからと思っているぐらいですから、市川監督の急逝は本人にとっても無念でしょうね。
バーボン少し減らそうか、、、
6. Posted by リズムのかけら   2008年10月06日 01:36
あの撮影はアトリエを何日か提供したわけですから、家の中が撮影機材やスタッフ、キャストで大変でしたよね。
主人公の家に...
樹木希林扮する役柄が彫刻家だったんですよね。
酒井道久作品も映画にたくさん登場していい感じでした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔