mainichi
翻訳元http://www.thehistoryforum.com/forum/viewtopic.php?f=62&t=29028
http://www.revleft.com/vb/japan-fascism-during-t155091/index.html?s=a9942a3c910e77ea43772a57c25adea3&
kraft_thumb


ファシズム


急進主義的で権威主義的なナショナリストの政治運動である

ファシストは国家の価値や、政治や経済などの体制を、コーポラティズムの観点に従って組織しようと努める


理念
ファシストは、共産主義者による「階級闘争」という概念に反対した。
 ファシストの国家の視点は、1つの組織された全体であり、人々をその祖先により結びつける、自然に統合された人々の力である。ファシズムは経済的、政治的、社会的な問題を解決するために、国家の再生である千年王国の達成や、他の全てを上回る国家や人種の高揚、団結の崇拝の推進、力や純粋さ、などを求める


経済政策
ファシストは彼らのイデオロギーを、資本主義と共産主義の間の「第三の道」と宣伝した。
資本家や自由民主主義者を、階級闘争を作り出し、搾取により共産主義者を作り出すとして非難した
労働者階級の労働者を、彼らの発生させたコーポラティズム的で社会主義的でサンディカリズム的な路線に統一する事を支援し、強力な労働者の国家を作ることを推進したが、労働者階級の国家ではない


日本
天皇制ファシズムと呼ばれる概念が存在し、議論を呼んでいる
第二次世界大戦終結までの日本における国家総動員体制や軍国主義などが、「天皇制によって特徴付けられたファシズム体制であった」とみなす概念。 肯定論、否定論が存在する



LostDesperado

俺は歴史が好きなんだけど、第二次世界大戦の出来事は詳しくないんだよね。
日本の事で少し気になることがある。
正当なファシスト党政権と見られてなかった日本が、イタリア、ドイツ、両方のファシスト国家と同盟したけど、二次大戦時の日本は元々ファシストだったのか、それとも、イタリアとドイツがアメリカと対立していたから同じ側についたの?



不明

俺は第二次世界大戦中の日本政府は伝統主義的だったから、ファシズムは検討されなかったと思う



Bronco15


かなり酷い政権だった
実際のところファシストではなかったけど、確実に独裁的な軍国主義だった。
裕仁天皇は神格化されていた



不明


ファシストだと思われているけど、天皇は直接的な支配者というよりは象徴だからなあ



イギリス

二次大戦時の日本は完全にファシストではなかったけど、それに近いものだっただろうね
日本人は民族至上主義者で、極端な帝国主義、軍国主義だったし
日本と東アジアの文化が相まって、まさにカルトのような文化だったんだろう
あの時代の日本は、19世紀ヨーロッパの帝国主義と1930年代のファシズムが混じったものだと聞いたことがある


不明


日本は数多くのファシズム的特徴があると思う


・ヨーロッパのファシズムと同じように好戦的な国であり、新たな文化圏、経済圏、社会を求めた
・民族や人種の神話を重要視した
・"第三の道"をアピールした
・近代主義者であり改革と革命を訴えた
・テクノクラートと結託し、民族と愛国心に訴えた
・実際にドイツで行っていたように、議会を廃止して労働を奨励し、階級闘争の可能性を無くす事で階級強調を促進する新体制に置き換えた

だが、異なる点もある。日本にはドイツの突撃隊やスペインのフィランヘ党と同じような組織を持ってなかったことだ。それは、近衛文麿の大政翼賛会がうまくいかなかったからだと思う。

※第三の道
従来の2つの対立する思想や諸政策に対し、両者の利点を組み合わせた、あるいは対立を超越した、思想や諸政策。
「(ファシストは)貴族あるいは民主主義者、革命家そして反動家、労働者そして反労働者、平和主義者および反平和主義者(であることができる)」


※テクノクラート
Bundesarchiv_Bild_146II-277,_Albert_Speer

高度な科学技術の専門知識と政策能力を持ち、なおかつ、国家の政策決定に関与できる上級職の技術官僚。
建築家であり軍需相にも就任したアルベルト・シュペーアが有名


※大政翼賛会
内閣総理大臣をつとめた近衛文麿公爵を中心として、国家体制の刷新を求める革新派を総結集させて新党を結成する構想のた公事結社。国粋主義的勢力から社会主義的勢力までをも取り込んだ左右合同の組織である。


※突撃隊
svg


ナチス党の勢力拡大を援助する目的で設立され、最盛期には300~450万人に上ったが長いナイフの夜事件でエルンスト・レームや高級幹部が粛清されるとその勢力は急速に衰えていった。


※フィランヘ党
スペインのファシスト政党


不明


日本人は帝国主義者だった。
中国の占領だけを見ても、こいつらがクソファシストだという事が分かる



カナダ


ファシズムが市場経済の独裁的支配(もしくは、右翼の独裁政治)という定義であれば、1931年から1945年の間の日本はファシストだったと思う


イギリス


ファシズムは市場経済を支持してないぞ
国家コーポラティズムだ


※国家コーポラティズム
ファシストが国家組織に経営者や労働者の代表を組織し行う統制経済


不明


正確にはファシスト国家じゃなかったと思う
かなり軍国主義的ではあったが、あの時代の天皇は象徴だったからな


不明


ファシズムではなかっただろうが、ナチズムにかなり似ていると思うわ
それは多くのことが証明している。
極端な国家主義、軍国主義、独裁政治、民族的優越性、コーポラティズム、そして指導者の神格化
またドイツの生産企業と同様に、日本の財閥も大きな影響力があっただろう



アメリカ


極端な国家主義、軍国主義、独裁政治”だったから、多くの非ファシズム国家からファシスト政権だと思われたんだろうな
民族的優位性はあの時代のアメリカ、イギリスにもあったし。
1930年代の日本がファシスト国家になろうとしたら、国民は大反対したと思う。

Lief


あの頃アメリカにファシストと思われてたから、「もう一つのファシスト国家」として
ドイツ、イタリアと一緒にされたんじゃないの










よかったら押してくださいな





わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)