2007年01月19日

世界樹!

届いたー!!

sekai


初回特典なり!!

sekai2


いや〜よかったよかった。ちゃんとついていて。

詳しいレビューはまだ出来ないけど、触った感じを簡単にインプレしますか。

全体の雰囲気はまんまwiz。あれをちょっとやわらかくした感じ。とっつきやすくはあると思う。

・キャラクター
キャラクターなんて存在しませんよ(笑。自分で作るんです。えぇ、作中はしゃべりません。性格は自分で勝手に妄想すればいい。ちなみに僕はこんな感じにしました。

ギルド名:ヴァルハラ

ソードマン:フェンネル ♂
パラディン:バニラ ♀
レンジャー:マーシュ ♂
メディック:ミツバ ♀
アルケミスト:ターメリック ♂

これ、料理好きな人ならピンとくるかもね(笑。

ギルド名は最初は世界樹にちなんで「ユグドラシル」にしようかと思ったけど、べた過ぎたので同じ北欧神話からとりました。ヴァルハラは、ワルキューレが人間界から連れてきた優秀な魂を持つ戦士達が神界において住む場所です。ギルドにするにはぴったりじゃぁありませんか。

名前は見ればわかるけど「ハーブ」からとりました。

とまぁ…キャラクターに関しては自分で作って楽しむゲームと言うことで(^^;

あ、絵に関しては触れないけど、僕はなんとも思ってないんで。

・音楽
最高だと思う(爆。

そこかしこに古代節が(笑。最近にしてはホントに珍しい「ゲーム音楽」だと思う。FM音源の音もなんか懐かしい。ただファミコンの音というよりは、PC88やMSXの音に近い。なんにせよ良い。

ちなみに付属の特典に没曲が入ってるんだけど

ぶっちゃけ没レベルじゃねぇ(苦笑。もったいないぐらい。

・快適度
おおむね良好。セーブにちょっと時間がかかるけどそれ以外はストレスは感じない。戦闘はちょっともっさりしてるけど。3Dダンジョンは60fpsということでヌルヌルと動きます。

・バランス
まず戦闘。

気を抜くと死ぬ。


作者も「昔のRPG」と言うのを意識してたみたいだし、今回は原点に立ち返るということもあったらしいのでまぁ納得。それでもwizほど理不尽じゃないかな。あっちはダンジョンに潜って一回目の戦闘で全滅とかざらだから。

でも、これもRPGに慣れてる人じゃないと入っていきなり死ぬかもね。それぐらい厳しい難易度。裏を返せば絶妙かもしれない。

作者も「死んで憶えてください」といってるからね。

で、その他。

全体的にちまちま遊ぶ仕様になってるね。宿屋はレベルが上がると宿泊金が上がるし、お金は敵を倒しても手に入らない。アイテムを売って稼ぐ。お金はなかなか集まらないし、レベルも上がりやすくはない。ほんとに昔のRPGぐらいのバランスになってる。一気に進めようとするとすんごぃ疲れるタイプのゲームだと思う。

・手書きマップ
これは…僕は賛成だね。マップ埋めながら歩き回るのが楽しい。あと、マス目で動いてくのがすごくはらはらする、戦闘がきついからなおさら。「これ以上はもう無理かな?、まだいけるかな?」と自問自答しながらマップを埋めつつ先に進むのはなんともいえない快感かも。



いや〜…スタッフ頑張ったな。というかスタッフけっこう豪華だもんな。懐古主義には受けるわこれ、新規参入があるかは疑問だけど。「RPGらしいRPG」だね。ゲーム好きにはぜひ触って欲しい。

でも、PS以降のゲームに慣れちゃった&PS世代にはいろいろと辛い仕様かもしれない。

*追記
音源が「PC88っぽい」って書いたけど、ブックレットに「PC88FH実機からサンプリングしました」て書いてあった。そりゃ似てるわ。なんとなくソーサリアンの音楽を思い出す音だね。

Posted by super_he2000live at 20:45│Comments(0)TrackBack(0)ゲーム 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/super_he2000live/50891721

コメントする

名前
URL
 
  絵文字