aamall

2007年01月05日

SEOとSEMが効かない時代|アフィリエイトで100万稼ぐブログ

前回、SEOの業者が世に出回ってきたと言いましたが、今回はそのSEOやSEMの効果が出なくなってきたお話です。すでに個人的にいろんなウェブサイトで実験していますが、現在YAHOOやgoogleで上位表示されているのは以下の条件を満たしていることです。

1.YAHOO登録されている。YAHOO登録サイトはグーグルでも上位に来ているサイトが多い。
2.アクセス数の多いサイト。他サイトからのリンク数がなくてもアクセス数があると上位表示されているサイトがある。恐らく今のロボットはIPアドレスでアクセスを追うことができ、アクセス数を図ることができるのではないかと思う。(推測ですが)
3.更新されているサイト。ただし、1つの情報で1ページ増やしているサイト。例えば「イチロー猛打賞」という見出しがあるとそれについて1ページの記事を生成すると言った具合。ただしこれは保証できない。しかし私の場合、更新されているサイトが結果として上位に来ている。あくまでも参考程度に。
4.会社のドメインを取得していること。co.jpやac.jpなどの公的なもの。

です。これは私が実際に検証しているものです。
一昔前はタイトルタグやH1タグ、H2タグなど段落をきちっと記述したものが上位表示されてましたが、現在はもうバラバラです。恐らくタイトルタグやH1タグに人気キーワードをやたらと記述する人が増え、YAHOOやグーグルの検索上位表示を試す人が異常に増え、質の低いサイトが上位に来るようになったからだと思います。ブログなどホームページ製作者が異常に増えたのも背景にあるでしょう。2005年10月にYAHOO JAPANがグーグルの検索エンジンの契約を切って、独自のヤフーサーチを導入した背景にはお金も問題も大きいですが、全文検索で「YAHOO独自に」評価することも推測レベルですが考えられます。しかし、上記の1番と4番は以前安定したアクセス数を確保しております。1番のYAHOO登録ですが、東大受験合格率よりも高い難関で、厳選された良質のサイトが登録されます。4番の公的なドメインはちゃんと会社組織または非営利組織などの団体で現実社会に存在して運営されているので、比較的上位に来ています。

つまり何が言いたいのかというと・・・

「アナログ検索の時代に戻った」

ということです。YAHOO登録は今まで難関×2と言ってきましたが、実はそんなに難しいものではありません。コツがあるのです。過去に2度登録されている私ですが、「他にはない価値のある情報」を流すと比較的登録されやすいです。ローカルな田舎の情報はYAHOO登録しなくとも3日で上位表示できます。ヤフービジネスエクスプレスも1つの手ですが、52500円の審査料金がバカになりません。そこで私は以下の手段で安定した集客を確保しています。

1.非営利の無料情報サイトでYAHOO登録し、見込み客を非営利無料サイトから誘導する。


そうすると非営利サイトはいつもお客さんでいっぱいになり、毎日来客していただけます。ニュースなどは日々人々が見たがるので毎日アクセスしていただける人々も出てきます。例えば野球情報を流せば、あなたのサイトには野球に関心のある人々が訪れるでしょう。その中に野球選手が含まれている可能性が高いです。

私はこうやって安定したアクセスを確保し、社会に良いサービスを提供し、利益を元に雇用し、少数ですが小さな会社レベルになりました。サイトで得た資金で海外スタッフなども雇用し、今では大手通信社より早い情報サイトを構築しています。



superaffiliateblog at 20:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!SEO | アフリエイト稼ぐ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔