2015年06月26日

RCバギー・くまモンバージョンに対抗・・・スイカペンギンバギー!

6261
タミヤからRCバギー・くまモンバージョンが発売されましたが、原形車であるデューンバギー(2011)を先月のオープンハウスでゲットしたので、鉄道とのコラボRCカー第二弾としてスイカペンギンバギーを製作!!(第一弾は、前の記事の京急サービスカーRCです。また後ほど詳しくご紹介)RCバギー・くまモンバージョンはこちら 6263
スイカペンギンはその昔購入したぬいぐるみのストラップ。デューンバギーのドライバーおじさんがかぶっているテンガロンハットを継承! 6264
ハンドルはF1マシンよろしく、下部を切ってペンギンのおなかを回避!長さも足りなかったので、付け根に駆動系のカバーなどを流用し延長、ステアリングコラムむき出し状態になりました。デューンバギーのドライバーは上半身のみの再現ですが、ペンギンにはピッタリのシートサイズなため、フロアにはペダルもつけてみました。 6262
カラーリングはJR東日本のサービスカーに合わせていますが、色味がちょうど良かったのもあり、緑はメタリックグリーンを使用。緑のJRマークはどこかのイベントで購入した公式のステッカー・・・白いほうは鉄道模型用のインレタを使用する予定でしたが、耐久性を考え厚手の切り抜き文字のステッカーから自作しております。 6265
足回りも改造しており、1980年発売の原形のデューンバギーに近づけるべく、トレッドをナロー化。フロントは手持ちのジャンクから、スタジアムブリッツァーのアームを移植、リアはノーマルですが、薄いハブに交換してなるべくナローにしてあります。くまもんやDT-02デューンバギーと比べて、フロントタイヤ一個分の幅ほどナローになった程度ですが、効果は大!!カーブしたアーム形状もリアルで実車ぽく、結構いい雰囲気になったと思っております。 6267
モーターは380スポーツチューンに交換し、あえて540とせず、実車で言うところのダウンサイズターボ的なチューンにしてあります。高回転まで回るので(ノーマルの380より+1万回転以上)、標準のローギアでもトップスピードが伸び、バッテリー持ちも良く、その回転音と共に大変お気に入りのモーターです。ちなみに付属の380に最初から打ち込んであり、頑張っても取れない(笑)10Tのピニオンは別売していませんが、意外にもタミヤの1/14トレーラーシリーズのピニオンが使えますので、カスタマーで注文可能です、ご参考までに。 6266
次回はタミヤ・アクロショットをE7風に仕上げた、かがやきレーシングトラックをご紹介する予定!!

この記事へのトラックバックURL