2009年08月15日

チャートのお勉強ぁ禅婢垳従檗5

今回は『逆行現象』について。



この逆行現象とはオシレーター系の指標を使う際に起こる現象で、「値段が高値を更新したにも関わらず指数は高値を更新しない」または「値段が安値を更新したにも関わらず指数は安値を更新しない」現象のこといい、そのポイントから反落(反転)してくると反対売買(逆張り)のポイントと判断される事が多い。



これはRSI(相対力指数)やストキャスティクス、MACDなどでも使われるが一番オーソドックスなRSIでの逆行現象を実際に見てみよう。

f3034449.jpg




このように実際の価格の動きと指数の動きが乖離したときはチャンスであると言える。


但し、『逆行現象での売りは70%ライン以上で出現、逆行現象での買いは30%以下での出現』というのが条件となってくるのでこれには注意が必要となる。



この逆行現象は当たれば気持ちはいいが失敗するとNラインなどの餌食になることもあるので細心の注意を払いながら。


ご参考になりましたらm(__)m
人気blogランキングへ

supermoney at 23:02│Comments(3)お勉強 | テクニカル・チャート

この記事へのコメント

1. Posted by 下手なプロ   2009年08月16日 09:00
3 逆行現象はエリオツト波動の5波に出現する。一回だけではなく2〜3回もある。参考迄に今回ゴムに3回出ています。
2. Posted by supermoney   2009年08月16日 11:04
5 下手なプロさん、こんにちは。

エリオットと重ねましたか!
なるほど。
今度検証してみますね(^-^)
ということはフィボナッチもうまく使えば精度が上がるかもしれませんね。
今回のゴムは騙しもありましたがそれに引っ掛からないフィルターがあれば結構使えますよね(^-^)
3. Posted by 下手なプロ   2009年08月16日 18:09
追伸...昨年のゴム大天井356.9円はエクステンションにて3回の逆行現象出現にて完成。暴落相場ではRSI(13ポイント)迄下落(価格は162円)にて買狙い...逆行.順行の繰り返しにて100円割れ迄...ン千万円損失(自慢にはなりませんが)貴重な経験.勉強になりました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
チャート分析なら!
7d7d8e5d.bmp
ブログ村新着記事
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキング

先物ブログナビ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ

月齢[Flash]
Archives