2013年03月06日

ゴムで見る対等数値。5

本日ゴムの対等数値についてお客様に配信しましたところ「面白い!」と何人かに言ってもらえたのでこちらにもアップしてみます^^;

まず『対等数値』について

これは一目均衡表の考え方の一つです。
ちょっと難しく説明を書いちゃいますが図だけみていただいても構いません^^;

基本数値に対し対等数値は今日までの1波動の日数を取ってその数値を今後にその対等数値をとるもの。
対等数値も基本数値と同じく基本的にはN型の3波動と考える。
対等




図のように安値Dを時間軸として考えた場合、 銑い里茲Δ紡佚数値を取る。
但しAの高値は最高値か中段の高値でなければならず、そうでないならもっとさかのぼって計算していく。
この対等数値は前波動の日数がいくらであっても直接の問題ではなく、その後の波動日数は同じと考えられる。
そして前2波動(V)の日柄の合計が次の1波動(I)または2波動(V)と同じになると規定されている。

対等数値の関係は以下の通り
I=I(1波動〜1波動) I=V(1波動=2波動) V=I(2波動=1波動) 
V=V(2波動=2波動) N=I(3波動=1波動) N=V(3波動=2波動)
N=N(3波動=3波動) I=N(1波動=3波動) V=N(2波動=3波動)

【東京ガソリンで見る実際の対等数値の例】

ガソ



この場合、やはり重要なポイントは基本数値の箇所。
特に二期に相当する51本はN波動と考えられるのでこういった箇所には今後も注意をしていきたい。

これらを踏まえて現在のゴムを見てみる。
まずは基本数値。
ゴム基本数値



そして対等数値。
ゴム対等数値



これはあくまでもポイントを予測するために使うのでこれを見たから今は売りだ買いだというものではないのでくれぐれもご注意を。
こういった考え方もあるんだねえくらいの気持ちで眺めてみていただけると嬉しいです。

ご参考になりましたら是非おひとつm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

supermoney at 17:19│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
チャート分析なら!
7d7d8e5d.bmp
ブログ村新着記事
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキング

先物ブログナビ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ

月齢[Flash]
Archives