2014年01月19日

均衡表の基本数値の例5

ご質問のメールをいただいたので基本数値について簡単に。

先日からガソリンやコーン、ドル建て金などでこの基本数値がポイントになっていることが多くみられる。
この基本数値について細かいことを書くと非常に長くなってしまうので簡単に書いておく。

まず基本数値とは均衡表で最も重要と考えられる時間論で用いられる数値。
本来は波動と併せて考えていき、単純基本数値と複合基本数値が使われるのだがここではあくまでも簡単にすべて基本数値という捉え方で書いておく。
基本となる数値は「9,17,26」「33、42、52、65、76」あたり。
他にもまだ続くのだがここではまずこれだけ書いておく。
それぞれの日柄で一節二節三節(一期)とか二期などといったくくりをすることができ、この時間論を細かく書くと大変なのでここではこの数値の超簡単な使い方だけ。
(細かいことは私の均衡表の資料をお持ちの方はそちらに書いてありますので^^;)

まずこちらはガソリンの日足
ガソリン


まずこの基本数値の簡単な使い方はトップ〜トップ、トップ〜ボトム(ボトム〜トップ)、ボトム〜ボトムなどの日柄計算で用いるのが一番簡単でオーソドックスなやり方。
たとえば12/4のガソリンのトップは10/17のトップから33本目、11/11のボトムから17本目、そして11/21のボトムから9本目がすべて一致してくることになる。
このように基本数値が一致してくる日柄でさらに今回のように雲のねじれなどが重なってきたときは変化が起きやすい日柄として注目をしておくことはできると考える。
そこが大天井とか大底というわけではなく「変化」として考える。
一般的に言われる「変化日」も同じ。
この変化日とは「転換」「加速」「日柄の延長」の3つが考えられるので注意はしておきたい。
必ずしも変化日=転換とは限らないので。

このガソリンは何度か大納会の日の日柄に注目と書いてきていたがそれもこの基本数値の重なりと雲のねじれの重なりから判断出来る。
12/30の足は、11/11から33本の一本ずれの34本、11/21から26本、12/4から17本、12/16から9本目とこれだけのものが重なりさらには雲のねじれも重なるポイントになっていた。
この日柄では値段がいくらになるかというのはわからないので想像以上の上げを見せたり下げを見せたりすることがあるので注意が必要となる。
今回のガソリンの場合は週足のチャネルを何度かアップしたがちょうどそこにタッチしての日柄がぴたりとはまりトップとなっている。

此方はコーン。

コーン


1/14の足が今回はポイントと考えていたがつまりは10日の夜のUSDA報告の日の足となるわけだが
この日は11/8から41本目、11/19から33本目、とともに1本ずれとなり12/12からは17本、12/26からはこちらも1本ずれの8本となってくる。
そしてその日は雲のねじれも一致しているのでここで一旦動くかも知れないと考えることができる。
たた、今回の場合はこの時に付けた高値を更新してきていのでこの日の安値を割れる前に高値を一回抜いてきてほしいところなんだけどね。
このようにイベントの発表と日柄が重なることもあるのでこういった時も注目かな。

こちらはドル建て金

DG


こちらもチャートに本数は入れてあるのでこちらを参考に。
ねじれを伴ったのは昨年10/28の時の変化日がうまくはまったことになっているかな。
ねじれは伴っていなかったが1/14の日柄にも注目していたのだがここにきてこれを抜いてきそうな雰囲気が出てきたからねえ。
今週はこことの攻防に注目しながらイベントの日や、他に重なる基本数値を出してみて気になる日を探していくと言うことがこうした基本数値を使ったやり方の一つの例をして挙げられるかな。
ちなみにドル建ての次の注目は24日、27日、28日あたりと考えられるが果たしてどうかな?

こうした日柄はあくまでも参考程度で単体ではなくいくつかのポイントが重なったり目標値段を取りきった日と重なったりと複合のポイントがいくつか合致してくるかどうかをまずは気にしながら見て行くといいんじゃないかな?

ご参考になりましたら是非おひとつm(__)m




supermoney at 13:04│Comments(0)商品先物 | お勉強

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
チャート分析なら!
7d7d8e5d.bmp
ブログ村新着記事
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキング

先物ブログナビ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ

月齢[Flash]
Archives