2014年03月22日

3月22日(土)本日の入電は?〜入電二日目とその合計〜5

それでは本日の入電と二日分の合計を。

WTIは0.56ドル高の99.46ドル。
二日分の合計は0.91ドル安。
98.25ドルまで押していたが最後は転換線とほぼ同値辺りまで切り返して引けている。
遅行スパンは実線入りを嫌っているのでまだ此方の抵抗は効いているように見えるがどうかな?
下には雲が切りあがってきているので一度スライドでも構わないので入りこんでみてほしいねえ。
ブレントは0.47ドル高の106.92ドル。
二日間の合計は10.07ドル高。
高値は107.77ドルまであったので上髭は多少目立つがギリギリトレンドに回復となったので抵抗の確認とはいかなかったか。
ただ雲の下限にタッチしての髭となっているので此方は多少効いてくるかもしれないね。
最後は転換線を維持できずに引けているので引き続き次の足にも注目をして行きたい。

NY金は5.5ドル高の1336.0ドル。
二日分の合計は5.3ドル安。
高値は1343ドルと基準線の1339.4ドルを超える場面もあったのだが最後は維持できずに上髭に。
これで抵抗の確認と言うにはまだ早そうなので週明けの動きにはちょっと注目となりそうだね。
ここで続伸となってくるとトレンドはワークの確認とも言えてきそうなのでそうなると次の判断もしやすくなるんだけどねえ。
CFTC発表の建て玉明細は先週の491トンの買い越しから560トンの買い越しと大幅増加。
ファンドの大量のドテン買いが要因となるがこのデータは18日時点となるので前日に高値を付けているのでそこでの行動なんだろうな。
その高値から一旦70ドルの押しを入れているのでここでどういったポジションになっているかな?
ちなみにETF残高は4.19トン増の816.97トンとなっている。

シカゴコーンは0.50セント高の479.00セント。
二日分の合計は8.75セント安。
前日の陰線の流れを受け継ぐかと思ったが踏ん張ったね。
転換線の快復というわけにはいかなかったが前日の陰線のインパクトはそこそこ在ったので踏ん張っただけでも良しとしておきたいかな。
ただ指数はあまり良い形ではなくなっているので引き続き基準線との関係には注目をしながら見ていきたい。

ドル円は102.23円辺りでNYを終えている。
安値は一時101.99円まであったが最後はまたいつもの水準へと回復。
高値は102.45円となっているので上値抵抗はきちんと働いてはいるみたいだねえ。
米ミネアポリス連銀総裁のコチャラタさんは「FOMCで反対票を投じたのは利上げの新基準を明示すべきとの意思であり、失業率5.5%とか1〜2年先のPCE見通し2.25%を定量的基準とすることが出来た」とコメント。
米ダラス連銀のフィッシャー総裁は「現状のペースなら資産購入は10月までには終了することは明白」「終了後から最初の利上げまでは相当期間かかる」とコメント。
どちらも今年のFOMC投票権を持つが市場の反応は特に見られず。

来週はどうなりますか!

皆様、また来週から頑張りましょう!!

宜しければ是非おひとつポチッとお願いします!m(__)m
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


人気blogランキング

supermoney at 08:34│Comments(0)相場観 | 商品先物

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
チャート分析なら!
7d7d8e5d.bmp
ブログ村新着記事
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキング

先物ブログナビ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ

月齢[Flash]
Archives