2017年08月12日

東京金とドル建て金の日足を簡単に見てみる。5

まずは東京金の日足を簡単に見てみる。
金

連休前の夜間取引は10円安の4500円で取引を終えている。
高値は4518円となっており7/28の4514円をわずかに抜いたが最後はタートルスープ型となっている。
ドル円とドル建ての綱引きがややドル建て優勢となっている感じがするのでこのままドル安進行となってきた場合はドル建ては一段高となり、東京はどちらかというとドル建てについていく感じとなってくるのかな?
このまま4514円を終値で超えてくると新しいNラインやVラインなどを考えていく必要が出てくる。
その場合のNラインは4540円、Vラインで4577円となってくるがあくまでもこれは引けで4514円を超えているならという条件付きだけど。
逆にトレンドはワークとなっているのでこれを割れてくる際は要注意となってくるんだろうな。

こちらはドル建て金。
ドル金

今朝の引けは1288.77ドルとなっておりややドルが戻してもこちらはしっかりと引けたことに。
こうした細かい動きが東京をじりっと上げるんだろうねえ。
直近の8/1の1273.53ドルをネックラインとして考えた場合、押しの条件を満たしていないのでNラインは考えないとしてもVラインの1295.06ドルは頭に入れておく必要はあるかもしれないね。
もしもこれをドル建てで取りきると、朝方にNY金のところで書いた一代の高値もとることになるかもしれないね。
ただRSIも70%を超えてきているので朝にも書いたドル円の日柄にも一応注意をしておきたいところ。


御参考になりましたら是非おひとつぽちっとお願いしますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


supermoney at 08:52│Comments(4)相場観 | 商品先物

この記事へのコメント

1. Posted by ゴマ   2017年08月13日 05:45
1 すみませんが教えてください。
タートルスープとは20日前のと概ね同値のことで良いのでしょうか?
また、トレンドはワークのこの意味が分かりません。
宜しくお願いします。
2. Posted by supermoney   2017年08月13日 06:36
5 ゴマさん、おはようございます。

タータルスープとは売りの場合、20日間の最高値を抜いた後にその高値を割れること、買いの場合、20日間の最安値を割れたところからその最安値を超えること、但しその最高値・最安値は4営業日以上前のものとなります。
ワークとは三点以上で結べたトレンドのことです。
ワークしたトレンドをブレイクした時は目先の変化の兆しと考えます。
3. Posted by ゴマ   2017年08月13日 07:19
2 有難うございます。
ということは、投機家さまの言われるタートルスープやトレンドワークはピッタリと当てはまるのではないでしょうか。
ウキウキしてきました。。
今回のRSIも70%を既に越えて、今年は70を越えたら全て急落しております。また、NYは高値更新をしておりますが
国内は更新はありません。現在、売りを所持ですが下手にこの場面は両建ては良くないですよね。
4. Posted by supermoney   2017年08月13日 07:38
5 ゴマさん

それが正解かどうかはわかりませんが、私はここで買いは入れたくないと思ってしまいますね(>_<)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
チャート分析なら!
7d7d8e5d.bmp
ブログ村新着記事
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキング

先物ブログナビ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ

月齢[Flash]
Archives