2018年10月31日

日銀金融政策決定会合5

日銀会合結果。

「当座預金のうち政策金利残高に対する0.1%のマイナス金利を維持」
「10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう長期国債の買入れを行う」
「保有残高の増加額は年間約80兆円をめどとし、弾力的な買入れを実施する」
「ETF・REIT、市場の状況に応じて買入額は上下に変動し得る方針を維持」
すべて現状維持。

経済見通しについては「リスクバランスをみれば経済物価ともに下振れリスクが大きい」と。
「19年度実質GDP見通しは+0.8%」
「 20年度実質GDP見通しは+0.8%」

経済・物価情勢の展望(日銀HPより)
経済・物価情勢の展望

当面の金融政策について(日銀HPより)
当面の金融政策について

12:19時点のドル円5分足
ドル円5分足

ほとんど動かす。

このあと15:30に黒田総裁の会見。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

supermoney at 12:22│Comments(2) 為替 

この記事へのコメント

1. Posted by がそさん   2018年10月31日 15:17
教えてください。原油とガソリンの値動きが海外と連動していないのは、資金がある方が市場を動かしているのでしょうか?
2. Posted by supermoney   2018年10月31日 15:25
5 がそさんさん、こんにちは。

動き自体は連動していると思いますが、上げ幅下げ幅に関しましては多少はそういったものもあると思います。
特にガソリンは買い方でつかまっている人が多いと思いますのでどうしても下げに敏感に反応してしまうようですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チャート分析なら!
7d7d8e5d.bmp
ブログ村新着記事
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキング

先物ブログナビ

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ

月齢[Flash]
Archives