来年は4月を迎えて、これからの働きかたについて考える

2014年02月12日

多様な社会

アーティストでありたいと思っている。
そうすることで、色んなことの辻褄がつけれるようになる。
いや、正確にはつけれないようになる。
それでも、そういう観点か。
やっぱり違うね。その視点はなかったわ。
って思ってもらえる。言ってもらえる。
なんか逆説的だが、そんな世の中。
生きにくいのやら、生きやすいののやら、わからない。

多様性があることは素晴らしいことであるが、多様性を重んじるあまり世の中変な方向にいかなければよいと思うが。

それでも思う、
やはり、突出しなければならない、飛び抜けなければならない。

どうしよう。
会社辞めようかな。



supermotonari at 17:46│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
来年は4月を迎えて、これからの働きかたについて考える