2006年01月26日

ジャパン3

54608f0a.jpgNO.00025

ジャパンの2枚組ベスト・アルバム『ザ・シングルス』(1996年)

ジャパンは、昔『錻力の太鼓』なる不思議なタイトルと不思議なジャケのアルバムを齧った事があるのですが、その時に聴いた感じでは“洗練された大人のロック”みたいなイメージでした。
それが、今回聴いてみて「意外と取っ付き易いポップな手触りなんだぁ」と思い直しました。
このベストは、前期3枚の時のレコード会社時代のベスト...つまり“全く売れなかった時”のベストです。(笑)
しかも、シングルのAB面を順番に並べた後に12インチで出した曲を並べているので、ダブる曲の多い事、多い事。
「ライフ・イン・トウキョウ」に到っては、ヴァージョン違いとはいえ8曲も入ってます。
「ふざけるなー!」と、声を大にして言いたい。
これは完全にコレクター・アイテムなので、みなさんは普通のベストを買いましょう。
但し、1つ1つの曲は時折デュラン・デュランを彷彿させる曲もあって、なかなかです。




洗脳されそうです。


superozzy5 at 01:50│Comments(6)TrackBack(3)J | BEST

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. デヴィッドシルヴィアン - Secrets of Beehive  [ コム ロック ログ! ]   2006年05月31日 17:47
僕の大好きなグループの一つにJAPANがある。 ジャパンは1977-1983年の6年間に5枚のアルバムを 出している。 (アセンブラージュ等のベストや、ライブ盤などを除く) 最初はド派手な化粧で、まるでT-REXのマークボランや、 デヴィッドボウイ等のような「グラムロ...
JAPAN”孤独な影”1980年[:聞き耳を立てる:]試聴 いつものようにY子と待ち合わせた。いつものように待ちぼうけ食わされた挙句に、彼女は一人の友人を引き連れてきたってわけだ。彼女は、同い年かちょっと下だろうか・・・濃い化粧がぽっちゃりした体型に不釣...
3. ジャパン JAPAN  [ みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories ]   2008年01月17日 12:17
懐かしいです!一人で思い出にひたってしまいました。 ジャパーン!ひろみGOではありません 82年アルバムTin Drum よりシングル・カットされたGHOSTS 私が好きだったのは、兄のVO.デヴィッド・シルヴィアンではなく 弟のドラム担当スティーヴ・ジャンセン。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by おやじ   2006年01月28日 19:54
5 ジャパンもいいですよね〜!ミック・カーンのベースラインにしびれてました!
あと土屋昌巳さんが一時期サポートメンバーで入っていましたよね?ジャパンの中にいた時ははまってましたね〜あの雰囲気。
2. Posted by OZZY   2006年01月29日 13:18
おやじさんは凄い詳しいですね!?
そうそう土屋昌巳さんは本当に違和感無いですよね。(笑)
考えてみたら不思議な存在感ですよね。
3. Posted by nakajin   2006年05月09日 16:08
トラックバックありがとうございます。ジャパンは聴けば聴き込むほど広がって行く音楽です。スティーブのタイコ、ミックのベース、リチャードのシンセ、そして何よりデヴィッドの存在感。他には類を見ないですね…。
4. Posted by OZZY   2006年05月09日 20:55
nakajinさんコメントありがとうございます。

なるほど、聴けば聴くほどですね。
確かにデヴィッドは不思議な存在感を持ってますよね。
5. Posted by evergreen   2006年10月16日 20:11
こんばんは!
TB有難うございました!
またまた、こんなCDがあったんですね!
これまた結構おもしろいかも!
おもしろいも又紹介してくださいね!
たのしみにしています!
6. Posted by OZZY   2006年10月17日 01:38
エヴァさんこんばんは。

「おもしろい」ですか。

頑張ってみますが、真面目なので難しいです。(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字