マドンナ 3ローリング・ストーンズ

2006年03月08日

レッド・ツェッペリン 25

217cd2d9.jpgNO.00121

レッド・ツェッペリンのオリジナル・アルバム『Ⅱ』
(1969年)

全人類必聴の“歴史的名盤”です。
衝撃のデビューから僅か1年後に、あのファースト・アルバムをも凌ぐ歴史的名盤を作ってしまうのですから、この時のツェッペリンには正に“神が降りて来た”のでしょう。
しかも、神の中でも最高級の特別な神です。
それほど、このアルバムには“奇跡”が詰まっています。
楽曲のクオリティは最高だし、4人の演奏には“艶”がかかっていて言う事ないし、もう“何かが起こった”のは、間違いありません。

このアルバムを聴いて「ツェッペリン大した事無いね」なんて言う人がいたら、その人の音楽性どころか人間性まで疑います。


(1)「胸いっぱいの愛を」のギターリフは、鳥肌立ちまくりの最高傑作です。




とりあえず、全人類必聴と言う事でお願いします。m(_ _)m


superozzy5 at 11:34│Comments(6)TrackBack(12)  LED ZEPPELIN | ★★★★★

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Led Zeppelin II  [ amaseek.jp ]   2007年03月18日 02:21
「Led Zeppelin II」へのトラックバックを受け付けました。
2. レッド・ツェッペリンII  [ amaseek.jp ]   2007年03月18日 02:21
「レッド・ツェッペリンII」へのトラックバックを受け付けました。
3. レッド・ツェッペリンII  [ amaseek.jp ]   2007年03月18日 02:21
「レッド・ツェッペリンII」へのトラックバックを受け付けました。
4. レッド・ツェッペリンII  [ amaseek.jp ]   2007年03月18日 02:21
「レッド・ツェッペリンII」へのトラックバックを受け付けました。
5. レッド・ツェッペリンII  [ amaseek.jp ]   2007年03月18日 02:22
「レッド・ツェッペリンII」へのトラックバックを受け付けました。
6. レッド・ツェッペリンII  [ amaseek.jp ]   2007年03月18日 02:24
「レッド・ツェッペリンII」へのトラックバックを受け付けました。
7. Whole Lotta Love  [ 今日聴いた音楽 ]   2007年10月27日 18:23
こちらのチケット争奪戦は20000枚に対して、100万人超えた そうですね。それにしても何やってでもチケットが欲しいという 強烈なファン心理ですね。 わたしのところは音楽のblogなので、、ようつべから、 名曲をあさってみました。 Led Zeppelin  "Whole Lott...
8. レッドツェッペリン『II』  [ ROCK野郎のロックなブログ ]   2008年07月18日 13:07
5 Led Zeppelinの2ndアルバム『II』。1969年発表。 “胸いっぱいの愛を”なんて美しい邦題の曲から、あのリフが鳴らされたときは「へ?」と思ったのを良く覚えています。それから“ハートブレイカー”の、どこかで必ず聴いたことがあるはずの、これまたリフ。 『レッド・...
9. Led Zeppelin ??/Led Zeppelin  [ 単なる音楽好き?それともオタク( ̄∀ ̄;)汗 ]   2008年08月20日 12:29
5 ヘヴィー・メタルの聖典ともいえるセカンドアルバム。1969年8月イギリスで、10月にアメリカで、12月に日本でリリースされ、全英、全米ではNo.1ヒットとなり、レッド・ツェッペリンの名を世界に知らしめた。アメリカでは199位で初登場し、次の週に15位に浮....
10. レッド・ツェッペリンの「レッド・ツェッペリン?」を聴いてみた  [ 土佐のオヤジの音楽昔話 〜 あの頃の曲を聴いてみた 〜 ]   2010年10月01日 16:03
 前回、思い出話を書いた影響で、本日も、続けてレッド・ツェッペリンを聴きました。  このアルバム、ツェッペリンの2枚目のアルバムなん...
11. レッド・ツェッペリン? (レッド・ツェッペリン/1969年)  [ 音楽は語るなかれ ]   2010年10月01日 22:13
レッド・ツェッペリンを神格化させたアルバムである。このアルバムは確かに収録されている曲も素晴らしいが、実はその録音自体からして、色々なバックボーンがあり、言い方を変えれば構想の段階から名盤であったという言い方ができよう。ツェッペリンはグループ名の如く、「...
12. 胸いっぱいの愛を  [ 徒然なるサムディ ]   2010年12月18日 14:17
先日の江川紹子さんの講演を聴いた帰りの車中。 ラジオからレッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」が流れてきました。 以前も書きましたが、ロックはあまり熱心に聴くほうではなかったのですが、 この曲もE・クラプトンの「レイラ」同様、あのギターのイントロから ...

この記事へのコメント

1. Posted by donky   2006年03月08日 18:17
こんばんは。

兇郎嚢發任垢諭亜
私もZepの中で一番好きなアルバムです。
2. Posted by OZZY   2006年03月09日 14:33
本当に最高ですよね!

自分は「検廚迷います。ん〜。
3. Posted by あまでうす   2008年08月20日 12:27
5 本当にクオリティーの高いアルバムですね。
1曲聴くたびに、何じゃこりゃ!
曲の展開が予測不能・・・
このアルバムでは、Thank youがお気に入りです。
4. Posted by OZZY   2008年08月20日 14:54
あまでうすさんコメントありがとうございます。

もうメチャクチャ凄いアルバムですよね!
「Thank you」も大好きです!
5. Posted by rattlehead   2010年12月15日 19:03
TBありがとうございました。
こちらからはうまく送信できなく
ご了解のほどを。。。

うん、やっぱ「ZEP II」、永遠に聴き続ける作品ですよ〜!
※http://rattlehead.seesaa.net/article/129394863.html
6. Posted by OZZY   2010年12月15日 19:34
rattleheadさんわざわざコメントありがとうございます!

全然気にしないで下さい。

そうそう、永遠に聴き続ける事を誓います!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マドンナ 3ローリング・ストーンズ