2006年05月28日

キング・クリムゾン5

2f72e824.jpgNO.00294

キング・クリムゾンのオリジナル・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』(1969年)

何から伝えれば良いのでしょうか?
もはやロックの名盤中の名盤として語り尽くされた、このアルバムについて。
完璧の3乗位完璧な、このアルバムについて。
もはやアートとされた、ジャケについて。
名盤と言われるアルバムは数多く存在しますが、このアルバムを聴いた時は、眩暈で頭がクラクラしました。

「すげぇ!すげぇ!!すげぇよ!!!」

これ以外に言葉を発する事は出来ず、音楽を、ロックを一生涯胸を張って「最高」と言おうと決めました。


(3)「エピタフ(墓碑銘)」には、言葉も有りません。




「ロックって最高ですかーー!!」


superozzy5 at 14:01│Comments(37)TrackBack(27) KING CRIMSON | ★★★★★

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. K・クリムゾン"宮殿”に好きも嫌いもない!!!  [ Iron Rosary ]   2006年06月28日 18:48
In the Court of the Crimson King このアルバムは、タイトル通り いつの日も主観で物言う私[:女:]であったとしても好きだ[:ときめき:]嫌いだ[:しょんぼり:]と言えるアルバムではなく ROCK史上[:赤い旗:] 最重要アルバム[:おにぎり:]であり LED ZEPPE...
2. King Crimson - In The Court of The Crimson King  [ ロック好きの行き着く先は… ]   2006年08月19日 14:35
 1960年代末期、英国ではブルースロックが全盛となりその最たるモノがクリームであって、その後にレッド・ツェッペリンが世界を制したという図式で、ポップス界ではビートルズが「Abbey Road」をリリースして解散と 
3. MR 67 キングクリムゾン  「ディシプリン」  [ えんすき日記 本家 ]   2006年08月22日 06:42
えんすき日記 避難場所 http://blog4.fc2.com/enrock/ SkiReport & En’sPhoto http://blog.drecom.jp/enphoto/ King Crimson 「Discipline」 70年代活躍した多くのミュージシャンが、ニューウェイブの 登場で音楽的な軌道修正を余...
4. KING CRIMSON『STARLESS AND BIBLE BLACK』  [ プログ・ブログ ]   2006年08月22日 21:38
暗黒の世界 (紙ジャケット仕様)キング・クリムゾン ユニバーサルインターナショナル 2004-01-28by G-Tools キング・クリムゾンで1枚といえば、ロックの最重要アルバムの1枚である宮殿ということになるのだろうが、プログレファンの中には逆に定番過ぎてここ何年もまともに...
5. King Crimson / Beat  [ 楽しい音楽を聴く♪ ]   2006年08月23日 17:49
Rock-Progressive Rock : ★★★★★   Beat   プログレッシブロックファンでない人にこそ聴いてもらいたい   キングクリムゾン、1982年の作品。 '80年代クリムゾンといえば、 多くのファンに好まれない不遇の時期で有名である。...
6. Lark's Tongues in Aspic/KING CRIMSON (キング・クリムゾン)  [ OOH LA LA - my favorite songs ]   2006年08月23日 23:39
Lark's Tongues in Aspic: 30th Anniversary (Rmst)KING CRIMSONLarks Tongues in Aspic [FROM UK][IMPORT] [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  Bill Bruford(Dr.ビル・ブラダ
7. キング・クリムゾン 『太陽と戦慄』  [ 洋楽の泉-新館 ]   2006年08月24日 22:30
イエスの ビル・ブラッフォード、ファミリーの ジョン・ウエットンらを迎えて 制作された、キング・クリムゾンの 6作目(’73)。
8. キング・クリムゾン 『ポセイドンのめざめ』  [ 洋楽の泉-新館 ]   2006年08月24日 22:33
プログレ四天王の一角、キング・クリムゾンの’70年発表の 2作目。
9. ありし日のジョン・ウェットンに捧げるオマージュ  [ すちゃらかな日常 松岡美樹 ]   2006年09月07日 22:41
※ジョン・ウー監督ではなく、まちがいなくジョン・ウェットンのサインである たまたま、いま昔のKing Crimsonを聞いてるのでそれについて書こう。 こりゃ、1973年11月23日、アムステルダムで彼らが演奏したときのブートレッグだ。 青春である。 とにかくリズムセクション...
10. IN THE COURT OF THE CRIMSON KING  [ プログレッシブロック・ドットジェイピー ]   2006年10月10日 17:12
5 1.21ST CENTURY SCHIZOID MAN including MIRRORS 2.I TALK TO THE WIND 3.EPITAPH     (a)MARCH FOR REASON     (b)TOMORROW AND TO....
11. クリムゾン・キングの宮殿  [ ROCK ANTHOLOGY BLOG ]   2006年11月02日 23:49
”衝撃のデビュー・アルバム”と形容されるアルバムは数多くあれど、今回紹介する このキング・クリムゾンのデビュー・アルバムほど、その言葉を体現しているものはない。 まさに真の”衝撃のデビュー・アルバム”と言えるだろう。 という事で今回はコチラのアルバムを紹...
12. 〜クリムゾン・サウンドの変遷〜  [ プログレッシブロック・ドットジェイピー ]   2007年01月31日 12:56
4 〜クリムゾン・サウンドの変遷〜 ロバート・フリップは、少年時代、自分は他の人間とは違うという感情をずっと持っていたと聞く。 自分は他人とは違っていたい。強力な自己を確立したい。そんな心の欲求であったのだろう。それはクリムゾン結成の時も変わらなかったよう....
13. Jonathan's Hit Studio  [ 素敵なジョナサン ]   2007年03月19日 15:35
やぁ ミュージック不安のみんな 用意はいいかな? ジョナサンのヒットスタジオの時間だ 今夜はなんと ぼくの好きなアーティスト&ミュージックの紹介だ まずは邦楽からだ みんなもこれ↓を聴いて{/fuki_osusume/} ぼくみたいにカッコ良くなろうね!! TRA:今さらデビュ...
14. キングクリムゾン『In the Court of the Crimson king』  [ ROCK野郎のロックなブログ ]   2007年03月29日 12:29
5 King Crimsonの衝撃のデビュー・アルバム『In the Court of the Crimson king(邦題:クリムゾン・キングの宮殿)』。1969年発表。 一言で言うと「古典」です。このアルバムほど「古典」という言葉が似合う作品はありません。ビートルズが奏でていたロックンロールから“....
15. 21世紀のスキッツォイド・マン/キング・クリムゾン  [ white blog ♪ ]   2007年03月30日 02:03
もうさっきからデザインを変更したり設定をいじっていてエラーは出るし、ライブドアブログ自体に接続が出来なくなったり、途中まで打った記事を間違って消してしまったり・・・今のわたくしはほんっとに「クリムゾン・キングの宮殿」のジャケット(下のヤツね)状態です! ク...
「クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)」へのトラックバックを受け付けました。
17. In the Court of the Crimson King  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:15
「In the Court of the Crimson King」へのトラックバックを受け付けました。
18. In The Court Of The Crimson King: 30th Anniversary Edition [Remastered]  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:15
「In The Court Of The Crimson King: 30th Anniversary Edition [Remastered]」へのトラックバックを受け付けました。
19. クリムゾン・キングの宮殿  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:16
「クリムゾン・キングの宮殿」へのトラックバックを受け付けました。
20. クリムゾン・キングの宮殿  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:16
「クリムゾン・キングの宮殿」へのトラックバックを受け付けました。
21. クリムゾン・キングの宮殿(紙ジャケット仕様)  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:24
「クリムゾン・キングの宮殿(紙ジャケット仕様)」へのトラックバックを受け付けました。
22. 21世紀のスキッツォイド・マン EP  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:24
「21世紀のスキッツォイド・マン EP」へのトラックバックを受け付けました。
23. クリムゾン・キングの宮殿  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:24
「クリムゾン・キングの宮殿」へのトラックバックを受け付けました。
24. クリムゾン・キングの宮殿  [ amaseek.jp ]   2007年04月30日 15:24
「クリムゾン・キングの宮殿」へのトラックバックを受け付けました。
25. king crimson  [ 山あり谷あり ]   2007年06月22日 06:13
プログレッシブ・ロックの代表的存在、キング・クリムゾン。 ジャズやクラシック的要素を取り入れ、創造的・芸術的。 ファーストアルバム、「クリムゾン・キングの宮殿」から。 King Crimson - 21st Century Schizoid Man KING CRIMSON - 21st Century Schizoi...
[:祝:]迎春2008年の栄えある最初の投稿記事は、英国で発売された初盤が1969年10月(今から39年も前!!)になると言う、いわゆるプログレッシヴ・ロック界の至宝?金字塔!?”KING CRIMSON(キング・クリムゾン)の1stアルバム「クリムゾン・キ...
27. IN THE COURT OF THE CRIMSON KING / King Crimson  [ Any Colour You Like ]   2010年04月12日 00:04
他を圧倒する構築美、壮絶なインプロヴィゼイション…  音楽史上最高傑作の誉れも高いビートルズの「アビィ・ロード」をトップから引きずり落としたロック史上に燦然と輝く名盤中の名盤! 

この記事へのコメント

1. Posted by ふるちん   2006年05月29日 01:21
さいこうでーす!
2. Posted by クリハラ   2006年05月29日 09:57
トラックバックありがとうございます。
幅広く、偏ってないのは素晴らしい。

また、伺わせていただきます。
3. Posted by OZZY   2006年05月29日 11:20
ふるちんこんにちは。

大丈夫ですかー!?
4. Posted by OZZY   2006年05月29日 11:30
クリハラさんコメントありがとうございました。

ありがとうございます。
ただ雑食なだけですよ。

又、是非コメントお願いします。
5. Posted by golden_70s   2006年05月29日 20:43
やっぱりこのアルバム聞いてみるべきでしょうか?
レンタル屋さんに行くだびに、眺めているんですが、”消化不良”を起こしそうで怖いんです。
どうしましょ
6. Posted by かずき   2006年05月30日 00:32
噂では、このジャケットを書いた人が後日死んだとか…(・・;)
7. Posted by OZZY   2006年05月30日 02:28
金さん!!
意外です!!
聴かないと一生損しますよ。(笑)
8. Posted by OZZY   2006年05月30日 02:34
噂です。(笑)
9. Posted by golden_70s   2006年05月31日 21:55
早速、借りてきて聞きました。
「エピタフ」はとてもきれいな曲ですね。
それ以外は、私の頭では簡単に理解できないようです。
理解できるまで、頑張ってみます。
10. Posted by OZZY   2006年06月01日 00:37
金さん凄い!!
行動力があり過ぎです!!(笑)
嬉しいですね〜。
「エピタフ」に食いついたらもう時間の問題です。
金さんがハマルのが楽しみです。
11. Posted by TASH   2006年06月25日 21:39
おっしゃるとおり!私は初期紙ジャケット仕様のレコードを所有しておりますがコレクションの中で一番の宝物です!
12. Posted by OZZY   2006年06月26日 12:10
おぉ〜!それは貴重ですね。

それにしてもこれほどインパクトのあるジャケットって他に思いつかないですよね。
13. Posted by えんすき   2006年08月22日 06:40
TBありがとうございます

確かにインパクト強すぎですよ。このアルバム。
ジャケも中身も凄い!  
14. Posted by OZZY   2006年08月22日 11:28
えんすきさんコメントありがとうございます。

めちゃめちゃインパクトありますよね〜。

ジャケは音楽史上最高の1枚だとおもいます!
15. Posted by BoosterMania   2006年08月22日 11:30
トラックバックありがとうございます。

このアルバム、ビートルズの“Abbey Road”を全英チャート1位の座から蹴落としたことでも有名ですが、確かにそれだけのことはある凄いデビューアルバムですよね。それまでには無かった音楽を演っていると思います。

・・・数年前、トヨタ自動車が、新型車のCMに、このアルバムのオープニングナンバーを使っていましたが、あれも凄いと思いました。“クルマのCMに精神異常者って、トヨタもスゲーなぁ”なんて(笑)。

16. Posted by OZZY   2006年08月22日 12:06
BoosterManiaさんコメントありがとうございます。

本当にこの時に聴いた人は「なんじゃこりゃ〜!」と思った事だと思います。

「クルマのCMに精神異常者」
確かに凄いですね!
ただこの邦題タイトルは今は禁止されたみたいですね。
17. Posted by ミナミカゼ   2006年12月05日 21:48
このアルバムの中でも一番のお気に入りは
やはり『エピタフ』です。
心に染み入る名曲だと思います。
学生時代に聞いて三十数余年・・・
いまだに聞いてますよ♪
18. Posted by OZZY   2006年12月06日 11:20
ミナミカゼさんコメントありがとうございます。

「エピタフ」最高ですよね。
ヘッドフォンで聴くとあっちの世界へ行けそうです。(笑)

クリムゾンにコメントして頂いたのでどんな方かと思ったら..バイク=クリムゾン合いますか!?(笑)
19. Posted by higeru   2007年01月26日 20:52
 中学生の頃からエマーソン・レイク&パーマーが大好きだったのですが、あるライブ盤でグレッグ・レイク(キング・クリムゾンの元ボーカル)が、アコギの弾き語りを中断して、いきなり "Confusion will be my epitaph" とやって会場が盛り上がるというシーンがあるのですが、
かなり後(高校生くらい)に友人からこのアルバムを借りて聞いて、ああそういうことだったのね〜と思った記憶があります。
20. Posted by OZZY   2007年01月26日 21:19
higeruさん音楽詳しいんですね!と言うかリアルタイムで体験してる人の意見は耳を傾けたくなります。
これを高校生で聴けるなんて凄いですね!
21. Posted by ukiki   2007年01月31日 12:59
こんにちわ。
クリムゾン大好きなのでTB張らせてもらいました。
確かにこのアルバムは薀蓄は要りませんね(^^)
22. Posted by OZZY   2007年01月31日 16:32
ukikiさんコメントありがとうございます。

ブログ見ました!
かなりプログレ好きんなんですね!

このアルバムは...必要無いですね。(笑)

これからも宜しくお願いします。
23. Posted by kiyo   2007年03月22日 13:14
ファイナル・ヴァージョンと謳われている紙ジャケ仕様を買いました。
このアルバム、実は10年程前に聴いたときはイマイチで売ってしまったのです。
ファイナル・ヴァージョン聴いてビックリ、音が全然違います!(特にドラムか)
紙ジャケで雰囲気もいいですし、買い直す価値ありですよ!
と、OZZYさんを困らせてみた。
1年以上前に出たやつなんで、もう持ってるかもしれませんが。。。
24. Posted by OZZY   2007年03月22日 14:13
kiyoさん情報ありがとうございます。

ただ紙ジャケは...すいません。
でも音が全然違うなら是非聴いてみたいですね。
貸して下さい。(笑)
25. Posted by kiyo   2007年03月22日 15:25
まだ貸せませんよっ!今聴いてるんですから。

音はですね、ただのリマスターではなく、マスター音源からして違うらしいですよ。
これが本来の姿と書いてあります。

いやぁ、ここまで違うとは・・・OZZYさんが聴いてるやつ偽物かもしれませんよ(笑)。

困ったでしょう(笑)。
26. Posted by OZZY   2007年03月23日 00:55
kiyoさんやっぱりダメですか。(笑)

あれ?字が見えない。
故障みたいです。(笑)
いや涙で見えないのかも?
27. Posted by 波野井露楠   2007年04月28日 02:15
初のプログレ記事を書いてみました。
例によって、拙い記事ですが、TBさせていただきました。
す、すみません(^^;)!汗
28. Posted by 波野井露楠   2007年04月28日 02:16
初のプログレ記事を書いてみました。
例によって、拙い記事ですが、TBさせていただきました。
す、すみません(^^;)!汗
29. Posted by OZZY   2007年04月28日 10:15
先生読ませて頂きました。

『宮殿』は本当に素晴らしい芸術作品だと思っています。
それにしても最近はコメントが2回反映されるのがブームですね。(笑)
30. Posted by sihuku   2008年01月06日 21:49
こんばんわ=
ロックは”最高”ですよね☆
毎日聴いているワケでもありませんが、時折聴くとこの宮殿は新鮮味があって面白いです〜♪
31. Posted by OZZY   2008年01月06日 22:27
sihukuさんコメントありがとうございます。

もちろんロックは“最高”です!(笑)

宮殿は本当に深くて何度でも味わえますね。

『宮殿』も最高です。
32. Posted by nokki   2008年04月28日 22:01
す、すごいですね、この量!
もう宝の山です……!!(嬉)
「クリムゾン・キングの宮殿」は大好きな曲です。
ですが、今日は「エピタフ」に決めました。
実はどうしようか迷っていたんですが……。
あっ、トラックバックありがとうございました。
33. Posted by OZZY   2008年04月29日 03:28
nokkiさんありがとうございます!

「宝の山」と言って頂けると本当に嬉しいです。

「エピタフ」も名曲ですよね。
ヘッドフォンなんかで聴いてると、ホントヤバイです!(笑)
34. Posted by 白湯   2008年06月10日 04:28
トラックバックありがとうございました!

クリムゾンもお好きなんですね。
僕も大好きで、青春時代このアルバム聴いて
クリムゾンにハマました。
個人的にはモラトリアムな"Moonchild"が好き
だったりします。

ダブルトリオ編成のクリムゾンのライヴを
観たのは、もう13年前かぁ(遠い目)。
35. Posted by OZZY   2008年06月10日 09:47
白湯さんこちらこそコメントありがとうございます。

クリムゾンにコメント頂けるとは嬉しいですね!
白湯さん「ムーンチャイルド」が好きとは、渋いですね。
しかも、生で体験してるんですね!
この時代のリアルタイムな方の意見は本当に嬉しい、と言うか羨ましいです。(笑)

これからも宜しくお願いします。
36. Posted by ぼの   2010年04月12日 00:08
ご無沙汰しています。
漸くこのアルバムのレビューを載せる決心がつきました(笑)。
中々いままで執筆できそうで、出来ない・・・
そんな葛藤を繰り返していました。
それだけこのアルバムが凄いってことか・・・
などと思ったり(苦笑)。

このコメントと同じように、レビューも支離滅裂になっていますが、
良かったら、お暇な時にでも遊びに来てください。
37. Posted by OZZY   2010年04月15日 09:58
ぼのさん返事遅れてすいませんでした。

よくやくネット復活しましたので、これからも宜しくお願いします。

遂に決心がついたのですね。(笑)
ぼのさんの記事に思わず引き込まれてしまいました。
何か自分の事のように、リアリティ感がありました。
この作品は、もう得体の知れない芸術ですよね。
凄過ぎます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字