2006年11月05日

ピンク・フロイド 43

dfc122ad.jpgNO.00559

ピンク・フロイドの2枚組ライヴ・アルバム『光〜PERFECT LIVE』(1988年)

推薦しません。
このアルバムは、“プログレ”と言うジャンルを生み出した怪物バンド:ピンク・フロイドの2枚組ライヴ・アルバムなのですが、人に薦めたりはしないで下さい。
それはプログレと言うより、ピンク・フロイドを聴いた事が無い人にはあまりにも“未知との遭遇”だからです。
物凄く無責任に大袈裟に言ってしまうと、彼等は音の1音1音に拘って、混沌とした世の中の絶望や希望をその卓越した表現力で、完璧に表現する集団です。

つまり、それが“プログレ”、いやピンク・フロイドなのです。

このアルバムでも、見事にそれは再現されてます。
当時の最新作を中心にした1枚目も悪くはありませんが、代表曲を豪華に並べた2枚目には圧倒されます。

「音楽は生きてます」

但し、彼等のライヴにとって“音”と共に重要な“照明効果”をジャケの電球では補えませんでしたね。




絶対薦めないで下さいね。(笑)


superozzy5 at 02:51│Comments(20)TrackBack(9) PINK FLOYD | LIVE

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 061004_排出量取引  [ もちもちはまがっこう ]   2006年11月05日 07:58
明日は、京都メカニズムの一つである排出量取引について講義します。 京都議定書に
2. デヴィッド・ギルモア「オン・アン・アイランド」がDVD付きで再登場  [ 歌うギタリスト.com ]   2006年11月05日 21:15
デビッド・ギルモア『オン・アン・アイランド』がDVDつきで再発売。 〜ピンク・フロイドのデビッド・ギルモアが22年ぶりに発表した最新ソロ・アルバム『オン・アン・アイランド』が新たにボーナスDVDを加えたデラックス・エディションとして再登場します! ボーナ....
3. adult dvd video  [ adult dvd video ]   2006年12月22日 13:39
ピンク・フロイド 4
4. adult gyne cam  [ adult gyne cam ]   2007年07月25日 23:22
ピンク・フロイド 4
5.   [ amaseek.jp ]   2007年08月06日 14:57
「光」へのトラックバックを受け付けました。
6. 光-PERFECT LIVE!(紙ジャケット仕様)  [ amaseek.jp ]   2007年08月06日 14:57
「光-PERFECT LIVE!(紙ジャケット仕様)」へのトラックバックを受け付けました。
7. Delicate Sound of Thunder  [ amaseek.jp ]   2007年08月06日 14:58
「Delicate Sound of Thunder」へのトラックバックを受け付けました。
8. Delicate Sound of Thunder  [ amaseek.jp ]   2007年08月06日 14:58
「Delicate Sound of Thunder」へのトラックバックを受け付けました。
9. ピンク・フロイド 【ON THE TURNING AWAY】  [ センチメンタル・カンガルーのジュークBOX。時々、ひとりごと ]   2008年08月13日 05:41
 バンドの中心的人物、ロジャー・ウォーターズが脱退した後、残ったメンバーで制作された【鬱】を引っさげて、行われたツアーのLIVE盤【光】からのクリップ  作詞、アルバム・コンセプトを決定する上で、絶大な力を持っていたロジャー抜きのフロイドは、マス・メデ...

この記事へのコメント

1. Posted by jerry   2006年11月05日 03:35
良かった〜。これ、所有してません。

私は、ギルモア・フロイドを支持してます。

なぜなら、ロジャー・ウォタース のやり方が好きじゃないから。『アニマルス』でヒプノシスデザインのジャケに、自分の名前クレジットしたり(以降ロジャーが抜けるまで、ヒプノシスのデザインではない)『ファイナル・カット』 だって、フロイド名義で親父にレクイエムするなって。

『炎』がダントツすきです。

ギルモア・フロイドで唯一持ってないアルバムが上でした。ジャケは好きです(ストーム・ソーガソン)LPで500円くらいなら、促買いします。

最近でた、DVD はかなり、気になります・・・
2. Posted by OZZY   2006年11月05日 04:32
jerryさんこんばんは。

拘り満載のコメントですね。

フロイドは本当に皆様拘りがあって迂闊に記事にできませんね。(笑)

同じくDVD気になります。
3. Posted by オデオン   2006年11月05日 07:22
TBどうもありがとう。フロイドは何枚か昔聴きましたがまだ聴きが足りないせいか良く分かりません。また宜しく御願いします。
4. Posted by ヨー   2006年11月05日 11:14
TBありがとうございました。
ホントにようやくですがフロイド「ウォール」、体験しました(笑)。
OZZYさんもおっしゃっていたとおりの名作で大満足でした。たしかに歌詞を見ながら聴くとより楽しめますね(ちょっと恐い歌詞だったりするけど(汗))

代表曲が収録されているライヴ盤ということで早い時期に手を出しがちですがなるほど、初心者には少々地雷のような作品みたいですね..。
オリジナル作品で彼らの良さを堪能してからこの作品には触れようかと思います(笑)
5. Posted by TASH   2006年11月05日 11:15
これLPとビデオで持ってます.おっしゃる通り`映像あり'のほうが良いです.まだギルモアもリックも`お爺ちゃん'してないし….
6. Posted by や〜   2006年11月05日 12:20
18年前だったかなぁ・Live体感。脳。豚ちゃん。浮遊。お金!レジ音ぐるぐる。。嵐。風。脳内のヘルニア状態。言葉が。。笑でも、明らかに私の中で鮮明に衝撃に脳のなかで、ふつふつと溶岩のごとく、煮え繰り返っている。笑彼らであります。でも確かに友達とかには、奨めなかった。
7. Posted by や〜   2006年11月05日 12:22
18年前だったかなぁ・Live体感。脳。豚ちゃん。浮遊。お金!レジ音ぐるぐる。。嵐。風。脳内のヘルニア状態。言葉が。。笑でも、明らかに私の中で鮮明に衝撃に脳のなかで、ふつふつと溶岩のごとく、煮え繰り返っている。笑彼らであります。でも確かに友達とかには、奨めなかった。
8. Posted by や〜   2006年11月05日 12:26
ごめんね〜。ozzyさん。まちがえたんで、削除ひとつこれも。汗してっすね〜。ピンクフロイドいいよね 笑
9. Posted by OZZY   2006年11月05日 16:09
オデオンさんコメントありがとうございます。

確かにフロイドって入り込むまで時間掛かりますよね。
自分もまだまだ聴き込めていませんが、これからが楽しみです。
10. Posted by OZZY   2006年11月05日 16:21
ヨーさん

おぉ!『ザ・ウォール』聴いたんですね〜。

自分なりの解釈ですが最初に赤ちゃんが産まれる時以降は全て辛いコトだらけで、ある意味ホラー映画よりよっぽど恐ろしくなります。

又、感想聞かせて下さい。
11. Posted by OZZY   2006年11月05日 16:22
TASHさんこんにちは。

やっぱり映像有りの方が良いですよね。

確かにお爺ちゃんしてませんよね。(笑)
12. Posted by OZZY   2006年11月05日 16:24
や〜さんこんにちは。

本当たくさん行ってますね!(驚)

その言葉の羅列だけでワクワクします。(笑)

やっぱ究極は“生”が1番ですよね。
13. Posted by 主婦の敵   2006年11月05日 20:47
TBどうもです。
インドを旅行していたとき、チェンナイという街のCDショップで電球男のライブ(カセット2本組)を購入し、移動中や就寝前によく聞いていました。

最近はPULSEのDVDを部屋を真っ暗にして観ています。5.1chで聴いたらどんなに感動できるんだろう・・・
14. Posted by 【歌うギタリスト.com】吉村   2006年11月05日 21:11
ギルモア・フロイドはかなりの批判にさらされているようですが、デイヴはやはり超一流のギタリストだと思います。
ブルージーなフレージングは本当にすばらしいですね〜
15. Posted by OZZY   2006年11月06日 11:24
主婦の敵さんコメントありがとうございます。

「電球男のライブ」!?(笑)

5.1ch!考えただけでゾクゾクしますね〜。

う〜ん、お金かぁ。(笑)
16. Posted by OZZY   2006年11月06日 11:26
吉村さんこんにちは。

ギルモアが批判されるのも理解出来ますが、超一流のギタリストである事は変わりませんよね。

本当に最高です。
17. Posted by ゲイブリエル   2006年11月06日 14:33
お初です。
ん〜む。という感じです。最近の若い人たちにとってはピンク・フロイドは難解でとっつきにくいイメージを植え付けてしまうのですね・・・
 我々の同世代の仲間うちではフロイドはどちらかというとプログレではなく変形のブルーズ・バンドってとらえている人が多かった。ヒットも多かったしね。だからプログレマニアからは逆にちょっとだけ敬遠されるような雰囲気もあったんですよ。
 70年代の前半ってプログレは決して特殊な音楽ではありませんでした。

 フロイドは楽器の中で一番目立つギルモアのギターを聴けばわかる通りしっかりベースは「ブルース」です。

 ギルモア’ズ フロイドは来日した時2回見ました。なんだかんだ言ってもオープニング1曲目の1音目のチョーキングで鳥肌が立ち、唸ってしまった人が多いと思います。では。
18. Posted by OZZY   2006年11月06日 14:40
ゲイブリエルさんコメントありがとうございます。

その時代を生きてこられたリアルなコメントですね。

フロイドを難解でない音楽として受け止められる当時が少し眩しいです。

自分はただ単に好き嫌いでしか記事に出来ませんが、ゲイブリエルさんみたいな方のリアルなコメントを又、頂ければと思います。
19. Posted by daiko   2007年11月20日 12:13
これじゃ文字がよめましぇーん!
20. Posted by OZZY   2007年11月20日 18:05
daikoさん

コメントの意味がが分りましぇーん!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字