2008年06月25日

EL&P3

e3ea1e2e.jpgNO.01180

エマーソン、レイク&パーマーのオリジナル・アルバム『作品第2番』(1977年)

“巡り合せ”

プログレを語る時に忘れてはいけないEL&Pですが、実は、このアルバムしか聴いた事がありません。
理由は、単純!それは、ただ巡り合せが悪かったのです。
それは、レンタル・レコード屋でバイトをしていたガラスの十代の頃に遡ります。
色んな音楽を吸収していた多感な時期に、バイト先のレンタル屋で“A”から順番に、とにかく色々借りて聴きまくりました。
想像して下さい。
殆ど、音楽に興味の無かった店長が担当していた仕入れの酷さを。

何故か充実していたアル・ヤンコビック。
所々抜けていたビートルズ。
ベストしか無かったカーペンターズ。

そして、EL&Pは...そう、このアルバムしか無かったんです。(涙)

『作品第2番』のタイトルで予想出来るように、前作『ELP四部作』の続き...例えるなら『タイタニック』の後編だけを借りる様なものです。
そして、月日は流れ、EL&Pの作品は、中古CD屋では殆ど見掛ける事が無かったのですが、ありましたよ!...そう、何故かこのアルバムだけが。
久し振りに再会した友、いや恋人の様に彼女を家に連れて帰りました。
そして、久々に聴いた感想は...

「うーん、よく解からない」(笑)

フロイドよりは、クリムゾンに近い気がしますが、この作品は、3人それぞれが好き勝手に作品を持ち寄って作ったらしく、イマイチ“プログレ”な感じが薄いのです。
インスト曲は、まるで愉快な映画音楽の様ですし、ヴォーカル曲は意外と普通だったりします。

やっぱり、『展覧会』や『頭脳改革』を聴かないと、ダメですよね?




その前に、前編ですね。(笑)


superozzy5 at 00:52│Comments(8)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たつ   2008年06月25日 21:23
俺は、一応クラシックも好きなモンですから(^^;)☆「展覧会」を始めに聴きました。

まぁ随分と様変わりしてましたが。

他のアルバムは「タルカス」を聴いたのかな?
「展覧会」の時には気にならなかった、キーボードの軽い音が好きになれなかったです。


このバンドも、たまーに聴きたくなりますね(^^;)
2. Posted by KAZU   2008年06月25日 22:20
やっと登場しましたね、EL&P。
いい出会いもあれば、不幸な出会いもあるものですね。
僕はデビュー・アルバムを聞いて気に入り、一時かなり好きでした。
一番好きなアルバムは『タルカス』です。B面はイマイチですが。
それに丁度初来日のタイミングだったので、甲子園球場でのコンサートにも行きましたよ。
『トリロジー』も結構好きです。
3. Posted by OZZY   2008年06月26日 01:03
たつさんコメントありがとうございます。

これも押さえてますね。
キーボードは、このアルバムでも確かに軽いですね。
どうも“プログレ”と言うとちょっと暗いイメージがあるので、明るいと微妙ですが、「イエスは明るいか!」。
ますます、掴み所が無くなりました。(笑)
4. Posted by OZZY   2008年06月26日 01:08
KAZUさんコメントありがとうございます。

「やっと」でしたか!?
KAZUさんにとっては、良い出会いだったんですね。
『カルタス』は戦車みたいなジャケですね。
なかなか売ってません(中古)が、見つけたら聴いてみます!
5. Posted by KAZU   2008年06月26日 20:15
『カルタス』ってスズキの車じゃなかった?(笑)
6. Posted by white   2008年06月26日 23:23
プログレは一日にして成らず。

今僕はプログレならばクリムゾンのベストを勉強中です。

EL&PはPP&Mと間違って買って手放して以来聴いてません(笑)
7. Posted by OZZY   2008年06月27日 00:53
KAZUさん

真面目に答えた方が良いですか?(笑)
8. Posted by OZZY   2008年06月27日 00:56
whiteさんコメントありがとうございます。

名言ですね!

「EL&PはPP&Mと間違って買って手放して以来聴いてません」
↑分かります!(笑)

プログレって深いから、入るところ間違えると迷子になる気がします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字