2011年01月26日

ポール・ウェラー 24

5c45ef1a.jpgNO.01665

ポール・ウェラーのオリジナル・アルバム『スタンリー・ロード』(1995年)

15年以上も前のポール・ウェラー36歳の時のアルバムです。
36歳と言うと、プロ野球の世界だとそろそろ“引退”の文字が頭をかすめる年齢ですが、音楽の世界ではどうなんでしょうか?

ここでの酸いも甘いも噛み締めたポール・ウェラーは、クラプトン張りの渋いヴォーカルで、36歳と言う年齢以上の貫禄を漂わせています。
ちょっと老けるのが早過ぎる気もしますが、これがなかなかキマッているのです。
それは、セールスにも反映されて、数年前までレコード会社と契約が取れなかった男が、全英1位まで登り詰めて、“ポール・ウェラー完全復活”を遂げたのです。
スタカン時代の相棒:ミック・タルポットやオアシスのノエル・ギャラガーの参加も光りますが、OZZY的には、スティーヴ・ウィンウッドの参加に、胸が高鳴りました。

ともかく、70年代辺りのあの最強の時代のロックに敬意を払ったグルーヴが溢れて止まらない、実に気の置けない1枚なのです。




「そんな気の置けないアルバムなんかそう簡単にあるわけ...あっ、ホンマや!」


superozzy5 at 10:51│Comments(2)TrackBack(1) JAM 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ポールウェラー『Stanley Road』  [ ROCK野郎のロックなブログ ]   2011年01月26日 13:03
“かっこよく生きる” それは僕の人生で最重要課題のひとつです。 年取ったら誰みたいになりたい? と聞かれたら、そうですね、日本の俳優なら佐藤浩市みたくなりたいし、ミュ ...

この記事へのコメント

1. Posted by guitarbird   2011年01月26日 12:40
こんにちわ
ポール・ウェラーはあまり聴いていなくて予備知識もほとんどなかったですが、
彼のアルバムのデラックス・エディションが何点か出たのでみんな買って聴いたところ、
確かにこのアルバムがいちばんよく聴こえてきて気に入りました。
そこにおまけで入っていたビートルズのSexy Sadieのカバーがカッコよくて、
この曲をカバーするのか! というのに大きく心が動かされました。
2. Posted by OZZY   2011年01月26日 13:52
guitarbirdさんこんにちは。

その聴き方好きです。
あっ、そのビートルズのカヴァー気になってたんですよね。
しかし、デラックス・エディションをもう1回買う余裕はありませーん。(涙)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字