BRYAN ADAMS

2009年10月25日

ブライアン・アダムス 133

b005a781.jpgNO.01384

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『ギブ・ミー・ユア・ラヴ』(1980年)

若々しいと言うか、青春が剥き出しの青臭い1枚です。

深さは感じませんが、なかなか良く出来ていて、ソングライターとしては、もう既にほぼ完成の域ではないでしょうか。
このアルバムがヒットしていても何ら不思議はありませんが、それには、もう少し時間が掛かりました。

ただ、待つだけの価値はあります。




「♪私、待〜つわ、いつまでも待〜つわ」


superozzy5 at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月15日

ブライアン・アダムス 123

61ad74bd.jpgNO.01369

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『デイ・ライク・トゥデイ』(1998年)

前作の思わぬ(セールス的な)不振の影響による多少の変化は見られますが、いつものダイナミックなロック・アルバムです。

と言うか、ブライアンには、それしか出来ません。
もちろん、良い意味で、です。
ただ、残念ながら、このアルバムには全盛期の輝きはありません。
時々、「流石!」と思わせる瞬間はありますが、アルバムを通して聴かせるパワーが無いのです。

「昔は良かったなぁ」

オッサンの戯言に、聞こえますか?
悲しい事ですが、好きだったミュージシャンほど、そう思えて仕方がないのです。




だけど、やっぱり「好き」っす。


superozzy5 at 22:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月21日

ブライアン・アダムス 113

d9c4adc4.jpgNO.01174

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『18 TIL I DIE』(1996年)

「死ぬまで18歳」

当時37歳にして、“ブリキの太鼓”宣言をしたブライアンですが、このアルバムは、その宣言通り、恋に、人生に、初々しくも真直ぐな態度で挑んでいます。

例えば、(6)「君の下着になりたい」(笑)

37歳の男が、こんな歌詞歌ったら完全に変態扱いですが、18歳だとギリ許されます。
直前まで、映画主題歌で連発して、全米1位を獲得していたブライアンだったので、このアルバムのヒットも確実かと思われましたが、何故か31位と振るいませんでした。
ただ、全英では、見事1位を獲得しました。

これを聴いてOZZYの気持ちも18歳に戻ったとは言いませんが、28歳位には戻った気がします。




28歳なら大丈夫ですよね→「君の下着になりたい」(アウト!)


superozzy5 at 00:00|PermalinkComments(14)TrackBack(2)

2007年05月11日

ブライアン・アダムス 104

cbb09b57.jpgNO.00833

ブライアン・アダムスのライヴ・アルバム『MTVアンプラグド』(1997年)

“青春”

かつては、ストリートのど真ん中を大手を振って闊歩していた言葉ですが、近頃では歌の歌詞にも中々出て来ない程、以前の輝きを失い、片身の狭い思いをしてます。
それでも、こうして“青春”がたくさん詰まった人に再会すると、もう1度あの頃の輝きを取り戻せそうな気にさせてくれます。
このアルバムは、そんな世界で1番“青春”を感じさせてくれるブライアン・アダムスの肩の力を抜いた例のアンプラグド・ライヴ・アルバムです。
ブライアンのライヴと言うと、ジーンズに汗を飛び散らせて走り回るイメージですが、落ち着いた演奏と相変わらずメロディ・センス溢れる新曲、そして、何よりも過去の作品をストリングスを加えて、それ様に加工し直した素晴らしくも温かいアットホームな雰囲気の1枚です。

「“青春”だって...ちきしょう、カッコイイじゃねぇかよ」


(2)「バック・トゥー・ユー」は、素晴らしいメロディと蒼臭い歌詞が見事に青春してる1曲です。




青春のいじわるっ。


superozzy5 at 22:42|PermalinkComments(8)TrackBack(3)

2007年01月24日

ブライアン・アダムス 93

7778c7a6.jpgNO.00657

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『ルーム・サービス』(2004年)

「良い歳してラヴ・ソングしか歌えない大人を軽蔑しいました」

でも、久々にブライアン・アダムスを聴いてみたら、何故だか少し泣けてきました。
それは、きっとブライアンが変わらずに、そこに居てくれたからです。
まるで、あの時と同じ少年の様にラヴ・ソングを歌ってくれたからです。
このアルバムは、チャートには見放されてしまいましたが、ファンと言う“恋人”には満足されてる1枚だと思います。
だって、“不変”てのも勇気がいるもんです。

最近のCD収録限界時間に無理矢理押し込まずに全12曲(ボーナス1曲含)トータル40分にも満たない“潔さ”も買います。


(8)「アイ・ワズ・オンリー・ドリーミング」は、故マイケル・ケイメンのストリングスも優しい1曲です。




自分だけ、今も18歳なんてズルイよ。


superozzy5 at 10:17|PermalinkComments(8)TrackBack(3)

2006年12月23日

ブライアン・アダムス 83

bf0284c4.jpgNO.00609

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『カッツ・ライク・ア・ナイフ』(1983年)

先ほど帰還しました。

今日は、ノンビリなのか忙しいのか分からない、そんな1日でした。
労働時間が長くて疲れたので、早く休みます。

このアルバムは、ブライアンがようやく才能を認められる程の良い曲を作り出し始めた記念すべき1枚です。
バラードや映画主題歌の人だと思っている人がいたら「これが本物のブライアンだよ」って、教えてあげましょう。


(5)「カッツ・ライク・ア・ナイフ」は、ブライアンらしい力強いロックなナンバーです。




「カッツ・ライク・ア・ナイフ」が「♪カツラが無い」と聴こえるのは、既に立証済みですね。(笑)


superozzy5 at 01:50|PermalinkComments(16)TrackBack(11)

2006年08月26日

ブライアン・アダムス 73

b997fc16.jpgNO.00492

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『ジェラシー』(1981年)

わ、若いです。
誰しも若い頃はあります。よね?
もちろんブライアンにもありました。
ブライアンこの時、実に20歳!
今から25年前です。
予測ですが、この頃は大きな期待と不安が入り混じっていたはずです。
「心配しないでいいよ」と言ってあげたいです。
その代わり、OZZYにも言って下さい。

内容は若さの中に“キラッ”と何かが見える人は相当視力が良い人です。




OZZYもそろそろ心配しないと。


superozzy5 at 05:18|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2006年08月15日

ブライアン・アダムス 64

1623a0b0.jpgNO.00448

ブライアン・アダムスのオリジナル・アルバム『イントゥ・ザ・ファイヤー』(1987年)

デュラン・デュラン~ブライアン・アダムス、良い流れです。(笑)
先日中古CDを大人買いした時に特価(3枚で500円!)コーナーで見つけて思わず小躍りしたアルバムです。(と言うか、何故1度手放した(涙))
当時は、前作の『レックレス』で、ガツーン!とヤラれて待ちに待った新作でした。
内容は、かなり大人びた印象で、“死ぬまで18歳”的な部分はかなり薄く、一聴すると地味なアルバムですが、その代わりに楽曲の良さが際立つ好盤です。
何よりもOZZY的には、バイト先の店長の引越しを手伝った時に車から流れた(1)「ヒート・オブ・ザ・ナイト」とその時の田舎道の光景を思い出します。


力強い(7)「反逆者」は、隠れないで欲しい名曲です。




バイトは、1ヶ月で辞めたけど。


superozzy5 at 13:37|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

2006年07月19日

ブライアン・アダムス 53

8c86d3a4.jpgNO.00401

ブライアン・アダムスのベスト・アルバム『ベスト・オブ・ミー/ブライアン・アダムス・ベスト2』(1999年)

今回紹介する商品は、一家に一台『ヒット曲製造機:ブライアン君』です。
このブライアン君は、定期的にヒット曲を作ってくれる優れたマシーンなのですが、取扱い説明書をよく読んで正しくお使い下さい。
まず第1に、映画のタイアップがあるとほぼ間違い無くヒット曲を作ってくれます。
それが、バラード曲ならまず間違い無いでしょう。
但し、相方の『ヒット曲プロデュース・マシーン:ジム君』が無くなったら効果が薄れますので、お気をつけ下さい。




「うまい!」(自画自賛)


superozzy5 at 23:38|PermalinkComments(8)TrackBack(5)

2006年06月05日

ブライアン・アダムス 43

347ee9d6.jpgNO.00304

ブライアン・アダムスのライヴ・アルバム『LIVE!LIVE!LIVE!』(1989年)

疲れた時は、ブライアンの元気なライヴを聴く。
これだけです。




完全に疲れてます。


superozzy5 at 00:15|PermalinkComments(4)TrackBack(3)