スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

【スカルムーン連合】

スパロボZ

簡単に二分すると「完全に逸脱した悪党」と
「逸脱しきれない悪役」の連合。

前者の代表はブッチャーであり、
後者の代表はテラルだろうか。

序盤〜中盤の展開は、前者がその狂気を思う様見せつけ
後者はそれにびびって
「こんな奴らに主導権握られたらマジたまらん」
と発奮するものの結局作戦は失敗して
ションボリ〜までが様式美である。

終盤にさしかかり、エルダーは司令が
ガガーンに代わったことである意味勢いを盛り返し、
無邪気な狂人ブッチャー・新人のストイックな
皆殺し野郎ヒューギが意気投合する横で
相変わらず「こんな奴らに主導権握られたら
マジたまらん」のガットラーと
「流石のワシでもそこまではせんぞ…」な
ベガ大王は一服の清涼剤となっている。

【シュロウガ】

ご存知黒グリリバの乗機。

元々パイロット名も併せて
サイバスターっぽいとは散々言われてたが、
所持装備ディスキャリバー、
技名ランブリング・ディスキャリバー、
またクリア後のロボット図鑑のネタバレ解禁により、
永久機関搭載、高速機動形態への変形可他、
また風の魔装機神との共通点が増える事に。

777249

【スパロボZのシュロウガの必殺技】


伏線はりまくりになっている。

グランゾン、サイバスターっぽい機体や、
謎のボンテージ姉ちゃんたちもいる。
あのお姉ちゃんたちはどなたなんですか?寺田さん!

【ZZガンダム】


ある意味モビルスーツの恐竜進化を象徴する機体

MSに可変合体機構や大出力火器など
当時の最高技術をとにかくむりやり詰め込んでいる

当然まともな機体ではなく、
「最大出力での稼働時間は短く下手したら戦闘中に稼働不能に」
「整備性は最悪、アーガマクルーの半数以上はZZの整備員だった」
「複雑すぎてジュドーじゃなかったらまともに動かせずに終わってた」
など酷い言われようである

【スーパーガンダム】


スパロボでは二人乗りのことが多かった。
(ぶっちゃけそのほうが便利)

ZZでダブルビームライフルに乗ったまま
合体するとかいうエピソードなどを見ていると、
Gディフェンサーの人は別に
分離しなくてもいいような気がする…

「Mk-IIディフェンサー」という
かっこよさげな名称があるのだがあまりそうは呼ばれない

776248

【スパロボZの味方同士の争い】


「おいおいネットニュース見てみろよ、
 あいつらひでー事してやがるぜ」
→「許 さ ね え !!」

そんな感じの池沼。

いきなり罵倒されて「何怒ってんの?」状態になってる奴に
「もういい黙れ」「もはや問答無用!」と
一方的に叩いてきたりする

ちなみに今回改造値やパイロット能力が
そのまま反映されたりするので
うっかり改造や養成しまくった奴が
敵になると手がつけられなくなる危険がある

【ブロッキング】

従来のシールド防御と切り払いの代わりとして
登場した技能で両者の効果を併せ持つ。

初期状態で未所持のキャラに
新規習得させれば専用台詞が聞けるのもお約束。

【直撃】


最初はバリアやシールドを無効にするだけ
だったのがシリーズを重ねるごとに
援護防御キャンセルがつき、ブロックキャンセルがつき、
最新作Zではall攻撃の際、小隊へのダメージ減少を無くし、
そのうえサイズ補正無効という効果までついた。

Zでは小隊へのダメージ減少率が大きく
Sサイズユニットも多いため、かなり使える精神へと進化した。

【スパロボZの自軍の面々】


実に振れ幅が激しく、
個人個人はあっちこっち陣営を移ったり、
団体になってからも偽情報に踊らされて潰し合いをはじめ、
他人に説教した事を自分もやらかしてしまっている。

一部は終盤までとにかくギスギスする為、
たしかに精神攻撃であっさり崩壊するのも当然かもしれない。

【セツコ・オハラ】


スパロボZの女主人公。

公開当時から不幸げな雰囲気とかが
一部の人間にクリティカルヒット、
「せっちゃん」の愛称で親しまれコラが大量に作られたり、
「あの物憂げな雰囲気がたまらん」
「俺絶対せっちゃんからプレイするんだ・・・。」
「せっちゃんのパンツハァハァ」などと
人気は9:1ぐらいの差があったが、

・キャラ能力がセツコ<鬱ビス<カツ
 (NT的な意味で)とゆうダメっぷり
・ゲームバランス的にリアル系は圧倒的に不利

・さらにはチームの仲間をグリリバに殺される
・グリリバにレイプされる
・体の調子がドンドンおかしくなってくる・・・。
など不幸キャラなどどいう笑えるレベルではない
シナリオ展開に軽い気持ちでプレイした人間をドン引きさせた。

何この格差社会

しかし、中にはそんな悲惨すぎる
せっちゃんがたまらない!
もっとやれ!!!という人も・・・鬼か!?

【ランド・トラビス】

 
スパロボZの男主人公。
公開当時は「ガンレオン?ねーよwwwwww」
「俺たちが求めていたオッサンキャラはこんなんじゃない!」と
結構叩かれていたりしたが蓋を開ければビックリ仰天、

・連続ターゲット補正+精神コマンド連発で
 リアルロボット無双ができない
・逆にスーパーロボット系は装甲強化で殆んどダメージ通らない
・PPによるスキル習得、
 ステータスアップのための消費量激増!

などの理由により装甲硬いわ、
初期技能底力LV5持ち、
精神コマンド2人分使えると超優遇。

シナリオも暑苦しくもコミカルだったり
ばっちりカッコ良くきめたりするので問題なし。
「ガンガンレオン♪ガンレオン♪」の
BGMが癖になった人も多かろう・・・。

【スクコマ2のクワトロ】


マクロスフォールド失敗でアクシズ勢力圏に飛び、
共闘しよう、さもなきゃここで一戦やるかと
持ちかけてくるハマーンをはねのける

ここまでは格好いいのだが、
その後のミーティングで
「ハマーンは僕とクワトロ大尉で抑えます」
と言うカミーユに
「やはり私もかね…?」と
実に嫌そうな返答をして株を落とした。

偉そうに啖呵切っといて今更何言ってんだあんた…

【スパロボZの装甲】

 
今回、APみたいにどんどん回避すると
敵の命中率上がっていくシステムなので、
これが結構優遇されており、スーパー系にこの世の春が来た。

スーパー系は雑魚相手ならあんまりダメージくらいません。

【Gファイター】

出典:機動戦士ガンダム(TV版)

物語中盤に登場したガンダムの
支援戦闘機兼強化ユニット。

ぶっちゃけ欠陥品もいいところで
現地徴用兵であるアムロに駄目出しされる始末である。

スパロボでもごくまれに登場。
Aではシステムの盲点をつき猛威を振るった。
2週目以降の真ゲッターほどではないが。

これの入手条件のために、
ろくに戦わせてもらえないアムロが
日本中にいたことを思うと、
白い悪魔も楽ではないと痛感させられる。

772392

【スパロボZ38話】

情報操作が原因で味方とドンパチやり合うステージ

ステージクリア自体は非常に簡単
(フリーダムかフォースインパルス撃墜)

だが、ここでしか聞けない非常にレアな特殊台詞
(アクエリオンVSグラヴィオン等)が
結構あるので戦わせてみよう。

ちなみに敵はHPが増大してる上
他のステータスは味方の時と同じ、
さらに一部のキャラは集中必中使うので
全滅させるのは至難の技。

【スパロボZのストライクフリーダム】


Zでは強い事は強いし、SEED補正ついて
魂かけのMAPWは鬼なのだがいかんせん燃費が悪い。
EN回復(小)では補いきれないほどに。

まぁそれでもENさえどうにかすればいいのだが、
単体攻撃力はイマイチ。MAPWにしたって
今回はニルヴァーシュという方がおりまして・・・

【ネゴシエーター】


ロジャーの株を大暴騰させた彼固有の特殊能力。

戦う敵の弱みでも握っているのか、
その相手の気力を−2する上、
誰と交渉したやらロジャー自身が撃墜されなければ
撃破されたユニットの修理費用を
払わずに済むという超強力な能力。

これとニルを併用すれば、SRポイント取得条件を
満たすための規定ラストターンに
味方を好き勝手動かした後、
彼らを巻き込んで熱血セブンスウェルという
外道プレイもリスク無く行える。

これが無ければ修理費8万なんて
表記を見る事は無かったろうなぁ…。

【小隊システム】

このシステムの導入により
ALL攻撃という概念が出来上がり、
結果マップ兵器だけが取り柄だった
百式やZZなどの地位向上へと繋がった。

もっとも最新作のZではTRI攻撃の存在により
ちょっと影が薄くなりつつあるが。

【スパロボZでのシン・アスカ】


自軍ではちょっとした人気者だったり
カミーユと親友だったり
アムロとかシャアからの評価高かったりと割と幸せそう

まぁどうせ前半だけだろうと思うけど
てっきり嫌われキャラかと思ってたから意外

【アークライト・ブルー】

スパロボ64リアル男主人公


設定の段階で両親と死別しており
育ててくれたおば夫婦も第1話冒頭で死亡

ついでに好意を寄せていた少女も一緒に死亡

とどめに途中知り合っていい感じになった
レジスタンスの女の子も死亡

おまけに大人の事情でOGでられずある意味死亡

せっちゃんの上を行く
オリキャラ屈指の不幸キャラだと思われる

【情報操作に騙されて同士討ち】


Zのシナリオで一番非難されている部分

とはいえ連帯感なんてものもなく
なんとなくでつるんでたチームが
写真つきでニュースされている記事を見たら
信じるなというほうが無理だろう

しかも自軍にスパイとかウィルスとか
山盛りなのでなおさらである

【フリーデンの搭載MS数】


確か6機。GXにDX、レオパルドにエアマスター、
それとたまにドートレスを積んでかなりキツキツ

それとキッドが集めたジャンクによって格納庫は
かなり厳しい事になってるに違いない。

【ガンレオン】


スパロボ初の修理装置付き
(後に補給装置も追加)な主人公機。

これだけだと弱そうだと思う人もいるが、
実質HP回復(小)付き+ランドの底力発動で
タフさはスーパー系でもトップクラス。

燃費は悪いが火力も高く、射程を補えば無双も可能。
最初から最後までアタッカーとして非常に頼りになる。

【サザーランド】


旧世代ながらオレンジことジェレミア卿の
活躍のおかげで地味な人気を誇るKMF。

サザーランド・ジークに魔改造されたが
外装がパージしてモルドレッドに特攻
→さらに中の人登場、という流れを作り
人気株価が高騰している。

それにしても三段分離といえば
スパロボWのブラックサレナを思い出すなぁ。

【スパロボZ】


長期間分岐とミネルバvsAAのおかげで、
仲間同士の大喧嘩が勃発。

ランドルートでは必中ゴッドグラヴィオンや
必中ゴッドシグマと異常に硬いマジンガーとプロに苦しめられ
セツコルートでは必中バルディオスや
馬鹿射程のアクエリオンと暴力の
ネゴシエーションに苦戦する。

何より両方ともいつの間にか新武装があったり
新機体になっているのが恐ろしい。
月が出ていないのがせっちゃんにとっては救いであり、
ランドにとっては不利か。

ちなみにフリーダムを倒せば相手は全員撤退するが、
そのフリーダムはシン単独で簡単に落とせる。

【スパロボZのガンダムX】


α外伝と同じく月が出ていないとサテキャが撃てないため
うっかりディバイダーに換装し忘れると
ノーMOONでフィニッシュである

【スパロボZのサトー】


種死に出てきたユニウスセブン落下を計画した
ジンハイマニューバ2型部隊の隊長。

Zでもしっかり出てきた上にカットインまである。

中の人は電童のアルテアとかやってる中多和宏にかわってた。
スペエディの時点から変わってるが。

771218

【スパロボZのPS装甲】


サルファと同じ効果(ビーム以外-2000)と説明があるが
ビーム以外のエネルギー攻撃を
削減できるのか中々検証できない

バルゴラ3号機は全て削減対象なので注意
セツコの微妙さを加速させている
味方のでも結構頼りになる場面はあったりする
(vsハイマニューバとか)

【スパロボZの各作品群】


一応、多元世紀になる前から
いくつかの作品は同一世界にあるとされている

中でもザブングルやキンゲ、X、∀組は同じ世界で
それぞれ南ガリア、その北のシベリア。
北アメリアと南アメリアが舞台であり
月はムーンレイスと宇宙革命軍で統一されている

どっかで見たことがあると思った人も多いだろう
シベリア組を除けば、α外伝の未来世界まんまである

【スパロボZのインパルスガンダム】


Zでは戦闘中に換装すればENとか
全回復するため結構使いやすい。

フォースやブラストで発進してENなくなってきたら換装、
固い敵やボスにはソード使えばOKな感じである。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ