スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

2007年06月

【ザウルガイザー、ハイドロブレイザー、ミラクルドリル】


多分αシリーズのガイキングの
微妙な印象の原因と思われる、
初期必殺技的武装。
ザウルガイザーはALLだが5と射程が微妙で
ハイドロブレイザーは射程6の癖に
スペーズバズーカより威力が低く
ミラクルドリルは大空魔竜が7マス以内に
いないと使用できない。

加えてロケットパンチの位置に
当たるカウンターパンチが威力低め・射程3。
ニルファは中盤までこれらの
武装で頑張る必要があったため、
なんとなく使えない印象に
なってしまうのも仕方の無い事かもしれない。
サルファでは最初から超兵器ヘッドが使用可能。
P-ALL攻撃力5800を誇り気迫で速攻が可能なため、
EX-Hで魅力に目覚める人も。

【サイフラッシュ】

敵味方識別、円方で長射程、
移動後に使用可能…と夢のようなマップ兵器
しかし、その超性能故かどんどん射程が短くなり、
OG1では威力も泣けるぐらい
低くなってしまった(OG2では火力インフレで強い)
OGSでは例の補正ですげー強くなっていると予想される

【サイバスター】

出典:魔装機神シリーズ

おなじみ風の魔装機神。
繰者は方向音痴なグリリバことマサキ
スパロボにおける
初めてのオリジナル機でもあるが、
最近は版権の問題上
OGぐらいでしか見当たらない
初期は高い能力や識別式広域移動後MAP武器の
サイフラッシュなど協力だったが、
シリーズが進むにつれ弱体化
外伝ではもはや趣味以外では
使われないレベルにさえなりかけ、
OGではなかなか強いが避けない。
攻略本では『風の称号のわりには避けない』
と皮肉られた



風の精霊サイフィスを宿らせた魔装機神。
精霊融合(ポゼッション)を果たすことで
グランゾンを一蹴する程の性能を見せる。
くわえてラプラス・デモン・コンピューターを
完璧に使いこなすことで、
因果律すら自在に操ることも可能(のはず)。
が、そのためには人間以上の
プラーナを消費する必要があるだろうし、
後者はどこかの魔法(否魔術)使い
でもないと不可能だろう。
こんなもんを作ったウェンディ恐るべし…
ゲーム中ではサイフラッシュにはじまって、
サイフラッシュに終わる機体というイメージ。

【サイド6】


連邦の一植民地の癖に勝手に中立を宣言し、
事実上連邦からの独立を果たしてしまった
一年戦争最大の勝ち組。

中立宣言自体は緊急避難
としてフォローされてたが、
何故それをギレンが認めたのか
何故一年戦争後も中立国扱いなのか、
は結構な謎。

【最低だ、俺って…】


日本ではそれなりに人気者の主人公、
碇シンジが入院中のアスカの
おっぱいを目の前にして
自慰行為をして後悔をした時に発した台詞
普段一人称が『僕』なシンジ君が
『俺』という単語を使った辺りや
本番にまで至らなかったあたりは男らしさを感じる
(ちなみに自分もビデオで
借りてそのシーンで抜いたので
シンジ君だけが最低ではない)

【サイコブラスター】


サイフラッシュを参考に作られた
ヴァルシオーネのマップ兵器
威力はサイフラッシュより
少しだけ高かったりする

【サイコ・ハロ】


Fの最強機体の一角。
ハロやサイコロガンダムが
可愛く見える基本性能を持つ。
ACEまでレベルを上げると
核にすら耐える恐ろしいHPになる。

【サイコドライバー】 

出典:超機大戦SRXなど
念動力などを兼ね備えた汎超能力者。
これの資格を持つ者は
念動力者でもかなり少ない。
(その割に、バルマーの人工連中は
ともかく、地球には妙に多い)

とりあえず最大の能力は、
アカシックレコードへのアクセスが可能なことらしい。

【最強知ったかぶり軍団】


サルファ終盤のイルイ、エツィーラ、
ゲペルニッチ、ゲンドウのこと
忘れたイルイはともかく他3人は
散々他のイベントで思わせぶりなことしておいて
実際にアポカリプスってなんだ?と聞くと
実はよく知りませんとか言っちゃう人たち

【サーペント】


バートン財団とOZが開発したMS。
13番目の星座である。
量産型ヘビーアームズで
ネオチタニウム製の装甲を持つ。
スラスター能力はサンドロックと同等なのだが
3機掛かりでも持ち上げられてしまった。

【サーベラス・イグナイト】


試作6号機のデータを元に作られた機体。
近接戦闘型と砲撃戦型の2つの形態を持つ
一種の可変機でさらに追加武装ユニット
イグナイトパーツを
装着することで性能が向上する。
MXではパーツ装着状態のみ搭乗、
サルファでのデュエルガンダムが
アサルトシュラウドを付けっぱなしなのと同じ。
また新型のTEエンジンにより出力も安定し
ようやくちゃんとした兵器になれた。
ついでにバリアーまで付いてる。

ヒューゴがメインパイロットを
務めるフォームGは
サーベラスのデザインを
そのまま引き継いでいて、
武装も従来のものに加え
マシンガンポッドを強化したレイガンポッド
・Hoミサイルランチャー・イグナイトパイク、
と遠近双方の武装が強化
され実質汎用戦型と言える。
ゲームじゃフォームSとの差別化の為か
最強火力のターミナススマッシャーが撃てないが…

アクアがメインの砲撃戦形態フォームS。
箱の様なズングリむっくりの
デザインが果てしなくカッコ悪い。
ガルムレイドブレイズ(S)は
あんなにかっこいいのに。
ラーズアングリフを
ビーム兵器主体にしたような感じの機体。

【サーベラス】


青を基調としたカラーリングと
流麗かつマッシブなデザインがイカした
MXのリアル系主人公機(主観入ってます)
ツェントル計画で開発された試作6号機で、
その性能は主動力である
TEエンジンのご機嫌しだい。
ハッキリいって欠陥機もいいとこである。
まあその欠陥は後継機でしっかり克服
しているので試作機としての意義は十分だが。

性能はそこそこなのだが中の人
ともどもストーリーでは非常に空気。
おまけに砲撃戦型なのでヒューゴを
射撃メインで育成したら後継機では格闘戦主体に、
と踏んだりけったりで実に哀れ。

武装は携行式のコーティングソードと
ラディカルレールガンに
肩部の有線式マシンガンポッド
4基とサテライトキャノン風味に
背負ったターミナスキャノン。

【サーバイン】


ダンバインのプロトタイプとされているAB
700年後も普通に動く上、
潜在能力はダンバイン以上

……ダンバインの先祖はゲドな訳だが、
こいつも相当にオーラ力が必要でシオンが
動かすまでは誰にも動かせなかった
ショットは何だってこんな高性能機を
薮に捨てたんだろう。
まあ、そういう訳ではないのだろうが

【C3のベターマン】


参入がおすすぎと
MXのアキトはたたかれるのに、
アニメのタイトルにもなっている
こいつは仲間にすらならないのに
なぜかあまり叩かれなかった。

【COMPACT3】


地形適応の表が空、陸、海のみである
つまり宇がないのだ
だから心配しても全くもって無意味
杞憂である

・奇跡がある最後のスパロボ
・限界反応がある最後のスパロボ
・クリア特典がない最後のスパロボ

【COMPACT2の真ゲッター】


何故かシャインスパーク→
ストナーサンシャインだけ引き継ぎが無い。
他の武器・能力は全部引き継ぐのに…

【C1のブルーガー】


序盤(6〜8話の間)に仲間になる上、
何故か最初から5段階も改造されており
しかも二人乗りのため、
加入時では無改造の
ライディーンよりずっと使える
V-UPを装備させればしばらくはスーパーエース
ライディーンより
遥かに強いギルディーン退治、
ダンクーガより
遥かに強い偽ダンクーガ退治を頑張ってもらおう

【根性・ド根性・気合】


SFC第三次の主役クラスは
みんな持ってたような気がする

【GONG】


歌詞がどう考えても生きて帰る気0。
要約すれば『戦って死ね』。
どっかの団体から苦情が来そうである。
せめてもうちょっと前向きな歌詞は
付けられなかったのだろうか。
まぁ全員銀河の海に散るつもりで
いたからそれでいいのかも知れないが。

【コレン=ナンダー】

出典:∀ガンダム

∀に於ける赤くて角付き3倍担当
急ごしらえの赤くて角付き専用カプルで
ソシエとメシェーのカプルを
ブースター代わり(通常の3倍w)にして
∀とターンXが繰り広げる
決戦の場にカッ飛んでいく様は
文句無しに格好いい

カプルの自重があるから
推力増えないよとかの野暮は言いっこなし
本体の推進剤節約にはなるしね
「戦士たる者の生き様を後世に伝えぃ!女達よぉ!」

【コレン専用カプル】


ターンAにてコレン・ナンダーが
最後に搭乗したMS。
赤く塗装されてはいるが、
性能は通常と変わらない

右手にはウォドムの手を改造したロケットパンチ、
左手にはミンチドリルを装備し、
パイロットの技量のみで空中戦すらやってのける
ラストのカプル二機をブースター代わりに跳躍
ターンXに向けて
「その股間にロケットパンチ!!」は
屈指の名場面だろう

【コレン・カプル】

出典:∀GUNDAM
劇中後半にて登場したコレン専用のカプル。
オリジナルの緑系統のカラーリングを
赤に変更、頭部には“角”がつけられ、
右腕部に射出可能な“手”をつけた特別仕様。
ミンチドリルも引き続き装備している。

色合いや装飾物が
どこぞの赤い人専用機を彷彿とさせるが、
別に何かが3倍というわけではない
……かと思いきや、
最終決戦にて、ソシエ機とメシェー機の
計3機分のカプルの推力を利用するという形で
“通常の3倍”を実現し、
ロランとギンガナムの一騎打ちに割って入り
御大将の股ぐらにロケットパンチをぶちかまし、
そして散っていった。

GジェネFでは何故か未参戦だったが、
ポータブルにて待望の参戦を果たし、
高威力低燃費な素晴らしき仕様の名機に。
下手をすれば∀より優秀。
ロケットパンチの戦闘アニメが、
ミンチドリルを持たされお留守番のカプルに
“・・・”の吹き出しがでたり、命中すると
“ガンッ!”と字が出たりと
実にコミカル。

スパロボでの扱いは……ごめん、覚えてない。

【コルレル】


ガンダムXに登場した敵MS。
地上ユニット。
スパロボRに出ていたのだが
覚えている人はいるのだろうか。
Rの頃から運動性が命中に作用しなくなった為、
劇的に運動性の高いこいつには
NTですら攻撃が当てづらい。
武装は一つしかないが射程が異常
+空に攻撃可能というインチキ性能。
装甲を極限まで薄くしているはずだが
敵MS補正でHPも高い。

しかしR自体印象の薄い作品だったので
記憶に残ることは少ない。

【ゴルディオンハンマー】


ニルファ・サルファでお馴染みの
金色の破壊神御用達ハンマー

【孤立】


単機出撃、
部隊からの一次離脱の際に
頻繁に起こる現象。

スーパー系が一時的に研究所に
戻ると大概コレが起こる。
新機体のお披露目や原作再現、
あるいは数ターン経過の
後味方増援が来る事が多い。
「多勢に無勢」「戦力差を機転でカバー」
等は味方がワラワラいると表現しにくいため、
単機で引っ張り出される。
その機体を改造していない場合
難易度が跳ね上がるので注意が必要である。
弐号機とか電童とか。

【このシーンの前にシャアとハマーンは寝てます】


星の鼓動は愛にて
どこかのシーンに関しての御大のコメント
…まあ若い男女だし、いいんだけどね

【コトブキヤ ヒュッケバインMK-III】


コトブキヤより発売の、
スパロボオリジナルメカのプラモデル。
そのシリーズ第6段
1/144程度のサイズにも関わらず、
値段は3000円代とガンプラに比べやや高め・・
だが、出来はメッチャクチャカッコ良く、
造形のシャープっぷりもさることながら
第三弾のファルケンから
行われてる部分塗装のおかげで、
素組派でも簡単に仕上げられる

シリーズを重ねるごとにだんだん進化しており、
バンダイのプラモ独占牙城を
崩しかねないアイテム・・なのだが
ファングクラッシャー(ちゃんと展開出来る)を、
何故か持つ為の手がついて無かったり
2重間接の癖に90度膝が曲がらなかったり
(構造上やや仕方ない所も有る)
もうちょびっと頑張ってくれると
もっと嬉しい・・かも

【ゴットン・ゴー】

出典:機動戦士ガンダムZZ

戦艦エンドラにおける中間管理職。
一人前に出世欲だけはある。
主な仕事は次々と派遣される
無能な上司の尻拭い。
ただ本人も無能なヘタレの為
事態のさらなる悪化につながる事が多い。
最終的に(上が皆ラボ送りになったので)
エンドラの指揮官に登りつめる。
アーガマに白兵戦を仕掛けるなど、
指揮官としての気概もみせたが、
それからすぐに自身がスパイに仕立て上げた
トーレスの幼馴染セシリアの
特攻をくらい爆死する。
2巻しかなかった小説版だと
エピソード短縮のあおりをくらいキャラ・スーンと
駆け落ちしたと短い文章でまとめられ、退場した。

【ゴッドフィンガー】

出典:機動武闘伝Gガンダム

ゴッドガンダムの固定武装はずだが
生身のドモンでもピエロでも
ノーベルガンダムでも使える安売り必殺技。
Gガンはわざわざ手甲を変形させてから放つのに…

【C・E】


ガンダムSEEDの世界の紀元。
A・Dを経由しているため
(もう一度人類の歴史を繰り返している)、
以前の黒歴史でかなりの規模の
文明破壊が行われたと推測される。

旧シャア板の極右のガノタの中には、
C・Eの人々は人類ではなく
進化したカエル人類という主張や、
SEEDはティターンズが作った
強化人間マンセーの戦中劇
だという説を唱える者もいるw

特色としては、
遺伝子操作技術に優れているが、
それにより人種間の差別が
激しくなっている事が挙げられる。
謎の「SEED」という能力を持つ者がいたが、
その後の黒歴史においてこの能力を
持つ者は全くいない事から絶滅したようだ。
また、空間認識能力という
劣化ニュータイプ能力を持つ
人間も存在している事から、
おそらくニュータイプがまだいた
Xの次であると推測される。

文明の滅亡がかなり徹底的に行われたようで、
月のマウンテンサイクルにも
記録されていない程である。
外宇宙に行っていて地球圏に帰還した
U・Cのニュータイプにでも滅ぼされたのだろう。
その後のGガンダムの時代のガンダムファイターは、
C・E時に遺伝子操作された
「コーディネーター」の末裔という説もある。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ