スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

2008年04月

【CENTURY COLOR】

出典:∀ガンダム

番組視聴率の苦戦を受け、
テコ入れとして急遽制作されたという∀ガンダム後期OP曲

主題歌変更が視聴率にプラスに働いたかどうかは疑問であるが
こうでもしなければ主役機を交替させられていたなんて話も聞くので

前期OP曲であるターンAターンには
ホワイトドールの身代わりに
なってもらったと言ったところなのだろうとは言え、
後期OP曲であるこの曲が駄作というわけでもなく、
Na Na Naのコーラスなどなかなかキャッチーで
聴きどころもある良作である

アニメでは本編より一足先にお披露目される月光蝶や、
Na Na Naのコーラスに合わせ繰り広げられる
∀ガンダム、ターンX、バンディットの
おいかけっこが見所

【アムロ・レイ】

出典:機動戦士Ζガンダム

スーパーロボット大戦αでは、
カツに言われるまでもなく地下にガンダムを隠していた

もしこんな展開が本放送で実現していたら、
当時の視聴者は新旧主役機の揃い踏みに沸いたであろうが、
カミーユは主役を食われていたことだろう

【キューエル・ソレイシィ】

出展コードギアス

死亡リストのローマ字でフルネームが
明かされたのでソレーシーとかかもしれない。

オレンジ事件でルルーシュを撃とうとしたが、
全力でも逃そうとするジェレミアに止められてしまった人。

その後、オレンジを粛清しようとするが、
ヴィレッタとスザクにとめられた挙句、
危うくユフィを殺しかけてしまった。

それからはことあるごとにジェレミアを
オレンジオレンジと馬鹿に役回りだったのだが、
ナリタ戦で紅蓮弐式の輻射波動によって
機体を破壊されて戦死してしまった。

脱出を拒んだのにもかかわらずオートで
脱出装置が働きどうにか生き延びたジェレミアに対し、
キューエルは脱出装置を起動させたのにもかかわらず
働かずに死亡したのは皮肉といえる。

【クラン・クラン】

出典:マクロスF

SMSの小隊長で階級は大尉

ナイスバディなゼントラーディだが
マイクローン化するとロリ化する

【OG1とOG2のキャラの能力】


平和ボケしたのか大体弱体化してる。

援護攻撃忘れたエクセレンとか、
ガンファイト忘れたラトやリョウトとか。

ただ、ゼンガーやトロンベは単独行動多いから
指揮が無くなったのは分かるが、
キョウスケ、お前はまだ隊長やってるのに何故指揮が消えた?

【ウィルゲム】

出典:∀ガンダム

正面から捉えると逆三角形に見える、
紙飛行機のようなシルエットが特徴の戦艦

ウィル・ゲイムやミリシャの手により
掘り起こされた黒歴史の兵器の一つである

番組制作の裏側では、ホワイトベースが
発掘されるという案も出ていたらしいが
それではあまりにも直球すぎるということで、
このウィルゲムの登場となった

∀ガンダムには他にも、
Ζガンダムが掘り起こされるという案もあったらしいが
こちらは、たとえΖガンダムを出したところで
マニアが喜ぶだけだという理由で却下されている

【交響詩篇エウレカセブン】


竹Pプロデュース。

TBSの公式サイトにある竹Pのコメントに、
竹Pがアニメを使って何をしようとしているかが、
屈託なく書き連ねられている。

自重して欲しいとしかいえない。

【Ez-8、G3ガンダム、シャア専用ザク】


インパクトにおいて素の能力が
低くない上に改造段階が高いので
武器フルチューンと運動性フルチューンで
最後まで一軍に居られる機体。

EZ-8のみ宇宙適正が低いが
そこは運動性以外も改造してボーナスでカバー。

【冷たい世界(前編)】


スパロボJの最終話の手前の、月内部侵入直後。

ボスクラス二体を10ターン以内に撃破、
と良く考えれば無茶な要求をしてくれるが、
ゼオライマー・アーバレスト・テッカマン・主人公だけで
達成しえるのが何とも言えず切ない。

【第3次のガブスレイと機械獣ゴルゴ13】


バランス調整ミスとしか思えない射程の長さ。
フェダーインライフルがあれだけ恐ろしい
スパロボは後にも先にもこれだけ。

【スパロボのラスボス】


最近のスパロボはムラタのような中ボスでも
10万超えがあたり前になっている 。
当然ラスボスも馬鹿みたいなHPを誇る
そのため倒すのが非常にめんどくさい

昔のスパロボはさんざん黒幕っぽく
色々やって凄く強いかと思えば
下手すりゃ一撃で倒せるヘボさ

お前のことだαのラスボス

上手い具合に中間あたりになってくれると
プレイヤー的に楽しい

【オペレーション・デイブレイク】

スパロボ64の最高難易度の話

・舞台が陸地の大半が森と水のジャブローなため、
 空を飛べないガンダム系涙目
・開幕一発、ギルドロームの精神攻撃で全員気力−30。
 もちろん、気力UPイベントなど無い
・ギルドロームにデスガイヤー初登場、
 ショットとミュージィ初登場乱入、
 オマケにミケーネ百鬼同盟乱入(生身暗黒大将軍初登場)

やたら初登場ボスが多いというイジメのような展開が待っている。
鍵を握るのは、気合を連発出来るダンクーガとゲッター、
空を飛べて避けれるABとレイズナー辺り

が、シナリオ的にはかなり見所が多く
・不死身の村雨大活躍
・現状敵対勢力の確認
・リアル系のみレライベント
・女性陣にボコられるごひ
・村雨とヒイロの絡み
・オペレーション・デイブレイク発動。
 OZがムゲ帝国に反旗を翻す
・今後のシナリオを左右する
 独立軍ルートとOZルートの選択あり
・OZルートに進むとごひがこのシナリオのうちに離脱
 (次の話の最初で残り4人も離脱)

そのため、最高難易度シナリオでありながら人気は非常に高い

【スーパーロボット大戦64】


シナリオとしてようやくスーパー系に日が当たった作品

だが、敵味方共に攻撃力が超インフレするため、
避けられないスーパー系は戦場を生き延びられず、
十八番の攻撃力もリアル系も同じくらいに達してしまう

ただし、一旦避けられるようになると反則クラスに強くなる。

ゴッドマーズ、マリアグレード、
銀鈴ロボ、十分改造した真ゲッターが鍵だ

【ファンネルミサイル】


PSの無印αにて、改造コードを使用して
乗り換え制限を解除し、
バルキリーにニュータイプパイロットを乗せて
ホーミングミサイルを撃つと「ファンネル!」と叫ぶ。

気分はΞガンダムだ!

【バルマー帝国】

宇宙怪獣やゼントランの脅威に対抗するため、
銀河各地の星を強制併合していた。
逆に単独ではそれらの脅威には勝てなかったということだ。

それに併合するまでにその星の軍と戦うわけだから、
相手が降伏するまで兵員や武器弾薬を消費し続けるわけで…

サルファの時代にはそのしっぺ返しで、
ボアザンなどには逆キレかまされて撃退されるわ

宇宙怪獣には押し切られるわ、
更にお隣の銀河からやってきた
バッフクランにも攻められている。

ラオデキヤやユーゼスが偉そうだったから、
なんか強い凄い大きいイメージだったが、
サルファ終わった後に考えると
結構自転車操業の帝国だった気がする。

【オルゴンクラウド】

出展:スパロボJ

バリア+分身+EN回復+移動コスト0+
壁を無視して移動できるロボ技能。

オリ機体後継機とオリ機体のボスクラスが
持っていてかなりの厨性能を誇っている。

因みにラスボスは第一形態では持っているのに
第二形態で無くなるので目茶苦茶弱くなる。

【ズール皇帝】


64ではキャンベル星人、ベガ星人、
それからごひを配下にしていた。

Dではザール帝国、ベガ星人を配下にしていた。

他の敵を配下にするという点では
バルマーと同じなのだが、
叩かれないのはオリジナルではないこと、
原作でもいくつかの星を侵略して配下にしていること、
そして本人が本当に強くて威厳があるからだろう。

原作では一度死んだが、
他の星(マルメロ星)の独裁者に取り付いてみたり、
また完全復活して再度地球侵略したりしている。

スパロボでは今までゴッドマーズTVシリーズの
第一部しか扱っていないのが残念。

【グランティード】

出典:スパロボJ

スパロボJの主人公用オリジナルメカの一つにして最強の機体。
この状態でバリア持ち、装甲高し、並の運動性を持っており
その上、スーパー系と思えないぐらい
高射程の高性能武器を持っている

そもそも回避があまり重要視されないJだけに強力だった

後継機になるとさらに分身とEN回復とかも
ついちゃうので軽く冥王みたいな機体になる

よく考えるとスーパー系の機体が
最強扱いされるのは龍虎王以来だろうか

【64のダイターン3】


バグで永久に参入しない、は置いといて
スーパー系では序盤から必中熱血サン・アタックが
使えるため、ボスキラーとして活躍する。

普段は命中率+30のザンバーが強いが、
復帰後はザンバーは攻撃力不足、
そしてなにより敵攻撃力インフレにより
装甲が紙になってしまうから途端に使えなくなる。

シナリオでも目立たなくなるし、本気で活躍させたいのなら
リンバトからザン・ボット3を呼んで来なければならない

【女帝ジャネラの人間狩り】

出展:スーパーロボット大戦64

ちずるがたった1人で二体の超獣と戦う話。
もちろんバトルマリンで勝てるわけが無いため、
グレンダイザー達が駆けつけるまで逃げ回ることになる

が、このシナリオ、短い分岐の一つなのだが、
もう片方がランタオ島でのデビルガンダムとの決着の話なのだ

こちらに来るとは、よほどコン・バトラーが好きなんだな
(もしくはちずるが苦しむ様を見てハァハァする真性ドSか)
つうか、ダイザーとZは来るが肝心のグレードが来ないため
マジンガー系の生命線の合体攻撃が使えない
(ゲッターも来ないし)

ここといい、ムゲ宇宙分岐
(グレードだけフィフス=ルナルート)といい、
今回のプロはいつにも増してKYである

【ペルフェクティオ】

HP回復と超能力を持ち影を出したりするズールや
HP回復とプロトデビルンを持つゲペルニッチよりも
弱いと言われるラスボス。

HP回復をもたないのでガーランド一機で
倒せたりするのが一番の原因だろう。

OGに出たらHP回復が付くか、
もしくは若☆本のようにパワーアップなりするだろう。

【コンパクトでのごひ】


運動性155+移動後使えて射程1〜3で
命中率+50%のドラゴンハングと
NTでも避けれない程凶悪な強さになっている

しかし味方になると運動性は155→115と弱体化し
HPも一万以上あったのが3900まで激減と
能力が低下しすぎて使えなかった。

【オールドタイプ】

技能が優遇されることが多い。
インパクトだとオールドタイプは
援護や統率を持ってる人が多い。

特にシローとバーニィは第一部の最初から自軍に居る。

シローは統率、援護、魂など技能と精神がバッチリだし
バーニィは技量が低いが最初から奇襲を使えて強運持ち、
更には魂を覚えるのだから正にダークホースである。

【ヤクト・ドーガ】

出展;第2次スーパーロボット大戦

能力が高く遠距離攻撃連発とかなり凶悪。
しかもNTではないラルやガイアまでもが乗ってきて
ファンネルを連発する

リメイクの第2次Gでは
ラルやガイアはヤクトには乗ってこず
序盤で出番は終了する。

【量産型ヤクト・ドーガ】


いかにもMSVにありそうな機体だが、
実はスパロボが勝手に作ったMSだったりする

その最大の武器、ファンネルは
ニュータイプパイロットでも回避が非常に困難であり
スーパーロボットでも集中して狙われれば
1ターンと持たない攻撃力を誇る

しかも、“量産型”とある通り、
大量に配備されているから始末が悪い

まったく、ウィンキーはなんてMSを捏造してくれてるんだ!

【オルドナ=ポセイダル】


第四次のエルガイム決戦マップ。
三ルート存在しており、
リアル系でギャブレーを仲間にしていると
月の裏側から行くルートと
ジュドー達がミネバを救出してから
行くルートを選択できる。
どちらもかなり楽。

第四次最難関と謳われるのは
ギャブレーを仲間にしないで強行突入するルートである。
無論スーパー系だと救済処置なしで
このルートしか存在しない。これは酷い。

自軍の三倍以上の数のヘビーメタルや
ゲスト軍を相手にしなければならず、
毎ターン、バイオリレーションイベントで全回復するオージ、
そしてオージを倒せばやはり毎ターン全回復する
ブラッドテンプルを倒せばクリアである。

勿論、部隊分割組の中にオーラバトラーはいない。
スーパー系の場合ヒュッケバインもいないので地獄と化す。

【キリマンジャロの嵐】

出展:第4次

飛べない機体を主力にしてる人が
大変な目にあうMAP

飛行ユニットしか出撃出来ない為
ミノフスキークラフトが無いとMSは出撃出来ない。

可変MSはMA形態で出撃は出来る。

【アクシズに散る】


そんなボスキラーなスーパー系だらけで
クリアする必要がある最難関シナリオの1つ。

大量に現れるゲスト勢に涙目になった人も多いだろう。
勝利の鍵はオーラーバトラー隊とサイバスター。

【ブラッドテンプル】


どう見てもL,E,Dミラージュな
第四次のポセイダルの乗機

ゲストの技術で強化されており
メガブラスターを連射してくる

地形適応と会わせ登場までの戦う強敵の多さ
(リアル系だとかなり楽なルート有)
から第四次最強とも言われる

【栄光の落日】


ティターンズ&ドレイク同盟との最終決戦、
でも自軍にAB勢なし・・・なんでやねん。

アクシズに散る、オルドナ・オセイダルにならぶ
第4次三凶MAP

初期配置がすでにロザミア@サイコMK
という恐ろしいほどのエグさである

とにかく増援量が多いのでエルガイムMK兇筍擅據
いればヒュッケなどのMAP兵器が勝利の鍵。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ