スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

【あ】

【アークライト・ブルー】

スパロボ64リアル男主人公


設定の段階で両親と死別しており
育ててくれたおば夫婦も第1話冒頭で死亡

ついでに好意を寄せていた少女も一緒に死亡

とどめに途中知り合っていい感じになった
レジスタンスの女の子も死亡

おまけに大人の事情でOGでられずある意味死亡

せっちゃんの上を行く
オリキャラ屈指の不幸キャラだと思われる

【αのティターンズ】


ゼーレの使いっ走りにされてネルフに攻め込んだ挙句、
復活した弐号機のリハビリ代わりにさくっと殲滅された方々。
ジュリドやブランなど名のあるパイロットたちが、
ATフィールドを貫けずに一方的に虐殺されるさまは実に哀れ。
(ブランは原作ではティターンズじゃないけど)

MD化した量産型ガンダムmk兇切り札という
実にしょっぱい戦力だしなぁ

【アルティメットグラヴィオン】

出典:超重神グラヴィオン

ソルグラヴィオンとゴッドΣグラヴィオンが
最凶合神した、グラヴィオン最終進化の形。

原作では最終話のラストに出て、
超重炎皇斬で暴走した惑星ゴーマをぶった切った。

右腕と両脚にドリル、左腕に超重剣というデザインだが
時間の都合上ほとんどの武器を使わなかった。
Zではユニットとして全装備解禁されているのか、
はたまた合体攻撃専用なのか未だ不明なため、
ドキドキものである。

ただし、合体攻撃となると攻撃する度に
「最凶合神!」
「「アルティメーット、グラヴィオォォーン!」」と
叫ぶことになるため、大変くどくなるかもしれない。

【アリス・ザ・スピード】

出典:ナイトメアオブナナリー

漫画版のオリジナルキャラ。
CC細胞を移植された人造ギアスユーザーからなる
名誉ブリタニア人部隊・イレギュラーズの一員。
ギアスの能力は「ザ・スピード」。要は加速装置である。

任務の合間にアッシュフォード学院に
通っているうちにナナリーと親友になるが、
同時にナナリーの生い立ちも知ってしまう。

親友であるナナリーを守るためにも、
功績を挙げてナナリーの騎士となるべく頑張る健気な少女。

ちなみに、2ちゃんのファンスレでは完全に百合っ子扱い。

【アルフレッド・イズルハ】


確か11歳というガンダム最年少主人公。
声優の浪川大輔もガチで子ども。

OVAから10年後に発売されたDVDはCMは
成長したアルが過去を振り返るというものであり
大人になり声変わりした浪川大輔が担当し
数秒のCMながらファンを感動させた。

【アウルゲルミル】

出典:スーパーロボット大戦α外伝

北欧神話に登場する「土の叫びの巨人」が名前の由来。

マシンセルを制御するシステムであると同時に、
同作イージー、ノーマルルートのラスボスであり、
またスパロボ初の乳揺れユニットでもある。

ゲームの駒としてみた場合、昨今のボスクラスにしては
それほどHPは多くはないが、
一定値まで下がると「ド根性」を使ってきたり、
アストラナガンを身ごもっていたりと色々厄介。

因みに、「イズンアイ」という技を持つが、
お目にかかる機会は滅多に無い。
特に戦闘アニメが凝っている
というわけではないが見ておくといいだろう

【暁 直参仕様】

ラクシャータが黒の騎士団用に
新たに手がけたナイトメア群の一類。

量産機体である暁を指揮官用に
パワーアップしたのがこの直参仕様である。

主なパイロットは朝比奈、千葉。

【アリス】

コードギアスナイトメアオブナナリー
悪夢のオリジナルキャラクター

出番の多いオリキャラだがあまり批判は無い。

理由としては
・イレギュラーズのメンバー、
 ナナリーの同級生という
 原作には存在しない立ち位置であるため
 原作のキャラの立場を奪っているという事が無い
・戦闘時の能力は一般兵は遥かに凌駕するが
 ギアスユーザーの中ではまがい物のギアスユーザーで
 あるためゼロ、ナナリー、スザクより弱い
・イレギュラーズであること以外は
 濃い特徴の無い普通の女の子であるため
 見ていて鬱陶しさを感じさせない

つまり空気にならず存在感は出しつつも
原作のキャラの出番を奪ったり踏み台にしたりしていないのだ

【アスハム・ブーン】

出典:キングゲイナー

シスコン兄様でありスザクと一緒で
腐った体制を中から変えようとした人

同じ志だった、シャルル・フェリーべこと
ゲインと一緒に努力していたが
ゲインが、やっぱこんなの直すの無理と
エクソダスに走ったため叶わぬ夢となってしまう
その上、溺愛していた妹と
一夜ゲフン、ゲフンをしたために怒り心頭
執念の人となってゲインを追いかける


ある意味、ルルーシュとスザクが
混ざった面を持っているともいえる

ぶっちゃけ大河内つながりで
何かを感じずにはいらなれないとおもう
俺はきっと勘ぐりすぎなのだろう

とはいえエウレカだってキンゲネタ入れてたしなぁー

【アクセル・アルマー】


スパロボAの男主人公。

かつてOG2での扱いを巡ってワカメを呼んだ存在でもある。
OGSで若干の改変が加わるものの、死亡ENDの不満は高く
続くOG外伝ではアルフィミィ共々復活を果たした。

彼のファンの一部は活動力はロボゲでも有名。
そのためアンチも少なからずいる。

他の携帯機スパロボのスレで
名前を出すと必ず荒れる程である。
しかしながら人気キャラクターの
一角であることは間違いない。

【アシュラ・テンプル】


エルガイムのA級ヘビーメタル。
でかくて強くて欠点ありと実に正しい強敵。

スパロボだとわかりにくいが四本腕、
多腕をいかした死角無しの多武装大火力
さらにはバスターランチャーまで使用する

流石のA級・・・レプリカだけど

名前の由来が音楽バンドなためか、
ミュージシャン永野の琴線に触れたらしく
FSSでも同名の機体が活躍する。

【アムロ・レイ】

出典:機動戦士Ζガンダム

スーパーロボット大戦αでは、
カツに言われるまでもなく地下にガンダムを隠していた

もしこんな展開が本放送で実現していたら、
当時の視聴者は新旧主役機の揃い踏みに沸いたであろうが、
カミーユは主役を食われていたことだろう

【アクシズに散る】


そんなボスキラーなスーパー系だらけで
クリアする必要がある最難関シナリオの1つ。

大量に現れるゲスト勢に涙目になった人も多いだろう。
勝利の鍵はオーラーバトラー隊とサイバスター。

【アストナージ・エンジン】

出展:Gジェネ魂

オプションパーツの一つ

装備すると、機体の攻撃力と機動力が40上がる
これがどれくらいすごいかって言うと、
無改造ガルバルディβでRF軍団を圧倒できるくらいすごい

多分スタッフにいわゆるスパ厨と呼ばれる人種がいる

【アストナージ・メドッソ】

出典:機動戦士ガンダムシリーズ

メカニックマンのシンボル的存在であり、
機動戦士Ζガンダムで初登場してからは
ガンダムΖΖ、逆襲のシャアで
もブライトが指揮する艦でMSの整備に従事しており
アムロやカミーユ、ジュドーら、ニュータイプ御三家と呼ばれる
パイロットたちを裏方から支援してきた人物

機動戦士ガンダムから逆襲のシャアまで
すべての作品に登場したという理由で
ブライトを影の主役と見るファンもいるが
ならばΖガンダムから逆襲のシャアまで
皆勤賞であるアストナージは、
影の準主役と言えるのではないだろうか
・・・言えませんかそうですか

スーパーロボット大戦F完結編では、彼の加入で機体の改造が
5段階から10段階に増えるイベントがあり、
伝説のメカニックたるゆえんはおそらくこれだと思われる

赤木リツコ博士でも不可能だったエヴァの10段階改造も
アストナージにとっては なんてことないのだ

【アレックス】

呪われた単語

これが付いたものは
・いきなり本名を味方にばらされたり
・主人公なのにカーソルの初期位置じゃなかったり
・RX-78−2より強いはずなのに活躍の場が無かったりする

【アレックス・ディノ】


アスランが種死最初期で使っていた偽名。
でも速攻で議長にバラされちゃう。

多分偽名を使っていた事を覚えている人も少ないはず

【ACE3のガンダムX】

明らかにディバイダーが一番強い。
肝心のXとDXはかなりのポンコツである

ハモニカ砲>(超えられない壁)>サテライトキャノン
な感じになっている。キッドsugeeeeee!!!!

【Iフィールドバリア】


外伝までのαシリーズや
F完のゼロカスタムが装備していた物。

TV版での驚きのビーム耐性を表したかったのだろう。
最近の作品では取り除かれている。

まぁ有った所で、援護防御回数が高いわけでも、
耐えるタイプでも無いゼロではあまり有用性が無い。
ヒイロも鉄壁を無くしてしまったし。

【アビスガンダム】

ZAFTのセカンドシリーズのガンダムのうちの一体。
水中用の機体の割にはビーム兵装が多い。

水中用というよりは海中を侵攻して
海辺の地球軍基地を攻撃する
強襲揚陸型の機体なのかもしれない。

本編ではシルエットの特性を活かした
シンのブラストインパルスにより撃破された。

種運命のMGプラモデルの監修をすることで
有名な重田氏の演出で描かれたこの
戦闘シーンは種運命の中では
かなり高い評価を下されている。

一方、スパロボではスクコマ2で
ゲッターポセイドンと戦い撃破されるという
クロスオーバーをすることとなる。

こういった組み合わせが
スパロボの醍醐味であると思う一方、
数少ないインパルスの出番を奪われたことに
不満を抱いたファンもそれなりにいたようだ。

今度の新作では誰がトドメを刺すのやら。

【アナハイムの技術者】


大企業だけあって様々な人がいる
・RX-178開発者フランクリン・ビダン
・GP計画SEニナ・パープルトンのような裏切り者
・感覚機能付き義手開発者クリメンティ
「タイラント」開発者ファルムのような凄い人
・博士にしてエースパイロットの
・ニール・クレッチマンのような万能の人
・GP03開発関係者ハジメ・カトキ
・百式開発者にして塗装者ナガノ
・ガンダムMk-掘Ν犬寮澤彈團侫献燭里茲Δ米罎凌傭

【R-1改】


R-1の改良機。
R-2のトロニウムエンジンと
R-3のT-linkシステムを積んだタイプと
未来世界で生産されたと思われる機体の2種類がある。
O
Gには登場するか分からないが
ART-1とキャラが被ってると言えるかも知れない。

【アヴァランチエクシア】


公式外伝にて存在が語られるエクシア強化形態
設定上、パイロットは刹那らしい

この機体がいつ登場したかは知らないが、
本編以降なら刹那の生存確定である

【α外伝のジ・O】


スパロボ捏造でP武器な短射程ビームライフルと
長射程ビームライフルを装備していた。

ソフトバンクの攻略本には
「アムロあたりを乗せればクリティカル率高し!」
と書かれていたがそうした人はいたんだろうか?

【アンドリュー・グラハム】


ネオカナダのファイターで機体はランバーガンダム。

アルゴが宇宙海賊時代に事故で彼の嫁さんを殺してしまった
(実際はアルゴは嫁さんを助けようとしていたのだが)
恨みからファイターとなる。

決勝大会のドモンvsアルゴの直接対決が
ウォンの横槍でタッグバトルになった際、
アルゴのパートナーにさせられ、
色々あってアルゴと和解、狂戦士アレンビーの
攻撃からアルゴをかばいファイターとして再起不能となった。

昔の細めのニーチャンからアルゴ打倒の為に
アルゴと大差ないマッチョ+髭もじゃオッサンになるという
驚くべきビルドアップを遂げた。ブルワーカーもびっくりである

【アラスカのジョシュア】


ガンダム00に登場したフラッグファイター。既に故人。

初登場時はグラハムに対し嫌味たっぷりで、
グラハムが過去に起こしたと言われる事件とやらに
ついてわずかに言及するなど、
それなりに印象に残る奴だったが、
次の話であまりにもあっけない最後を迎える。

あまりにあっさりだった為、
「いや、生きてるでしょ」という人も多かったが本当に死んでた。

【アレハンドロー・コーナー】

出典:機動戦士ガンダム00

視聴者的には数話前から黒幕的行動を
繰り返しまくっていたので
すんなり受け入れてしまいがちだが、
この人の表の肩書きはユニオンに所属する
一国家の国連大使である

ぶっちゃけた話一国家の文官にすぎない人が
謎の疑似太陽炉MAに乗って増援としてやってくるという
異常な状況をどうやってカティ大佐や
スミルノフ中佐に納得させたのだろうか

【アルヴァトーレ】

アレハンドロが駆る、疑似太陽炉を
複数搭載した大型MAである。

武装は前方に向けて発射する強力なGN粒子砲(名称は不明)、
両横に円盤みたいな一部になっている
大型クローが現在確認できる。
また、ヴァーチェなどのGNフィールドよりも
強力なGNフィールドを備えている。

確認はされてないが、アルヴァトーレが撃墜されると
中からリボンズが搭乗する違う機体がでるとも言われている。
まだ、最終話は放送されていないのでわからないけど。

【IFS】

イメージ・フィードバック・システムの略。

ナデシコ世界に登場した、体内にナノマシンを打ち込むことで
機械とのリンクを可能にして頭でイメージした通りに
動かすことが出来るシステム。

これを使うことで、まったくの素人である主人公のアキトも、
第1話ですぐにエステバリスを操縦できた。

通常、IFSを施している人間は軍人などが多いが、
アキトは火星帰りだったためにIFSを施していた。
(火星では、通常の建機などにも
 IFSが採用されている場合が多く、
 民間人がIFSを受けていることも珍しくない)

しかし、地球に戻ってからはそのIFSが
奇異に思われるという災難もあった。


ユリカとかジュンみたいなエリートはIFSやってないよな。
現場に出ることは無いってことなのか。なんかIFSやってると
ちょっと下に見られるような風潮だったけど

【α外伝のザムジード】


HP回復とガッツという
食い合わせが悪いにも程がある技能の組み合わせ

まさにイジメである
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ