スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

バンプレストオリジナル

【セツコ・オハラ】


スパロボZの女主人公。

公開当時から不幸げな雰囲気とかが
一部の人間にクリティカルヒット、
「せっちゃん」の愛称で親しまれコラが大量に作られたり、
「あの物憂げな雰囲気がたまらん」
「俺絶対せっちゃんからプレイするんだ・・・。」
「せっちゃんのパンツハァハァ」などと
人気は9:1ぐらいの差があったが、

・キャラ能力がセツコ<鬱ビス<カツ
 (NT的な意味で)とゆうダメっぷり
・ゲームバランス的にリアル系は圧倒的に不利

・さらにはチームの仲間をグリリバに殺される
・グリリバにレイプされる
・体の調子がドンドンおかしくなってくる・・・。
など不幸キャラなどどいう笑えるレベルではない
シナリオ展開に軽い気持ちでプレイした人間をドン引きさせた。

何この格差社会

しかし、中にはそんな悲惨すぎる
せっちゃんがたまらない!
もっとやれ!!!という人も・・・鬼か!?

【ランド・トラビス】

 
スパロボZの男主人公。
公開当時は「ガンレオン?ねーよwwwwww」
「俺たちが求めていたオッサンキャラはこんなんじゃない!」と
結構叩かれていたりしたが蓋を開ければビックリ仰天、

・連続ターゲット補正+精神コマンド連発で
 リアルロボット無双ができない
・逆にスーパーロボット系は装甲強化で殆んどダメージ通らない
・PPによるスキル習得、
 ステータスアップのための消費量激増!

などの理由により装甲硬いわ、
初期技能底力LV5持ち、
精神コマンド2人分使えると超優遇。

シナリオも暑苦しくもコミカルだったり
ばっちりカッコ良くきめたりするので問題なし。
「ガンガンレオン♪ガンレオン♪」の
BGMが癖になった人も多かろう・・・。

【アークライト・ブルー】

スパロボ64リアル男主人公


設定の段階で両親と死別しており
育ててくれたおば夫婦も第1話冒頭で死亡

ついでに好意を寄せていた少女も一緒に死亡

とどめに途中知り合っていい感じになった
レジスタンスの女の子も死亡

おまけに大人の事情でOGでられずある意味死亡

せっちゃんの上を行く
オリキャラ屈指の不幸キャラだと思われる

【ガンレオン】


スパロボ初の修理装置付き
(後に補給装置も追加)な主人公機。

これだけだと弱そうだと思う人もいるが、
実質HP回復(小)付き+ランドの底力発動で
タフさはスーパー系でもトップクラス。

燃費は悪いが火力も高く、射程を補えば無双も可能。
最初から最後までアタッカーとして非常に頼りになる。

【ウォーダン・ユミル】

出典:スパロボOG2

結構初期から公開されていた新キャラ。
スレードゲルミルに乗り
「我はウォーダン・ユミル!メイガスの剣なり!」が決め台詞

当然「またゼンガー敵かよ!」
「そんな仮面付けてもバレバレだっつうの!」
と色々言われ、作中キャラも前半はゼ
ンガーだと信じて疑わなかった

しかし中盤にて、ゼンガーがグルンガスト参式で
普通に登場するというトンデモ事態が発生。
それに対しウォーダンも
「ふっ、ゼンガー・ゾンボルト!
一度手合わせをしてみたかった!!」と返す

……別人かよ!厳密に言えば関係はあるのだが。
しかしこれによって、ダイゼンガーVSスレードゲルミルという、
全スパロバーとモデラー大歓喜なイベントが見れるのだった

なんとなくアレもこんな自体になりそうで怖い。
しかしムウやアデルっていう例もあるしなあ

【フォリア・エスト】

出典:スーパーロボット大戦MX、OG外伝

デビュー作MXではDG細胞に感染し
哀れゾンビ兵になってしまったため、
専用グラフィックが用意されなかった
クライウルブズ隊員。

その事実はヒューゴのトラウマになっている。

OG外伝ではきちんと設定がなされたが、
基本的な立ち位置がMXの前日談に当たるためか、
イェッツトとの戦いの最中生命を落としてしまう。
流石にゾンビにはならなかったが。

MX組が今後のOGシリーズにどの程度関わるかは不明だが、
ろくでもない形でも再登場があり得るだけに、
恵まれていると見るべきかもしれない。

【アウルゲルミル】

出典:スーパーロボット大戦α外伝

北欧神話に登場する「土の叫びの巨人」が名前の由来。

マシンセルを制御するシステムであると同時に、
同作イージー、ノーマルルートのラスボスであり、
またスパロボ初の乳揺れユニットでもある。

ゲームの駒としてみた場合、昨今のボスクラスにしては
それほどHPは多くはないが、
一定値まで下がると「ド根性」を使ってきたり、
アストラナガンを身ごもっていたりと色々厄介。

因みに、「イズンアイ」という技を持つが、
お目にかかる機会は滅多に無い。
特に戦闘アニメが凝っている
というわけではないが見ておくといいだろう

【ラーダ・バイラバン】


スパロボOGにおけるメディックみたいな人。

彼女のヨガオタクっぷりは、
なんか日本人が柔道着に帯刀ちょんまげして
「拙者はNINJAでござる!」って言ってるような
「お前知っててやってるだろ」感がバリバリである

【究極ゲシュペンストキック】


ゲシュペンストMK-競織ぅSに搭載されている必殺技。
カイ小佐曰く「こいつは叫ぶのがお約束でな」
乗り換えによって声優達が様々なシャウトを披露してくれる。
所謂、中の人ネタも多い。
しかし絶叫しつつキャラを演じるのは困難らしく
聞いた者を唖然とさせた声優も何人かおりました。

【ゲシュペンストキック】


スーパーロボット大戦Fの主人公
レナンジェス・スターロード(熱血系)が
確かゲッター3が大雪山おろしを編み出したとき
俺も必殺技作ろうかな〜といって誕生した技

後にOGシリーズでこの技が復活することになるとは

【グラキエース】

出展:スパロボD

ルート次第で仲間となる
男主人公のライバル的位置にいる女性。
愛称はラキ

あまりの人気から彼女が
仲間になるのが正史扱いとされている

OGで救済装置が追加されてなかったら
暴動が起きかねないかも…
俺の嫁、でなく助手の嫁と呼ばれる事が多い珍しいケース

【グ=ランドン】

出典:スパロボJ

グランゾンではありませんグ=ランドンです
というのはお約束なスパロボJのラスボス

元々もは有能な人だったらしいが
トラウマとかが影響して
とっても駄目な人になりましたとさ

ぶっちゃけ作中ではぽっと出感が否めなく
なおかつ弱いため存在感は非常に薄い筈なのだが

戦闘台詞の
「絶望せよぉぉぉぉぉおおお
 ぉぉぉぉぉおぉおぉぉぉおぉおぉ!」
のカットインがインパクトがでかくて
絶望総帥だの絶望先生だの言われる

【テェイクニット・ゼゼーナン】


名前は合っているか自信が無い。
F、及びF完のオリ敵、ゲストの親玉

単独で地球征服を企んだ野心家で、
地球人をサル以下と罵る言動だけ見れば正に悪の親玉

しかし実際は乱入してきた
ネオグラに瞬殺されちゃう程度の人。
というかアマンダラやハマーンに比べて
拍子抜けするほど大した事ないらしい

【ペルフェクティオ】

出典:スパロボD

破滅の王、全ての破滅を望み与える者
なんて呼ばれるエネルギー生命体

それが宇宙に現れただけで
その宇宙は死ぬなんていう
とんでもない設定を持つ

スパロボDでは事故って出現が遅れていたが
そこをスーパーロボット軍団が
頑張って異次元の彼方に押し戻した

一応、作中ではもはや自然現象的な扱いもされている

【ザ・データベース】

出典:スパロボW

スパロボWのオリ敵

始原文明エスの忘れ形見にして全ての知を記録するプログラム

だが、プログラムの一つであるクリティックが
自我に目覚めた事により少しづつ暴走する

スパロボ史上でもかなり高度な技術水準を持つと思われ、
バスキューマシンも短い期間で即座に
不完全ながらコピーした

原種達もゲェーっ!っていうような感じの相手だったらしい
元々は始原文明エス自体は次元技術に
非常に長けた文明だったそうで
宇宙の崩壊から免れたりもしている

組織が暴走したときのカウンターとして
残されたのがヴァルザカードである

と比較的真面目に書くとこんな所で

ヤンデレ目なコピー女(別にヤンデレではない)
ヘタレ評論家
仮面親父
衣服は布一枚
熱血ナルシストお兄様

で構成された変態プログラムである

【ザインナックル】


OG以降消えたSRXの技。
要は凄いT-LINKナックル

【ザムジード】

出展:α外伝

ミオがガッツ持ちなのにHP回復が付いている。
かなりミスマッチ。

しかも大ならまだ使い道がなくもないが
よりによって小である。

変に回復してガッツだけ
解除されるという事態が頻発する。
い、いらねぇ・・・

超振動拳は地味にEN消費がないので便利といえば便利。

【麒麟・極】


OGSにて正しい読みが
「きりん・きわめ」と判明した武装

判明するまでは「きりん・ごく」「きりん・きょく」
果ては「きりん・わかめ」とまで呼ばれていた

ヴィンちゃんも何気に貢献していたのである!

【アクセル・アルマー】


スパロボAの男主人公。

かつてOG2での扱いを巡ってワカメを呼んだ存在でもある。
OGSで若干の改変が加わるものの、死亡ENDの不満は高く
続くOG外伝ではアルフィミィ共々復活を果たした。

彼のファンの一部は活動力はロボゲでも有名。
そのためアンチも少なからずいる。

他の携帯機スパロボのスレで
名前を出すと必ず荒れる程である。
しかしながら人気キャラクターの
一角であることは間違いない。

【OG1とOG2のキャラの能力】


平和ボケしたのか大体弱体化してる。

援護攻撃忘れたエクセレンとか、
ガンファイト忘れたラトやリョウトとか。

ただ、ゼンガーやトロンベは単独行動多いから
指揮が無くなったのは分かるが、
キョウスケ、お前はまだ隊長やってるのに何故指揮が消えた?

【バルマー帝国】

宇宙怪獣やゼントランの脅威に対抗するため、
銀河各地の星を強制併合していた。
逆に単独ではそれらの脅威には勝てなかったということだ。

それに併合するまでにその星の軍と戦うわけだから、
相手が降伏するまで兵員や武器弾薬を消費し続けるわけで…

サルファの時代にはそのしっぺ返しで、
ボアザンなどには逆キレかまされて撃退されるわ

宇宙怪獣には押し切られるわ、
更にお隣の銀河からやってきた
バッフクランにも攻められている。

ラオデキヤやユーゼスが偉そうだったから、
なんか強い凄い大きいイメージだったが、
サルファ終わった後に考えると
結構自転車操業の帝国だった気がする。

【エルアインス】


R−1の正式量産機エルシュナイデの向こう側の世界の姿。
高性能でわらわら出てくるOG2後半のガン。

OGsではジガンスパーダに乗る雑魚が増えたため
資金的にも難易度敵にもストレスが下がる結果となった。

むしろこっちが使いたくなる敵、NPC専用PTである。

【リオン】


アーマードモジュールという機種のロボット。
飛行機に手足を付けたようなデザインで
色々な派生機が生まれたが
ガーリオン以降は普通の人型になってきた。

リオンのフォルムを受け継いだ新型、
バレリオンを受け継いだ機体は今後出るのだろうか。

【魔装機神】


第二次でダンバインを参戦させようとしたが無理だったので
じゃあオリジナルでダンバインっぽいの作っちまおう!
みたいなノリで作られた作品。

当のダンバインはEX以降のスパロボで無事参戦を果たしている。

【エクセレン・ブロウニング】


実は若い。今の設定年齢は知らないが、
俺のIMPACTのメガボーグのMAPでは、
20歳と言っていた。

OG2で、ガーネットの出産などの
時間経過を考えても21のはずだが……

レモンはどうみても相当にエクセレンより
年上に見えるがいったい何歳なのだろうか。

実は、10年くらいこっちとむこうでは
時間のラグがあるように見えてしょうがない。

【チームTD】


OGにおいて年齢不明な人達。
公式サイトや予約特典の設定集などでは
特に年齢は明記されていない。

アイビスが宇宙飛行士として
それなりに訓練を積んでいることや
リューネと仲良くなってるのを見ると
3人とも20周辺が妥当だろうか。

「アイビスがニルファ時に20歳って設定だった」
との情報もある。

【ベルグバウ】


黒光りするボディと金色のヒゲが素敵なアイツ

久保がサルファ世界からやって来る場合、
すでにディストラになっちゃってるから
ベルグバウは出てこられないんじゃ…と心配している

ガンスレイヴはこっちのほうが好きなんだが

【マオ・インダストリー】


スパロボOGに登場するPT開発企業。

アナハイムと違って客は選ぶ主義。
そのため、商売の相手や手段を選ばない
商売敵のイスルギ重工には
業績面でかなり差をつけられている。

DCや異星人に攻撃されたり占拠されたりで
踏んだり蹴ったりであるが
そんな経営が振るわない状態でも、
新型機の開発は根気良く行なっている。

【ソニックセイバー】


アルテリオンDFの近接武器。一応二刀流
ブレイクフィールドを剣状に収束して斬りかかる

フィールド収束→右斬り下ろし→左斬り抜け→変形離脱 の
流れは完成されており実に美しい

OGでの改変が心配されているが、
そもそもいつになったら出れるのだろうか…

【OG外伝】


ストーリーは半分がOGSに入っていた2.5とほぼ同じだが、
MX組が序盤に、アクセル&アルフィミィが復活、
ソーディアンガード・ダークブレイン・ネオグランゾンの参戦と
全体的には半分くらいしか新鮮なものではなかった。

まぁ、既存のユニットの性能の向上が
大幅に上がってることもあった。


番外としては、シャッフルバトラーは
自分は全くやってないので感想を言えないが、
フリーバトルはほぼ全機の戦闘を見れるので、
搭載した価値は高かっただろう。

・味方を敵サイド
・キャラ重複、
・一部のキャラが使えないなど
完璧にフリーではない所もある。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ