スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

αシリーズ

【小隊システム】

このシステムの導入により
ALL攻撃という概念が出来上がり、
結果マップ兵器だけが取り柄だった
百式やZZなどの地位向上へと繋がった。

もっとも最新作のZではTRI攻撃の存在により
ちょっと影が薄くなりつつあるが。

【ククル】


ああ、そんな奴もいましたね(笑)

【αのティターンズ】


ゼーレの使いっ走りにされてネルフに攻め込んだ挙句、
復活した弐号機のリハビリ代わりにさくっと殲滅された方々。
ジュリドやブランなど名のあるパイロットたちが、
ATフィールドを貫けずに一方的に虐殺されるさまは実に哀れ。
(ブランは原作ではティターンズじゃないけど)

MD化した量産型ガンダムmk兇切り札という
実にしょっぱい戦力だしなぁ

【ギルトローム】


ムゲ幹部の一人で、精神波により毎ターン味方を何人か操る

操られた味方を倒すと被撃墜扱いになり、
終了後には修理費をキッチリ取られる

操られたバスターにジャスティスが落とされたり、
操られたフリーダムをファイナル断空砲でぶっ壊したりと
いろいろ遊べるステージでもある

が、遊びすぎると後に出てくる悪の親玉軍団にボッコボコにされる

【ファンネルミサイル】


PSの無印αにて、改造コードを使用して
乗り換え制限を解除し、
バルキリーにニュータイプパイロットを乗せて
ホーミングミサイルを撃つと「ファンネル!」と叫ぶ。

気分はΞガンダムだ!

【テム・レイの回路】

出展:スパロボα

性能が大幅に下がる代わりに修理代が10になる。

【メビウス・ゼロ】


サルファではストライクよりも強かった。
ガンバレルが異常に強いのだ。
メビウス・ゼロはガンバレルだけで頑張れる。
( ´w`)ナンチテ

【ドーベンウルフ、ヴァル・ヴァロ、リック・ディアス、ガンブラスター】


α外伝のバザーで手に入るオススメ物件。

あとジェニスとかWMとかいたような気がするが
そんな…弱すぎて使いものにならん

【ユニットの購入】

出典:スーパーロボット大戦α外伝

出典作ではバザー
(特定のステージのインターミッションで開催されている)
においてブルーストーンをやりとりする事で
一部の機体を入手する事が出来た。

斬新すぎたのか、後のシリーズでは再現されていない。
主に乗り換え可能なMSやWMが対象であるが、
性能はいまいちなものが多かった。

イーゲルなど趣味的な機体も手に入る機会があるので、
好きな人にはたまらないシステムだったのかもしれない。

【サルファのイザークとディアッカ】


改造コードで乗り換え制限を解除し、
二人をフリーダムやジャスティスに乗せると
専用グラフィックが見られるのは有名な話。

コンビネーションアサルトを犠牲にしてでも、
そのグラフィック見たさにイザークとディアッカを
フリーダムとジャスティスに乗せ続けた猛者もいた。

【ニルファのスターガオガイガー】


厳密にはステルスガオー兇瞭手だが、
そのフラグが凱の地形適応を全部Sにして
EI-01戦の時に凱のHPを500以下にすることである。

後者は原作でボロボロになるから
まだアリだと思えるが、
宇宙以外の地形適応がかかるとは
思わないんじゃないだろうか。

【サイコドライバー】


何か凄い力を持ってる念動力者。

αシリーズではα主人公、
リュウセイやイルイなどがそう呼ばれる。
その力はアカシックレコードにアクセスできる事だとか。

OGでは今のところ登場していない単語である。

【α外伝のジ・O】


スパロボ捏造でP武器な短射程ビームライフルと
長射程ビームライフルを装備していた。

ソフトバンクの攻略本には
「アムロあたりを乗せればクリティカル率高し!」
と書かれていたがそうした人はいたんだろうか?

【サルファOP】


バッフクラン来襲→宇宙怪獣来襲→ゲート突入→宇宙怪獣大群
とストーリーがある珍しいムービー

パイロット達の声が聞こえてくるかのような
高クオリティで評価が高い

これにゴング重ねたら相当クるだろうなあ

【α外伝のザムジード】


HP回復とガッツという
食い合わせが悪いにも程がある技能の組み合わせ

まさにイジメである

【聖戦士ダンバイン】


αでドレイク勢を強制転移させ、
次回への伏線などをはっていたが以降
αシリーズに及びがかからなかった

ライディーン、マクロスはサルファで復帰
結局初代α出演でリストラされたのは
GR、ダンバインの二つだけ
(サイバスターはオリジナル、
V、0080はガンダムで一括りで考えると)

GRはここでも語られたように色々と
複雑な事情があったからみたいと
リストラの理由が語られるが
ダンバインについてリストラの理由が
語られるのはあまり聞かない

【αのブライトさんによるイスラフェル撃破】


使徒撃破については庵野自身が超電磁スピン等
他のスーパーロボットの必殺技には
ATフィールドは負けるとか言ってるので問題ないが
冷静に考えた場合ゴメスを差し置いて
ブライトがリーンホースJrに乗るという時点で
結構酷い気がしないでもない

さらにブライトはラー・カイラムに乗り換えるわけで
α世界的にはラー・カイラム>>>リーンホースJrである。

【ニルファのシャア】


未来でも人類がまるで成長していないのを見て
絶望しアクシズ落しで地球を寒冷させ
人類を革新させようとした

だが少し待て、あんたの見た未来は
衝撃波で地球が壊滅した未来だぞ

それに絶望したのになんで地球を潰そうとする?
未来を変えたいのならむしろ地球を
大事にしなくてはいけないんじゃ?

【クォヴレー・ゴードン】


第3次αの主人公のひとり。

他の主人公と比べ、精神コマンドに不具合があり、
誕生日を水瓶座のA型に設定すると
気合を二つも覚えちゃったり、
水瓶座のO型に設定すると、
ひらめきの消費SPが45になってしまう男。
変な因子でも組み込まれているのかもしれない。

てか、何故に水瓶座だけ……。

【ガンエデン】


αシリーズではエアロゲイターやゼントラーディや
地底帝国諸々や重力波が来た時に目覚めなかった事で
お馴染みの自称地球の守護者

ガンエデンが存在するだろうOGでも、
その地球の守護スルーっぷりは健在である
次のスパロボOGシリーズに出るとして、
イルイと絡むのは誰だ?

【今遙か遠い彼方・・・】

第3次スーパーロボット大戦αにて
総ターン数420ターン以下熟練度57以上で行ける最終話

宇宙怪獣を殲滅したαナンバーズは
1万2千年後の地球に辿り着く

ちなみにこの地球はα外伝の彼らが居るとか居ないとか

【イルイ=ガンエデン】


衣類なはずが全裸なニルファのラスボス
でも当然ながら肝心な部分は髪などで見れません
体が少女のままだったら髪短いので見れただろうが
最近流行の児童ポルノに即引っかかるので駄目です

【イージス計画】


αの時点では、たとえ100%成功して地球は無事でも、
衝撃波で月面都市や各コロニーは
メチヤクチャの壊滅的打撃を受ける、
まぁ人類が絶滅しないだけマシでしょ?
というニュアンスだった。

ニルファやサルファでは木星帝国やプラントが
「なんとかしました」ということなので、
その悪影響の凄さがよく分からんようになった。

まぁ木星はカガチ&シロッコ時代に
バルマーと手を組んでいたから異星人の
テクノロジーで何とかしてたか?

【ニルファの暗黒大将軍】


フィフス・ルナ墜落後に再結集した
αナンバーズの前に立ち塞がりその回で死亡する。

α外伝の未来と全く同じ最後のDVE
というのは微妙な感もあるが、
こちらは闇の帝王や7大将軍が登場するため
彼らにDVEでその死を悼んでもらえる。

【疑問を投げ掛けるだけでは、相手を理解する事は出来んよ。君は君の出来る事をしたまえ。】


第三次αにおけるキラvsゲンドウでのゲンドウ側の台詞。

その通りかもしれないが、
相手の問い掛けをはぐらかしてばかりいる
ゲンドウが言っても逃げ口上に聞こえてしまったり……。

【初代αの妖魔帝国の手勢】


ドローメと化石獣バストドン、
そしてガンテに巨大シャーキンのみである。

どれもこれも巨大シャーキン以外は
全然手強くない上にそのシャーキンとの決闘は
何故かラミエル戦の端で行われる事に。

ついでニルファの舞台裏で
巨烈兄弟やバラオは蹴散らされましたとさ。

…これはアンマリジャマイカと思っていたのも私だ。

【αシリーズのライディーン】


NT並みの「ぴきーん」の連発で
宇宙怪獣の接近を伝える役目だった。

ちなみに、宇宙怪獣出現マップに
ライディーンを出撃させると
気力が130からスタートするのは割と有名。

【サルファのトップをねらえ!事件】


MXのダイモスとナデシコみたいにこれも荒れた
ガンバスターがユングのシズラーにさようならをして
一人で行くのだがその後ゲッターチーム、
ライディーン、ガオガイガーの3体が
着いて来てしまった事が原因

クロスオーバーの一つなのだが
トップのねらえ!の原作ファンは納得行かなかった様で

【マッハドリルver.α掘


第3次αにてまさかのトドメ演出が追加され、
全国のスパロバーを仰天させた鋼鉄ジーグの必殺武器。
しかし、あのきのこ雲は何か爆発させては
いけない物を爆発させたような気がしてならない…。

【αのBF団が手に入れた設計図】


「量産型ゲッタードラゴン」
「量産型グレートマジンガー」

流石にグランゾンのデータは
BF団神速のハッキングでも手に入らなかったようだ
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ