スパロボ図鑑〜今は亡き友、大浦繁に捧げる。

2ちゃんねるロボットゲー板のスパロボ図鑑をまとめたものです。誤字脱字や句読点などは全て原文のままです

機動戦士Zガンダム

【スーパーガンダム】


スパロボでは二人乗りのことが多かった。
(ぶっちゃけそのほうが便利)

ZZでダブルビームライフルに乗ったまま
合体するとかいうエピソードなどを見ていると、
Gディフェンサーの人は別に
分離しなくてもいいような気がする…

「Mk-IIディフェンサー」という
かっこよさげな名称があるのだがあまりそうは呼ばれない

776248

【アムロ・レイ】

出典:機動戦士Ζガンダム

スーパーロボット大戦αでは、
カツに言われるまでもなく地下にガンダムを隠していた

もしこんな展開が本放送で実現していたら、
当時の視聴者は新旧主役機の揃い踏みに沸いたであろうが、
カミーユは主役を食われていたことだろう

【ガンダムMk-僑姐羌 



ガンダムMk-兇寮莵垰邵邨拭
外見も設計も後期型より初代ガンダムに近く
頭部バルカンも固定武装である。

性能は高いがコストが馬鹿にならず、
急造も祟って操作性も悪かったので
実際に使用される事は無かった。

【アストナージ・メドッソ】

出典:機動戦士ガンダムシリーズ

メカニックマンのシンボル的存在であり、
機動戦士Ζガンダムで初登場してからは
ガンダムΖΖ、逆襲のシャアで
もブライトが指揮する艦でMSの整備に従事しており
アムロやカミーユ、ジュドーら、ニュータイプ御三家と呼ばれる
パイロットたちを裏方から支援してきた人物

機動戦士ガンダムから逆襲のシャアまで
すべての作品に登場したという理由で
ブライトを影の主役と見るファンもいるが
ならばΖガンダムから逆襲のシャアまで
皆勤賞であるアストナージは、
影の準主役と言えるのではないだろうか
・・・言えませんかそうですか

スーパーロボット大戦F完結編では、彼の加入で機体の改造が
5段階から10段階に増えるイベントがあり、
伝説のメカニックたるゆえんはおそらくこれだと思われる

赤木リツコ博士でも不可能だったエヴァの10段階改造も
アストナージにとっては なんてことないのだ

【バイアラン】


手の平(らへん)ビームに袖サーベルと
武装がキュベレイとモロかぶりな機体

肩幅広い所とモノアイな所も被ってる
………そして実は足も似てる
要するにファンネル無しのキュベレイである

ちなみにデザイナーは藤田一己、
キュベレイのデザイナーは言うまでも無く永野

【ハマーン専用ガザC】


ハマーン用にガザCをキュベレイと
同系統のカラーに塗った機体。
ノーマルの機体と比べて特に優れているという設定はない。

・・がスパロボにおいてはきっとHPが
他のガザCの数倍あったり、 運動性が高くなってたり、
攻撃力が割増されてたりするだろう。

【ウォン・リー】

大企業の幹部で、
独裁集団と戦う抵抗集団の幹部で、
空手使いの若者と戦ってボコにする腕っぷしの強さもあり、
プチモビに乗って自ら身体をはって戦闘にも参加する。
その一方で子供にジュースおごってあげたりする。

こうかくと完璧超人だな。

【クレイバズーカ】


ビーム兵器が普及した第二世代以降の
MSの中で数少ない実弾主力武装。
リック・ディアスやディジェが装備する。口径は300mm。

クレイは粘土を意味するが、
これは四角い弾倉と初期のリック・ディアス乗りが
このバズーカの弾頭として
HESHを多用したことからのネーミングらしい。

これ以降、MSの主要火器としての実体弾火器は事実上消滅し、
シュツルムファウストやグレネードランチャーなどの
サブ武器で生き残っていくことになる。

【ニュータイプ研究所】


むしろ「強化人間開発センター」とでも言ったほうがいい施設

地球ではオーガスタ、オークランド、ムラサメ、
あとモノアイガンダム関連の場所が知られている

MSの開発もいくつか行っており、
「NRX」系列
(アッシマー、バウント・ドックなど)はオーガスタ、
「ORX」系列
(ギャプランなど)はオークランド、
「MRX」系列
(サイコ・ガンダムなど)はムラサメで開発されている

まぁ型番は諸説あるから微妙だが
作中に登場すり強化人間はオーガスタが二人、
ムラサメが一人……何か少ないね

ちなみに連邦初のNT専用機であるアレックスはオーガスタ製
ジム・クゥエルの開発にも一枚かんでいるとかいないとか

【ブラン・ブラダーク】


「アッシマーがッッ!!」の人。
連邦軍所属の実質アッシマー乗り。
というかそれ以外のMSに乗った記憶が無い

1年戦争でのエースであった(過去形)シャアをも翻弄し、
地上での実践にまだ慣れないカミーユを蹂躙した

ティターンズの思想にはそれほど染まっておらず、
正々堂々とエゥーゴとかち合った剛の人である

またこの人が暴れなければ、アムロ復活もなかった

【銀色ドレス】


森口博子のデビュー曲のカップリング。

富野作詞によるフォウとカミーユのテーマであり、
実際「灼熱の脱出」に挿入歌として使われた。
そろそろゲーム等で拾って欲しいところ

【カミーユ・ビダン】


男なのに女の名前をつけられたことによる
コンプレックスがあった上、 家庭内は著しい不和で実質崩壊。
そのためかものすごい精神的不安定で、
自分を詰問した連邦軍将校に対して
MSに乗り込み60mm機関砲(!)で威嚇射撃して
仕返しするというとんでもない暴挙に出る。

後半はおとなしくなったが、
前半ではトーレスらアーガマクルーとの喧嘩もよくあり、
おかげでサルファでキラの「やめてよね(ry」
イベントに真っ先に食って掛かったときは
「お前が言うなよ」というユーザーからの
ツッコミが殺到することに。

ちなみにアムロと並んで
ファとフォウで二股をかけているのだが、
アムロと異なりそれを修羅場のネタにされたことはない。
この差はいったいどこからくるのだろうか。

【ガンダムヘイズル】

出展:アドバンスオブZ

ジムクゥエルを改造してガンダムにした機体。
性能的にはクゥエルのアップグレード版で
パーツの流用も効くから整備性も良好だぜ!
程度だったのだが、段々と改造の方向性が
魔改造と化していき、もっとおぞましい何かに変化した。
後期はどう考えてもZより強いだろ!

【サイコシップ】

出典:ガンダムEVOLVE

ピラミッドの下に、同じものをひっくり返して
くっつけたような形の機体
ティターンズの秘密兵器であり、
巨大なモビルスーツ形態への変形も可能
有線で遠隔制御される、小型の戦闘端末も搭載する
戦闘能力は高く、艦隊を瞬時に壊滅させた

衛星軌道上で、アムロ率いるゼータ部隊と激戦を繰り広げた

【パプテマス・シロッコ】


αでは、自分を含む人々がユーゼスの掌の上で
実験台にされていることを気づいていた
数少ない人物。流石。

第○次シリーズではDCの幹部だったが
ビアンを倒して自分がDCのトップに立とうとしたり
F完結編ではラスボスだったりした。

最近ではさっぱり顔をお見かけしない。

【アストナージ・メドッソ】


初登場はZから。
しかし別にメカニックとして
技量が優れているとかそういう描写は無く、
実質的には名前付きのモブに近い。

むしろZZにフルアーマーパーツを装着させて
ジュドーを激怒させていたことも。
現在の「メカの天才」的イメージは
「ザクマニアのバーニィ」と似たようなものであろう。

設定・描写的にはロウやウリバタケのほうが
明確に優れたメカニックとして描かれている。
特にウリバタケはディストーションフィールドを
無効化する装置を劇中世界の誰よりも早く
「個人的な趣味の一環として」造っている。

【量産型Zガンダム】


名前の通りZの量産型。
コストパフォーマンスを重視し変形機構の排除、
ネモ系のヘッドを採用した。

だがコストダウンを重視しすぎたため
性能がかなり犠牲になってしまい
結局量産されなかった本末転倒なMSである

【リック・ディアスとディジェ】


コクピットは頭部にあり、左側面から乗り込む。
胴体を攻撃されても脱出しやすい利点があるはずだが、
ロベルトやアポリーは残念ながら間に合わず死亡した。

そしてパイロットの頭上にはバルカンが内蔵されており、
結構スリリングな構造である。

【メタス】


スパロボではなぜか修理ユニットとして
毎回大活躍したが、 映画ZG2では補給で活躍していた、
あれだけはっきりとした補給を見せられたら
次のスパロボでは補給ユニットなっているかも。

【ミネバ・ザビ】

ドズル・ザビの娘。

Zでのアクシズ軍との謁見の際、
ハマーンが「ジオンの王女」と紹介していたが、
ジオンはもともと王国ではなく
公国なので王女はいないはずである。
いつからジオンは王国になったのだろうか。

【プロトゼータ】


頭部がネモ、ディアス、百式の三種類ある
エウーゴがガンダムマーク兇鮹ゼ茲垢
以前に造られていたもので、
当然ながらムーバブルフレームではなく、
ブロックビルドアップシステムに
よる整備性の向上を目的に設計されていた

これにカミーユ発案のZプランが加わり、
百式、メタス、そしてZがロールアウトすることとなる

時系列が変だと?
気にするな!所詮後付けだ!

【藤田版Zガンダム】

角川小説版Zガンダムの挿絵として
藤田一巳によって描かれたZガンダム。

全体的にティターンズ系の
ラインに近づけられており、
スネから下とシールドは大きく変更されている。
岡山県久米町の7mZガンダムのモデル。
詳しくない人は普通に
ただのZと思ってるに違いないが…
むしろガンダムなんてみんな同じに見えるのか…

ちなみに7mZガンダム、
製作者はろくにガンダムも知らず
藤田版のZに惚れて造ったらしい。
ブルーティッシュもどきのスコープドッグといい、
デカいもの造る人はこういう人が多いな…

【ビームコンフューズ】


出典:劇場版機動戦士Zガンダム掘樟韻慮歹阿楼

ビームサーベルを形成する為に存在する
Iフィールドへ向けて
ビームを撃ち込み干渉させ、
ビームを拡散させる荒業。

劇中終盤、グリプス2内で起きた戦闘で
カミーユが何の突拍子もなく繰り出し、
この技でキュベレイのファンネルを
数基落とす事に成功している。

【ハンブラビ】


Z作中一番の色物MS
普段もだがMA形態になると
さらにダサくなり笑いすら誘う

ちなみにこいつは
最近のスパロボだと雑魚だが
F完では出てくるたびにうんざりさせられた
Fのときは弱いのにF完では
オージェも真っ青な性能になっていた
25段階ぐらい改造したと思われる

【パプテマス・シロッコ】


Zは毎回のように出てるのに
α以降全く出てこなくなった人物

サルファではシャピロが生きていたので
こいつも出てくるに違いないと思ったが
見事に期待を裏切られた

次のスパロボには出てほしいが人気が無いのかな・・・

【ハマーン・カーン】


スパロボだと激しく性格を
変えられてるネオジオン摂政
F完では仲間になるとクワトロに
信じられないセリフを吐く
お前誰よと突っ込みたくなる

ちなみに原作で髪を下ろした
ハマーンが出たがジュドーと会話するまで
ハマーンだと思わなかった。別人過ぎる

【ハイパー・ビームサーベル】


ニルファでZに追加された武器。
WR突撃をマイルドにした感じの性能と
3〜5という独特の射程を持つ。
威力面で突撃に劣るためそれほど注目してもらえない。

サルファでは射程1〜2、消費EN10で威力も
ハイパー・メガランチャー以下と
随分大人しい性能になったが、
ハイパー・メガランチャーALL版に
皆の目が行ってこれまた注目してもらえない。
これでもNTレベル3必要なんだぞ!

【ハイパーバズーカ】


ガンダム世界における実弾式MS携行ランチャー。
(本当は「バズーカ」ってのは
商標登録なのだがバルカン同様気にしてはいけない。)
地上でも宇宙でも水中でも
変わらず使える全天候型不可思議武装。

【なんだ…男か】


間接的にティターンズ破滅の原因
となった一言だと思う。

もっと遡るなら、
フランクリン・ビダンが
息子にカミーユと名づけた瞬間に
宇宙の運命が決まったとも言える。
すごいよフランクリン

【ディジェSE−R】

出展:ZMSV

ディジェの後継機として作られた機体。
どこの図鑑を見ても新機軸の装備や
革新的な技術が盛り込まれている
としか書かれていない。

それ以外は一切謎。
出展が漫画か小説なのかさえも謎。
立体化ももちろんされていない。
SDすらも。
とかくMSVには謎の機体が多い。
パイロットも名前だけで
説明書にしか登場していないとか。
Gジェネはもっとそういう
部分をしっかりと補完して欲しい。
Recent Comments
Recent TrackBacks








QRコード
QRコード








  • ライブドアブログ